全シーン”PC画面”の本格サスペンス。 27歳の天才監督が鮮烈デビュー!<連載/ウワサの映画 Vol.56>

「全編PC画面上で展開!」という触れ込みで、全米大ヒットを記録した「search/サーチ」。「スター・トレック」のスールー役でおなじみ、ジョン・チョーが堂々の主演を張るハリウッド映画です。「目が疲れそう…」なんて心配も毎日PC漬けだけあって問題なし。もはやスクリーンが巨大なモニターに見えてきて、主人公目線でPCやスマホを操作してるような没入感! 設定の斬新さに終わらない、感動込みの本格サスペンスでしたよー。

夜中にマーゴットからかかってきた3件の電話に気付かず、翌朝を迎えたパパ。娘からの連絡が途絶えたうえに、”優秀でマジメな娘”像が崩れていくという二重の苦痛が彼を襲います

FaceTimeやtumblr、GoogleMapなど見慣れた画面が次々に繰り出されます。タイプ音やクリック音、Macの起動音なども効果的なエフェクトに!
KADOKAWA

主人公は、忽然と姿を消してしまった16歳のマーゴット(ミシェル・ラー)の父親・デビッド(ジョン・チョー)。警察に通報するも、家出なのか、誘拐なのか、有力情報をつかめぬまま37時間が経過します。娘の無事を信じ、彼女のPCにログインしてインスタグラム、フェイスブック、ツイッターなどにアクセスを試みるデビッド。しかしSNSの中には、いつも明るく活発だったはずのマーゴットとはまるで別人の、自分の知らない娘の姿が…。クラスに馴染めずランチは一人ぼっち、ピアノ教室は半年前に勝手に退会しレッスン代の2500ドルを何者かに送金、IDを偽装…。捜査が行き詰まり、ヴィック刑事(デブラ・メッシング)が新たな情報を集める中、マーゴットが消えて4日目に事態は急展開を迎えますが…。

夜中にマーゴットからかかってきた3件の電話に気付かず、翌朝を迎えたパパ。娘からの連絡が途絶えたうえに、”優秀でマジメな娘”像が崩れていくという二重の苦痛が彼を襲います
KADOKAWA

スマホやPCの内蔵カメラなどによる固定撮影が中心ですが、ズームなども駆使されていてまったく退屈しません! 一番印象的だったのが、広げたウィンドウやカーソルの動き、デリートしたり書き直したりといった操作や機能が、使い手の細かな心情の揺れを視覚的に露呈していたところ。”消去できる”っていう保険がさらけ出させる本音にドキッとしちゃう。検索や履歴を辿る行為も異様に胸を騒がせるし、ネットにまつわるアレコレが強力なサスペンス・アイテムになってる!

”PC画面縛り”を逆手に取ったアクションのシークエンスも巧い。「ちょっと無理がある…?」なシーンもありましたが、王道サスペンスの見せ方にもまだまた可能性がありそう
KADOKAWA

娘のPCを隅々まで調べ上げて裏の顔に迫っていく父親の背徳感と、意味なさそうな会話や写真に潜む細かい伏線を回収しながらの謎解き…。そんなスリルの多重構造も秀逸で、買い物や銀行口座管理までオンラインな現代社会を蝕む”情報のカオス”が不安をあおってくる...。ネット特有のミスリードに何度も予想をかかれる展開が、もう病みつきっ!

失踪したマーゴット(写真)が報道により時の人になった途端、急に親友ぶるヤツらの存在もある意味スリル(怖)。膨大なばかりで薄っぺらな”友達リスト”はSNSの象徴ですね…
KADOKAWA

この完成度の高さ(低予算なのにね)で注目を集めたのが、インド系アメリカ人である27歳の新鋭アニーシュ・チャガンティ監督。デビュー作となる本作でサンダンス映画祭観客賞を受賞しています。Google Glassだけで撮影した短編映画「Seeds」もおもしろいんですよねー。同じくインド系のM・ナイト・シャマランに続く”天才”の登場です!

