1. トップ
  2. グルメ
  3. 「餃子フェス TOKYO 2018」東京中野で開催 - 定番からおしゃれバル系、肉汁ハンパない系まで

「餃子フェス TOKYO 2018」東京中野で開催 - 定番からおしゃれバル系、肉汁ハンパない系まで

  • 2018.10.24
  • 1212 views

「餃子フェス TOKYO 2018」東京中野で開催 - 定番からおしゃれバル系、肉汁ハンパない系まで

「餃子フェス TOKYO 2018」が、2018年10月31日(水)~11月4日(日)まで、東京・中野四季の森公園にて開催される。

undefined
www.fashion-press.net

これまで各地で“餃子ファン”の心を掴んできた「餃子フェス」が、第1回の開催地に帰ってくる。中野四季の森公園で開催される今回は、定番人気の「ご当地餃子」から、皮や餡などにこだわる「職人系餃子」、肉汁を閉じ込めた「肉汁ハンパない系餃子」、そして餃子ブームの火付け役「おしゃれバル系餃子」まで、幅広いバリエーションで展開する。

女子の心をがっちり掴む「おしゃれバル系餃子」

「おしゃれバル系餃子」として登場する店舗には、中野から初出店となる「餃子バル ぴこれ」がラインナップ。人気No.1 のインスタ映え餃子「桜エビとホタテの濃厚ホワイト泡餃子」を提供する。また根強いファンが多い「餃子×バル ちびすけバル」は、コラーゲンをたっぷりと餡に詰め込んだ「コラーゲン入り肉汁ねぎ塩焼き餃子」をもって参戦する。

飛び散り注意!人気の「肉汁ハンパない系餃子」

「肉汁ハンパない系餃子」を販売する店舗には、「餃子フェス」でもこれまで高い実績を上げてきた3店舗の名が挙がった。「肉玉そば おとど×浅草開化楼」の「東京名物 肉汁おとど餃子」、「羽根つき焼小籠包 鼎's(Din's)の旨味たっぷり「羽根つき焼き小籠包」、そして「近江牛餃子 包王」の「肉大盛 近江牛餃子」。これでもかというほど肉汁をたっぷり閉じ込めた餃子は“病みつき注意”“飛び散り注意”な絶品だ。

「ご当地餃子」&「職人系餃子」も見逃せない

ご当地餃子の定番である宇都宮餃子の代表として「宇都宮餃子館」が出店。今回は特別に、こだわりの国産野菜と那須高原産のロイヤルポークを包み込んだ健太餃子をパワーアップさせ、濃厚な肉汁を増量した「肉汁健太餃子」として販売する。また、関西を代表する職人系「餃子専門店 福吉」からは、濃厚チーズにアクセントとして黒胡椒をかけ、さらに両面焼きをするという、新感覚餃子「肉フロマージュ餃子」が登場する。

秋ならではのドリンク&スイーツもピックアップ

餃子とともに楽しめるビールも豊富なラインナップを揃えた。なかでも、「ラ・フランスハニー」は、「hokkaido brewing」の北海道余市産の洋梨とはちみつなどをふんだんに使用した餃子フェス会場限定ビールだ。さらに、サングリア専門ブースが初めて展開される。

なお、お口直しのスイーツには「芋屋 種子島」の「バター焼き安納芋&ミルクアイス」や「アイスブリュレクレープ」の「生キャラメルソフト ブリュレクレープ」など、秋を想わせるメニューが並ぶ。

【開催概要】
餃子フェス TOKYO 2018
日時:2018年10月31日(水)~11月4日(日) 11:00~20:00(10/31は12:00~/土日は10:00~)
場所:中野四季の森公園
住所:東京都中野区中野4-13
料金:入場料無料(食券・電子マネー利用可能)※食券600円/枚
前売券:ローチケ(L コード:35552)、ヤフーパスマーケット(10/10より発売)

オリジナルサイトで読む