1. トップ
  2. 恋愛
  3. 花風水が恋を呼ぶ! 開運インテリア術【Dr.コパ伝授】

花風水が恋を呼ぶ! 開運インテリア術【Dr.コパ伝授】

  • 2015.3.5
  • 14370 views

こんにちは、Dr.コパです。草木も萌えだして花屋には色とりどりの花が並ぶ、にぎやかな季節になってきましたね。この時期に部屋に花を飾ると、部屋の中まで暖かい春の空気に包まれるような、うれしい気分になります。今回は、花を使った開運風水。せっかくなら、風水を使って恋の花も咲かせましょう。

■花風水、生け方の基本

花を選ぶときは、茎の長いものにしましょう。長いものには縁を呼ぶパワーがありますからね。花器を細長いものにすると、茎の花も上に向かって高く生けられるので、より効果が期待できますよ。

細長い花器がない場合は、つる植物や、房状の花を長く垂らすように生けましょう。もし、ちょうど良い花器や花が見つからなければ、花器に4つの長いリボンを結ぶことで、効果を出すことができます。今の彼やご主人とずっと仲良くしていきたいという場合は、丸みのある花器に生けてください。

■「4」という数字に注目!

日本では音の響きから敬遠されがちですが、風水において「4」という数字は縁を呼び込む数字とされています。四角形や十字架を想像してみてください。安定した形をしているでしょう。「4」という数字は、普遍性や安定感も象徴しています。先ほど述べた4つのリボンも長いものと、縁を呼び込む数字「4」の組み合わせです。

■花選びには、恋愛運に効果的な4色を!

ピンク、赤、黄色、白のアレンジをベースにすることを意識してください。ピンクは恋愛の色。豊かな人間関係を育むパワーがあります。新しい恋を始めたいときは、濃いピンクの花が良いでしょう。

また、赤には勝負や決断などの情熱的なパワー、黄色には金運だけでなく、ポジティブ思考や人生を楽しくさせてくれるパワーがあります。白は幸運を包み込み全体運をあげる色なので、他の色とバランスよく組み合わせてくださいね。

また、それらの4色にワインレッドや、ラベンダー色、青など加えていくことで、恋愛体質に一歩近づいていけます。恋愛に熱を上げすぎて冷静になれないときは、青を多めに使いましょう。青い花が冷静さを取り戻してくれるので、落ち着いて自分をみつめる効果をもたらしてくれるはずです。青がなければ、紫やラベンダー色でもよいでしょう。

■良縁をもたらす方位に飾る

寝室の枕元か東南に飾りましょう。東南は良縁をもたらしてくれる方位です。ここに花のパワーを入れて、恋愛運をアップさせるのです。枕元に飾る場合にはスタンドの明かりで照らしてあげると、より運気がアップします。

また、お花はなるべく香りの良いものを選ぶこともポイントです。もしあまり香りのない花だった場合は、そばに香水やコロンを置いておくとパワー不足を補ってくれるでしょう。

・なまえだけで驚愕的中!【陽気な幸運オヤジDr.コパ】開運姓名判断

最後に、観葉植物で恋愛運をアップさせる方法です。縁を運んでくれるように、葉が垂れ下がって風になびくようなものや、葉が長いものを、花と同じように飾ることで効果があります。ポトスや、オリヅルランなどがおススメです。花よりも長く部屋に置けますし、鉢にピンクのリボンを4つ結び付けて飾ってみてくださいね。

・見れば成就! 二人が結ばれるために必要な「三つの決め手」

(Dr.コパ)