同じコンセプトの映画には「アンフレンデッド」や「ブラックハッカー」もありましたね。が、本作はデバイスやインターネットの特性をより活かしていて、上を行ってます!
KADOKAWA

一人芝居がメインのジョン・チョーもいい仕事してます。アメリカ社会におけるアジア人の孤立感なども含め、パニくりと焦燥のしかめっ面演技で飽きさせません。母親を亡くした年頃の娘の孤独を察しきれず、失踪を通じてそれを知るパパ。彼の深い愛が駆り立てる執念の大捜索に釘付けです。冒頭の、娘の成長を追うテキストメッセージや動画、奥さんが亡くなるまでのチャットなどをモンタージュ映像に仕立てたシーンも感動的! ”親の愛”は衝撃のラストまで重要なキーになってます。

しかし、パパのIT力が高すぎて脱帽(笑)。私のパパだったら…、きっとパスワードを予測する段階で投げ出して、私の命運も尽きることでしょう(泣)
KADOKAWA

うぅ、急いでPCのデータ処理をしなくては。自分の行動を簡単に辿られてしまうなんて空恐ろしい、というより恥ずかしい! でもでも、本作ではそのデータたちが重要な役割を果たしているというジレンマ…。「スマホを落としただけなのに」(11月2日公開)と併せて、ネット社会の深~い闇に大いにゾッとしてください!【東海ウォーカー】

【映画ライター/おおまえ】年間200本以上の映画を鑑賞。ジャンル問わず鑑賞するが、駄作にはクソっ!っとポップコーンを投げつける、という辛口な部分も。そんなライターが、良いも悪いも、最新映画をレビューします! 最近のお気に入りは「ヴェノム」(11月2日公開)のトム・ハーディ!(東海ウォーカー・おおまえ)

