1. トップ
  2. メイク
  3. 【冬タイプ】パーソナルカラー別魅力を引き出すメイク方法は?

【冬タイプ】パーソナルカラー別魅力を引き出すメイク方法は?

  • 2018.10.18
  • 19191 views

冬タイプのメイクのポイントは「深いツヤ感」

自分にはピンクは似合わないとか、グリーンは似合わないという先入観をもっていませんか?

それはとっても勿体ない事です。同じピンクでもアプリコットピンク、サーモンピンク、ビビッドピンク、ローズピンクなど様々な濃淡のピンクがあるように、それぞれの色にはその人の肌に似合う色が必ずあります。

ピンクが似合わないのではなく、あなたに合ったピンクを選んでいないだけかもしれません。どの色が自分にしっくりくるのか判別するのがパーソナルカラーです。

自分の肌色を識別して自分を「春・夏・秋・冬タイプ」に分類します。 もしあなたがカラー診断をして冬タイプと言われたとしたら、それはグレーやブルー、青みピンクなど寒色系の色が良く似合う肌色だということです。

もともと透明感のある肌をもつこのタイプは、上手に色を選ぶことで、クールで知的な女性の雰囲気を演出することが出来ます。

冬タイプのメイクのポイントは「深いツヤ感」。

深みのあるカラーで肌にツヤ感をプラスすることで洗練されたシャープなメイクが出来ます。

ベースはツヤ肌で「深いツヤ感」を出して

冬タイプの人は黄色味のあるイエローベージュやブラウンベージュは避けた方がいいでしょう。せっかくの透明感のある肌がくすみ、暗い印象になってしまいます。

ブルべ肌によく馴染むのは、赤みのあるナチュラルピンクやピンクオークルなどのベースです。

下地だけでなくファンデーションもリキッドにすることで、肌にしっかりフィットしたツヤのある肌質に見せることが出来ます。

目元はツヤ感を意識したキレイめメイクで決まり

冬タイプの人はグレーやコバルトブルー、ネイビー、マリンブルーやマゼンタなど、どちらかというとはっきりくっきりした色が良く似合います。黄色みの少ない肌にのせるとその色とおりに発色し、豪華な雰囲気になるでしょう。

潤った目元にしたい場合はシルバーのラメの入ったアイシャドウを使うのもいいですよ!

冬タイプの人は白黒コントラストの差がはっきりしている方が美しく見える傾向があります。そのためアイラインには濃いブラックを選ぶと、キリッと流し目の美しい目元になります。

また、単色アイシャドウを使ってグラデアイを作るのもおすすめです。シンプルだけれど洗練された、立体感のある目元を作れますよ。

冬タイプメイクのチークとリップは白雪姫を見習って

冬タイプの人はレッドや青みピンクのようなはっきりしたチークを乗せると、白雪姫のような可愛い頬に仕上がります。頬の高い所に丸くチークを乗せて、フェミニンをおもいっきり意識しましょう。

チークとリップどちらもつけると濃いカラーをつけると幼稚になりやすいので、リップかチークどちらかひとつだけに濃い色を使うと良いでしょう。

ツヤ感を出すためにリップはマッド系よりもオイリーなグロス系を選ぶのがグッド!ぷるんとした唇がツヤ肌にマッチしますよ。

ブルべの人は血色が悪く見えがちなので、チークやリップで赤みを足して健康的で大人可愛い雰囲気を作りましょう。

冬タイプの人は透けるような美しい肌が特徴的です。その肌を活かしてはっきりした濃い色を使ったメイクを楽しみましょう。青みの入った色を使えば肌がより美しく見え、くまやくすみも目立たなくできます。血色を足したい場合は青みピンクをプラスして豪華でフェミニンな雰囲気に♡

自分に合う色を探しておしゃれをもっと楽しみましょう。

元記事を読む