1. トップ
  2. 小栗旬&ブルゾンちえみが「妖怪ウォッチ」声優に挑戦!最強の敵妖怪に

小栗旬&ブルゾンちえみが「妖怪ウォッチ」声優に挑戦!最強の敵妖怪に

  • 2018.10.19
  • 176 views
小栗旬&ブルゾンちえみが「妖怪ウォッチ」声優に
[c]LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2018

ゲーム、アニメ、漫画、玩具…とクロスメディア展開で国民的人気作品となった「妖怪ウォッチ」。14年からは映画も毎年公開され、累計動員1683万人、興行収入186億円突破の大ヒットを記録してきた本シリーズから、5周年の記念作品となる最新作『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』(12月14日公開)のゲスト声優2名が明かされた。

【写真を見る】小栗「カッコいいキャラと思われるよう意識」最強の敵・紫炎を熱演

本作の舞台は、懐かしさ漂う60年代。新たな主人公・下町シンと、高城イツキ、有星タエの3人は、家族の魂を救うために妖怪たちと未知なる世界を冒険することに。3人の少年少女と妖怪が織りなす物語は、“シリーズ史上、最も泣ける衝撃の妖怪ウォッチ”と呼ぶにふさわしい、大人の心までも震わせる感動作に仕上がった。

ゲスト声優の1人目は、ドラマ「花より男子」や映画『銀魂』シリーズなど、大人気作品に出演し続け、シリアスな役からコミカルな役まで演じ分ける俳優・小栗旬。妖怪の世界の王である“閻魔大王”の座をねらい、最強の力を手にして主人公たちの前に立ちはだかる敵妖怪・紫炎(しえん) を演じる。物語の最重要人物である最強の妖怪を演じる小栗は「子どもたちにカッコいいと思われるキャラクターを意識して演じました」と収録時を振り返った。

そして2人目は、昨年最もブレイクした芸人であり、決め台詞の「35億」が流行語大賞トップ10を受賞、現在では女優としても活躍するブルゾンちえみ。人の魂を奪い取る恐ろしい妖怪・玉藻前(たまものまえ)という、史書やお伽草子にも登場する伝説上の妖怪に、幅広い世代に人気のブルゾンが息を吹き込む。アニメ声優に昔から憧れを持ち、本作で初挑戦となったブルゾンは「思った以上に妖怪っぽい声が出せて、私こんな声出せるんだと自分でもビックリしました。新たなブルゾンちえみをお見せ出来ていれば嬉しく思います」とコメントを寄せた。

製作総指揮と原案・脚本を務める日野社長は2人のゲスト声優について、「小栗旬さんは声の演技にも凄くこだわってらっしゃるのでお願いをしましたが、小栗さんのカッコよさと熱いところの2面性のようなものが乗り、非常に魅力的でエネルギーのあるキャラクターになりました。ブルゾンちえみさんには、どこか怖いのだけれども、どこかひょうきんだったりする『妖怪ウォッチ』ならではのキャラクターのため、怖い部分と笑いの部分、両方をしっかり含めていただきました」と語った。豪華ゲスト声優の共演がかなった記念すべき映画第5弾。スケールや感動がよりパワーアップした「妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」に、期待がかかる。

<ゲスト声優コメント>

●小栗旬

「出演させていただけて本当に嬉しいです。『妖怪ウォッチ』にはみんながハマっていて、凄く盛り上がっている印象があります。甥っ子と姪っ子も大好きなので、映画に出ることを話したら大喜びしていました。演じさせていただく紫炎は、閻魔大王の座を狙っている、すごくカッコいい敵妖怪です。日野社長と監督と『子どもたちにカッコいいと思われるキャラクターを一緒に作っていきましょう』と話し合い、意識して演じました。キャラクターの中では個人的にはウィスパーも面白いので演じてみたいです。今年の映画はスケールが大きいですし、未知の世界の話ですし、ホロっと来るような話にもなっています。子どもだけじゃなくて大人も楽しんでもらいたいと思います。とてもワクワクする感動巨編になっていると思いますので、みなさん是非劇場でご覧ください」

●ブルゾンちえみ

「アニメの声優をやらせていただくのは今回が初めてでしたが、昔からの憧れでもあり、すごく嬉しかったです!猫好ということもあり、ジバニャンが可愛くて大好きです。今回登場する猫又もすごく可愛くて、心をつかまれました。演じるのはジバニャンとは真逆の怖い妖怪、玉藻前。思った以上に妖怪っぽい声が出せて、『あれ?私こんな声出せるんだ!』と自分でもビックリしました。新たなブルゾンちえみをお見せ出来ていれば嬉しく思います。映画の中で、イケメン妖怪を2人見つけました。紫炎とぬらりひょんです。ブリリアンの代わりに引き連れたら、いいネタができると思いました…!今年の『映画 妖怪ウォッチ』も子どもから大人まで楽しめ、そして感動できる映画です!え?映画を何回観るべきかって? ……35回!!」(Movie Walker・文/編集部)

オリジナルサイトで読む