提供元: ウォーカープラスの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
片思いのカレと急接近!男性を映画に誘うべき理由
片思いの男性との距離を縮めるために、デートに誘ってふたりで過ごす時間を作りたいものですよね。 そんなときにおすすめなのが映画デート。 片思いの男性を映画に誘うことには、いろんなメリットがあるんですよ! 今回は、片思いの男 […]
愛カツ
土屋太鳳&北村匠海の音楽ユニット、TAOTAKが歌う「Anniversary」が映画の主題歌に!
土屋太鳳と北村匠海の音楽ユニット・TAOTAKが、11月16日(金)に配信限定で「Anniversary」をリリースする...
ザテレビジョン
映画「ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~」主演! 久間田琳加さんにインタビュー
■ よく行く原宿での撮影はリラックスして臨めた 久間田琳加さんの初主演作品となる映画「ヌヌ子の聖★戦」が11/16㊎に公...
ウォーカープラス
中川大志が異国探訪!? 謎のスラムの正体とは?【中川大志連載】
中川大志が週刊ザテレビジョン11/23号の連載「Be Ambitous!」で、“電脳九龍城”ことウェアハウス川崎店に潜入...
ザテレビジョン
【連載】狭くて使いにくい場所の救世主!DIY初心者さんにもオススメのラブリコ活用法!
おうちの悩みは人それぞれだと思いますが、「部屋をもっと有効活用したいけれど、どうすればいいのか分からない。」とよく相談されます。 「賃貸だから難しい。」「DIYなんてやったことがない。」「隙間収納したいけれど、ピッタリのモノがない。」 そんな方にとてもオススメなDIYパーツがあります!
folk
【連載】おしゃれに収納!北欧ブランド×《セリア・イケアetc.》食器で作るモノトーン食器棚
毎日使う食器たち。そして食器を収納する食器棚。使いやすく収納するだけでなく、お気に入りの食器をすてきに飾りたいですよね。今回は、我が家の食器と食器棚収納をご紹介いたします♪
folk
「映画のまち調布」で無料の野外映画イベント開催!
昭和30年代には「東洋のハリウッド」と呼ばれ、日本映画全盛期を支えた街、調布市。現在も撮影所をはじめ、多数の映画・映像関連企業が集積されている。そんな「映画のまち調布」の多摩川河川敷に巨大スクリーンが登場!11月18日(日)に無料野外映画イベント「CHOFU RIVER SIDE CINEMA」が開催される。 劇場の舞台は、京王多摩川駅から徒歩5分程度の多摩川児童公園自由広場。芝生が広がり、電車や多摩川が一望できる調布らしい景色のなかに幅約10mものスクリーンが設置される。 上映されるのは、世界中で愛されるピーターラビットを実写化した2018年のヒット作「ピーターラビット」(日本語吹き替え)。開放的なスペースで自由に鑑賞を楽しめる。 イベントは13時より開催。飲食の販売やDJによるパフォーマンスがおこなわれる予定だ。上映は17時開始。席はないため、自由に好きな場所で好きなスタイルで楽しめる。ただし夜は冷え込むため、暖かい格好での参加がオススメ。敷物やキャンプチェアを持参すると快適だ。 開放感あふれる多摩川の河川敷での大迫力の映画上映を体験してみて!
ストレートプレス
いるだけで幸せになる家づくりとインテリア 「おうち時間」を幸せにする工夫(2)【連載】
「次女を出産後、仕事をやめて家にいた時仕事で得ていた達成感や、やりがいがなくなりひとりで家事をしている時間がたまらなく苦...
レタスクラブニュース
もし地球の自転が 突然止まったらどうなる ? 眠れないほど面白い地球の雑学(31)【連載】
地球はどうやって生まれたのか。気になりませんか? 人間の身体の知られざる秘密など、思わずだれかに話したくなる理系のウンチ...
レタスクラブニュース
映画『暁に祈れ』“この世の地獄”と呼ばれた刑務所、ムエタイとの出会いが男の人生を変える
映画『暁に祈れ』が、2018年12月8日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほかで順次全国公開される。 © 2017 - Meridian Entertainment - Senorita Films SAS ビリー・ムーアの自伝ベストセラー小説を完全映画化 イギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝ベストセラー小説を完全映画化。映画『暁に祈れ』では、ジェレミー・ソルニエ監督作『グリーンルーム』、ラブストーリー『きみへの距離、1万キロ』で注目を集め、ポスト“トム・ハーディ”の呼び声高い新星ジョー・コールを主演に迎えた。世界的なベストセラーをベースにした真実の物語に、ジョー・コールが命を吹き込む。 “地獄”と呼ばれた刑務所、ムエタイとの出会いが男の人生を変える ジョー・コール演じるビリー・ムーアは、タイで自堕落な生活を過ごすうちに麻薬中毒者になってしまい、ある日、タイの刑務所に服役することになってしまう。ビリーが送り込まれたのは、タイで最も悪名高い刑務所。殺人、レイプ、汚職が蔓延する、まさに“この世の地獄のような場所”だった…。死と隣り合わせの日々を過ごしていく中、刑務所内に設立されたムエタイ・クラブとの出会いが彼を変えていく。ジョー・コールは、映画『暁に祈れ』に携わるにあたり、何か月も肉体改造に励んだ。ボクサー役を演じるため、鋼の肉体を手に入れ、過酷な30日間の撮影に挑んだという。 タイの元囚人たちによる迫真の演技 『オンリー・ゴッド』で刑務所長を演じたヴィタヤ・パンスリンガムや、タイの伝説的なボクサーソムラック・カムシンなどが重要な役どころで出演するものの、映画『暁に祈れ』に登場する役者の大半は、現地タイ人の元囚人たち。彼らの体験に基づいた迫真の演技が、あたかもその場にいるような臨場感を観客に与える。監督は、『ジョニー・マッド・ドッグ』のジャン=ステファーヌ・ソヴェール。地獄に落されたアウトローが、ムエタイを通じて光を見出していくパワフルな人間ドラマを描き出す。 カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部門で話題に 過去に、『新感染 ファイナル・エクスプレス』『チェイサー』など、エッジーな作品を世に送り出してきたカンヌ国際映画祭の2017年ミッドナイト・スクリーニング部門で話題となった、映画『暁に祈れ』。批評家サイト「ロッテン・トマト」で96%という高評価を獲得するなど、日本公開前に早くも話題を集めている。 ストーリー ボクサーのビリー・ムーアは、タイで自堕落な生活を過ごすうちに麻薬中毒者になってしまう。ある日、警察から家宅捜索を受けたビリーは逮捕され、タイで最も悪名高い刑務所に収容される。そこは殺人、レイプ、汚職が横行する、この世の地獄のような場所だった!死と隣り合わせの日々を過ごすビリーだったが、所内に設立されたムエタイ・クラブとの出会いが彼を変えていく。世界的なベストセラーをベースにした真実の物語。 【詳細】 映画『暁に祈れ』公開日:2018年12月8日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほかで順次全国公開監督・脚本:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール原作:ビリー・ムーア「A Prayer Before Dawn: My Nightmare in Thailand's Prisons出演:ジョー・コール、ポンチャノック・マブラン、ヴィタヤ・パンスリンガム原題:A Prayer Before Dawn
ファッションプレス
連載第8回 1996年「愛しあってるかい!名セリフ&名場面で振り返る平成ドラマ30年史」
■ 1996年・せんぱーい、見守ってください!1996年、ついにYahoo! JAPANがサービス開始! ここからネット...
ウォーカープラス
【連載】即買い!「ダイソー・セリア・キャンドゥ」で買うべきアイテム
こんにちは。火曜日のプチプラグッズ担当のつくもはるです♪今回は、人気100円ショップ「ダイソー」「セリア」「キャンドゥ」で見つけたコスパ・デザイン共にハイレベルなおすすめのグッズをご紹介させていただきます。
folk
主婦が幸せを感じられない3大理由 「おうち時間」を幸せにする工夫(1)【連載】
「次女を出産後、仕事をやめて家にいた時仕事で得ていた達成感や、やりがいがなくなりひとりで家事をしている時間がたまらなく苦...
レタスクラブニュース
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理