1. トップ
  2. 千葉雄大、“音タコ”主題歌をカラオケで熱唱も「これを歌っている吉岡さんはすごいな」

千葉雄大、“音タコ”主題歌をカラオケで熱唱も「これを歌っている吉岡さんはすごいな」

  • 2018.10.14
  • 299 views
千葉雄大がカラオケでハイテンションに!
(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

三木聡監督が脚本・監督を務める映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」が10月12日に全国公開。翌13日に東京・TOHOシネマズ新宿にて公開記念舞台あいさつが行われ、主演の阿部サダヲ、共演の吉岡里帆、千葉雄大、ふせえり、田中哲司、三木監督が登壇した。

【写真を見る】特製くす玉を割ってテンションが上がる阿部サダヲ、吉岡里帆、千葉雄大ら

本作は、驚異の歌声を持つ一方、“声帯ドーピング”というオキテ破りな秘密を抱えるロックスターのシン(阿部)と、声が小さく何事にも逃げ腰なストリートミュージシャンのふうか(吉岡)という対照的な2人の歌声が出会ったことで起こるミラクルを描いた、ハイテンション・ロック・コメディーだ。

見どころを聞かれ、阿部は「今週公開の映画の期待度2位という好成績で、1位ではないんですけれども、それがこの映画っぽくて素晴らしいと思います」と会場の笑いを誘い、「原作ありきの作品が多い中、完全オリジナルの脚本なのでそこに期待して見てほしい」と見どころを語る。

一方、吉岡は本作で初挑戦した歌唱とギターについて触れ、「半年前から準備して、こんなに長く時間をかけて準備した映画はないので思い入れがとても強いです」とコメント。

そしてレコード会社でシンの担当である坂口役の千葉は、自身も移動中に聴いているという本作の楽曲の格好良さをアピールした。

また、“デビルおばさん”というインパクトの強い役名の三木組常連女優・ふせは「テレビでは見られないような阿部くん、吉岡さん、千葉くんの姿に注目してほしい。

『阿部さんこんなことできるんだ〜』とか『千葉くんそれはまずいぞ!』というシーンもある」と言うと、重ねてシンの所属する事務所社長役である田中も「いろんなカツラが出てきます」と“三木聡ワールド”おなじみの不思議な世界観が展開されていることを明かした。

そんな中、作品にちなんで最近ハイテンションになった出来事について聞かれると、阿部は「昨日(12日)公開されて、見てくれた人が『面白かった!』と連絡をくれたこと。まあ警官役で映画に出てる人なんだけど」と言うと、吉岡も自身がファンであるフルーツポンチ・村上健志が「Instagramで『音タコ観てきます』とアップしてくれていてうれしかった」と喜んだ。

また、千葉はW主題歌の一つで、阿部&吉岡の歌う「体の芯からまだ燃えているんだ」を先日カラオケで歌ってハイテンションになったと発表。

続けて「キーが高くて、あらためてこれを歌っている吉岡さんはすごいなと思いました」と言うと、阿部が「千葉くん、俺のパートは?」と寂しそうにツッコむ。

すると、千葉は「もちろん歌いましたよ〜! 阿部さん一番大好き」と言い、仲の良さを見せつけた。

最後に阿部は「なかなかロック・コメディーという映画はないと思います。ふざけてはいるんですけど、こんなに真面目にやったことはない映画で、心に焼き付けて帰ってほしいです。よろしくお願いします」と観衆に呼び掛けた。(ザテレビジョン)

元記事で読む