1. トップ
  2. 橋本マナミに“モテ期”到来!戸惑う姿に「カワイイ」「癒される~!」の声<まんぷく>

橋本マナミに“モテ期”到来!戸惑う姿に「カワイイ」「癒される~!」の声<まんぷく>

  • 2018.10.15
  • 475 views
恵(橋本マナミ)と野呂(藤山扇治郎)が急接近⁉
(C)NHK

【写真を見る】オクテな美人・恵(橋本マナミ)。柔らかい笑顔と清楚な雰囲気に癒やされる!

放送中の連続テレビ小説「まんぷく」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)で、ヒロイン・今井福子(安藤サクラ)の職場の先輩・保科恵(橋本マナミ)に“モテ期”到来!積極的な男性2人と彼らに挟まれ戸惑う恵に、視聴者からは「カワイイ」「癒される~!」「脇役のドラマも気になる~(笑)」といった声が上がっている。(以下、ネタバレがあります)

福子の姉・咲(内田有紀)が息を引き取った12日放送の第11回。美人フロント係・恵には、まったく別の出来事が起きていた。

事あるごとに福子に缶詰を渡してアピールしていた厨房係・野呂幸吉(藤山扇治郎)が「君のことが好きや!」と突然の告白。「いきなり言われても…」と戸惑う恵に、今度は白馬の王子様ならぬ“白馬の歯科医”・牧善之介(浜野謙太)が「あなたを一目見て、運命を感じたのです。私は、あなたを好きになってしまいました」と熱烈アプローチ!

SNSで視聴者から“野呂缶”の愛称でも親しまれる野呂と、「牧、善之介です」という独特のセリフ回しが話題の牧。視聴者に人気の2人が一気に存在感を発揮し、この日の放送後には「咲姉ちゃん」に加えて「保科さん」もTwitterトレンド入り。「野呂缶」「善之介」もTwitterで盛り上がりを見せた。

牧善之介「結婚を申し込みます」

翌13日放送の第12回でも、恵をめぐる恋のバトルは継続中。野呂が「日本が(戦争に)勝ったらまたもと通りになるて。せやけどその前に、その前に僕と…」と言いかけたその時、牧がホテルを訪れ「恵さん。私はあなたに、結婚を申し込みます」と突如プロポーズし、恵と野呂、視聴者を驚かせた。

フロントに立つ福子と恵。2人のシーンは究極の癒しパート!
(C)NHK

華やかな容姿とは裏腹に、恵は「私は男の人に好かれてるやろうとか、そういう経験たくさんあるやろうとか思てるかもしれんけど、まったくないから」と嘆くなど、恋愛は苦手な女性。一方で、咲の病状が不安で萬平(長谷川博己)と距離を置こうとする福子に「立花さんにちゃんと説明しないと」と助言する優しさも持つ。

演じる橋本も、普段のキャラクターとのギャップが受け「ファンになった」「本当は可愛い人なのかも」など好評を博している。

そんな恵とユニークなキャラ2人との三角関係に、視聴者は大盛り上がり!SNSは「保科さん、モテ期到来!」「この三角関係面白いし癒やされる~!」「恵ちゃん、どっちを選ぶ?」「戸惑ってる保科さん、カワイイ」といった声でにぎわった。

蘭丸不在で「いななきが聞こえない…」の声

第12回では牧の愛馬“蘭丸”が戦争に徴収されたことも明らかに。劇中では、寂しげにひとり歩くシーンも描かれた。

白馬にまたがった堂々とした姿が話題だった牧だけに、視聴者からは「蘭丸の件がショックすぎた…」「牧さん、寂しそう」「善之介~!つらいな」「きょうは蘭丸のいななきも聞こえなかった」といった悲しみの声が相次いだ。コミカルに描かれてきた牧の哀愁に「グッときた」「どうか幸せになって」といった声も…。

在りし日の牧善之介(浜野謙太)と愛馬・蘭丸。ステキな相棒だったが…
(C)NHK

ドラマが始まって2週。まだまだ序盤にもかかわらず注目を集める、脇役たちのキャラクターや恋愛事情。

メインストーリーでは、引き裂かれる福子と萬平、戦争の激化、萬平の逮捕と、殺伐とした描写が増えているだけに、深刻になりつつあるドラマの緩衝材として、今後も視聴者を楽しませてくれそうだ。

そして何よりも、恵がどちらの男性を選ぶのか、はたまたどちらも選ばないのか…。恵、野呂、牧の恋模様に注目が集まる。(ザテレビジョン)

元記事で読む