1. トップ
  2. 瀬戸康史“蔵子”の時は「すごくキレイになりました」

瀬戸康史“蔵子”の時は「すごくキレイになりました」

  • 2018.10.14
  • 226 views
アーティストブック「僕は、僕をまだ知らない」発売にイベントに出席した瀬戸康史
KADOKAWA

俳優の瀬戸康史が、10月17日(水)にアーティストブック「僕は、僕をまだ知らない」(ワニブックス)を発売。東京・新宿の書店で先行発売記念イベントを開催し、囲み取材に応じた。

【写真を見る】“蔵子”を想起させる美しさ

完成した作品を手に取った瀬戸は「とてもうれしいですね。短い期間で撮影したんですけど、悔いの残らないとても良い作品ができたと思います」とあいさつした。

「今回はつながるというのがテーマにあって、“街とつながる”というところがあるんですけど、そこで串カツを食べまして、わんこそば形式で出てくるんですね。『ストップ』って言わない限り永遠に出てくる串カツ屋さんで、40本くらい食べましたかね。

だいぶ食べて、それお昼だったんですけど、その日の夕飯にスタッフさんがすごくおいしいものを用意してくださったんですけど、一口も手が付けられず(笑)」と大阪での撮影を振り返った。

お気に入りのカットには“滝”の場面を挙げた。「滝で撮らせていただいたんですけど、あれは“自然とのつながり”ということで撮って、撮影がもうすぐ終わるかなという頃の表情…すごくすました表情なんですけど、あの後、滝の中で転んでびしょびしょになったんですよ。

メークさんとかスタイリストさんとかいろんな人に迷惑をかけたんですけど。あの写真を撮った頃の僕は、そのことを知らない…その後のことは知らない」と今作のタイトルに絡めてハプニングを明かした。

また作品の中では、イラストにも挑戦している。「今回初めて絵本という形で皆さんに読んでいただくんですけど、元々絵を描くことだったり、物語を考えることが好きで。

日常に転がっている小さな幸せっていうもの、割と見逃しがちだなと。そこに目を向けてみれば、もっと人生楽しく過ごせたり、人として豊かになれるんじゃないかというのがテーマで。今回書いたのが『ニア』というキャラクター、この子が小さな生まれての神様という設定で、この子と僕ら人間との触れ合いの物語で。名前の由来は、すごく近くにいるんだよという『near』からきてます」と創作の秘密を明かした。

そもそも「ニア」誕生のきっかけとなった出来事は、幼少期の実体験に基づいているという。

「僕が車にひかれそうになった時に、後ろに引っ張られる感覚があって助かったっていう経験があるんですよ。小学生…幼い頃に。それから見えない何かの存在を信じるようになって。見えないけどいつも見守ってくれているんだなと。ニアみたいな神様が…というのがきっかけですね」と不思議な体験を告白した。

今作の写真パートには、ドラマ「海月姫」(フジテレビ系)で演じた鯉淵蔵之介が扮(ふん)する“蔵子”の撮り下ろしポートレートも。

「“蔵子”は頑張りましたから。6kg痩せて50kgでやってましたからね。身長は174cmです。あの時は、食べることは大事なんだなと思いましたね。やっぱりしんどかったですもん。食べないダイエットをしていたんです…でもその分皆さん『キレイ、キレイ』って言ってくれるから、すごくキレイになりました。

手とか骨格は男なんで、それをいかに髪の毛とか服装で隠していくか。できるだけ修正はしたくないんです。“蔵子”だからといって、修正したら違うものになってしまうから、それをいかにしないでキレイに見せるか。化粧はしてもらうんですけど、日に日にノリが良くなってきて(笑)、あとストッキングをはくのがすごく早くなりました(笑)。2~3分はかかっていたんですけど、ものの10秒くらいで『シューン』ってはけるように、その当時は。まぁもう(はくことは)ないでしょうね」と取材陣を笑わせた。(ザテレビジョン)

元記事で読む