1. トップ
  2. ファッション
  3. カロリーがどんどん燃えるようになる鉄板ルール、“カラー別”レギンスコーデのコツなど今週注目の話題

カロリーがどんどん燃えるようになる鉄板ルール、“カラー別”レギンスコーデのコツなど今週注目の話題

  • 2018.10.14
  • 9878 views

今週(2018.10.7~2018.10.13)お届けした話題の中から特に反響の大きかった話題を紹介☆ 究極の痩せボディを叶える『カロリーがどんどん燃えるようになる鉄板ルール』、知っておくだけでお洒落度UPが叶う『“カラー別”レギンスコーデのコツ』など、週末のひとときまとめてチェックしておきましょう。

▶︎人気女優が24kg減量に成功!驚異のダイエットを叶えた“超シンプルな3か条”

スタイル美人たちの秘訣。究極の痩せボディを手に入れるための鉄板ルール

痩せるために厳しく食事内容を管理したり、一生懸命に運動をする時間を毎日作ったり…。どちらも大切なことですが、一番大事なのは「特別なことをしなくても痩せていく体を手に入れる」ことです。

究極の痩せボディを作るための3つの鉄板ルール
究極の痩せボディを作るための3つの鉄板ルール

そこで今回はジェニファー・ローレンスやジェシカ・チェステインらトップ女優の担当トレーナーのディヴィッド・キングスベリー氏が明かす「カロリーがどんどん燃える体」を作る3つの鉄板ルールをチェックしてみましょう。

(1)タンパク質、炭水化物、脂肪分をバランス良く摂る

「タンパク質はダイエット中でも筋肉量をキープするためにも大切な栄養素。多く摂ることで脂肪を燃やす筋肉の素になる」と語るキングスベリー氏。ルールは毎食カロリーの40パーセントをタンパク質を多く含むものにすることをポイントに挙げています。

また、脳を働かせるためにも筋肉を使うためにも炭水化物の完全カットはNG。キングスベリー氏によると理想の摂取量は「毎食の20パーセントを炭水化物に」とのことです。さらにダイエットの敵というイメージの脂肪についても「血糖値を上げずに脂肪燃焼効果をもららす秘密兵器」だそうで、毎食の40パーセントを脂肪分にすることを推奨しています。

(2)週2回のサーキットトレーニングをベースにし、低強度のワークアウト最低週1回行う

高強度の運動はエネルギーをたくさん使うため脂肪燃焼効果も大です。まず始めるなら、スクワットや腕立て伏せといったシンプルな動きで複数の筋肉を一挙に鍛えることができるものを組合せて行うサーキットトレーニング。キングスベリー氏は週2回行うことをオススメしています。

また、パーツ別のエクササイズについては「低強度のワークアウトが最も効果的」だそうで、心拍数を60〜65にしたまま1時間程度のワークアウトを週1回以上行うのが良いそうです。

(3)アルコールや糖分は控えた方がベター

アルコールはたんぱく質、炭水化物の量に対し、カロリーが高め。さらに飲み過ぎることでお腹の調子を崩したり健康にも影響を及ぼすこともあるので「できるだけ控えるべき」とキングスベリー氏は語ります。

また、糖分についても「添加糖が加えられた食品は脂肪燃焼効果をダウンさせてぽっこりお腹の原因になる」とのこと。アルコールや甘いものは完全にカットしなくてもいいけれど、飲み過ぎや添加糖には気をつける必要がありそうです。

今季マストアイテム“レギンス”のカラー別着こなしテク

今季になって再ブームの波がアツいアイテムと言えば【レギンス】。「いつものスタイルにプラスするだけでお洒落」とされていますが、今すぐトライしやすいカラーから少し着こなしが難しそうな印象のカラーまでバリエーション様々で「上手な着こなし方が分からない」とお悩みの方は少なくないと思います。それではお洒落さんたちのコーデをお手本に“上手な着こなしのコツ”を探ってみましょう。

着こなし幅の広さが魅力「黒レギンス」

どんなコーデとも合う万能なレギンスと言えば定番の「黒レギンス」。色合いとシルエットをシンプルにまとめるだけで、大人感たっぷりのカジュアルコーデに仕上がります。

出典:WEAR

こちらはゆったりとしたサイズ感のグレーのロングワンピに黒のレギンスパンツをレイヤードしたモノトーンスタイル。足元は程良く肌が見えるパンプスを合わせて抜け感をプラスすると、より大人っぽい着こなしが叶います。また、ベルトでウエストマークを作るとコーデにメリハリが生まれると同時に、脚長効果も期待できますよ。

今季トレンド「グレーレギンス」

今季のレギンスの中でも注目カラーと言えば「グレー」。中でも取り入れやすく程良いこなれ感を演出してくれるのが“ダークグレー”のレギンスです。

出典:WEAR

ダークグレーはトレンドのパープルはグレーとも好相性なのも嬉しいポイント。パープルのティアードワンピースにスリットの入ったダークグレーのレギンスを合わせれば、即イマドキ感たっぷりのコーデが仕上がります。また、レギンスとグレーのトーンを合わせたゆったりしたカーディガンを羽織れば、秋らしい大人のリラックススタイルを演出できますよ。

着こなせばお洒落上級者「淡色レギンス」

お洒落上級者を目指すなら、着こなしに難しいイメージがあるかもしれないホワイトやベージュ系の「淡色レギンス」は外せないアイテム。着こなしのポイントは、バッグやシューズなどの小物と同系色で合わせること。浮かずにお洒落な履きこなしが叶います。

出典:WEAR

こちらはバッグとシューズを、レギンスと同トーンのベージュで合わせたコーデ。シンプルなワンピコーデですが、一層レディライクな印象になっています。レギンスは人気のスリッパサンダルやファーバッグとも相性抜群なので、季節感と柔らかさをプラスする小物選びでお洒落に差をつけましょう。

元記事を読む