1. トップ
  2. ファッション
  3. 秋のクラッチバッグコーデ16選【レディース】|コーデを上品に仕上げる大人のクラッチバッグコーデ集

秋のクラッチバッグコーデ16選【レディース】|コーデを上品に仕上げる大人のクラッチバッグコーデ集

  • 2018.10.11
  • 4989 views

レディース秋のクラッチバッグコーデまとめ。ファッションの印象を大きく左右するバッグ。今回はその中でも上品な大人を演出できるクラッチバッグを集めました。さまざまなコーデとの組み合わせを参考に、日々のおしゃれに役立ててみてください。

レディース秋のクラッチバッグコーデ

【1】ブラウンクラッチバッグ×ベージュコート×黒ニット

【1】黒クラッチバッグ×ベージュコート×黒ニット
コート・ニット・バッグ・靴(ボッテガ・ヴェネタジャパン)、タイツ/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

肩のなだらかなライン、ウエストシェイプ、スカート部分にボリューム感をもたせた美しいメリハリシルエットに、大きめの襟やフラップポケットでアクセントを添えたダブルブレストコート。洗いをかけたフェルテッドキャメル地の、ヴィンテージライクな風合いもリュクスな表情です。コートからのぞく首周りと足元は、タートルネックニットとマットなタイツの黒で引き締めて。クラッチバッグを洗練のアクセントに加えましょう。

【2】3色クラッチバッグ×黒シャツ×グレージュパンツ

【2】黒クラッチバッグ×黒シャツ×グレージュパンツ
シャツ(コロネット〈エアロン〉)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ピアス・バングル(ドレステリア 銀座店〈エディー ボルゴ〉)、バッグ(ピエールアルディ 東京)、靴(ユナイテッドアローズ 原宿本店〈スタブス & ウートン〉) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

曖昧グレージュのプレーンなパンツも端正な黒シャツで着こなすと、こんなにカジュアルでモードな雰囲気に様変わり! トリコロールカラー配色のクラッチバッグと、レタリング刺しゅう入りスリッポンでさらなるセンスアップを狙いましょう。

【3】黒クラッチバッグ×黒ブラウス×黒レーススカート

【3】黒クラッチバッグ×黒ブラウス×黒レーススカート
ブラウス(Theory〈Theory〉)、スカート(オットデザイン〈ルーム エイト ブラック〉)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

総レースのスカートは、リボンステッチとラッフルの裾あしらいで、ほんのり甘め。シャープさをたたえるノースリーブの黒ブラウスとのコンビで、大人が憧れる絶妙な甘辛バランスが完成します。足元のモードなアンクルストラップのサンダルとクラッチバッグで、さらに女らしく軽やかな肌魅せを。

【4】白クラッチバッグ×黒コート×白トップス×黒パンツ

【4】白クラッチバッグ×黒コート×白トップス×黒パンツ
パンツ・コート・トップス(コロネット〈ザ ロウ〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、バングル(アストラット 青山店〈エディー ボルゴ〉)、ストール(三喜商事〈アリュード〉)、クラッチバッグ(エストネーション〈ペラン〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/坂根綾子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

スティックパンツはしなやかなナイロン×コットンの混紡素材。マニッシュなコートが主役の日は、パンツや小物で女らしさをアピールしましょう。

【5】黒クラッチバッグ×白シャツ×黒スカート

【5】黒クラッチバッグ×白シャツ×黒スカート
スカート(ブラミンク)、シャツ(サン・フレール〈エルマンノ シェルヴィーノ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、ブレスレット・チャーム・リング(シャンテクレール 東京店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

繊細な表情を生むレースと、優雅な印象を醸し出すラッフルで女性らしさを強調した着こなしも、モノトーンならきりりとした雰囲気。スカートはミモレ丈のトラペーズシルエットです。ラッフルがつくる上品な陰影に、ほのかな光沢をもたらすコットンシルク素材。バイカラーのクラッチバッグを合わせて、大人のモノトーンスタイルを上品に仕上げましょう。

【6】黒クラッチバッグ×黒ジャケット

【6】クラッチバッグ×黒ジャケット
バッグ『クラッチ ノット』・ジャケット・ピアス(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ひと目で上質とわかる艶やかなクロコダイルに加え、留め具もジュエリーづくりの伝統的な技法でつくられた極上のクラッチバッグ。これ見よがしでなくラグジュアリーなバッグは、持つ人のオーラを高めて上品な華やぎ感を印象づけてくれます。

【7】黒クラッチバッグ×ジャケット×カーキワンピース

【7】黒クラッチバッグ×ジャケット×カーキワンピース
ジャケット(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ワンピース(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のジャケットはしっとりとした上品な光沢感、折り返した袖口がアクセントに。シンプルなカーキ色のワンピースの肩にはおるだけで、この迫力、この存在感! ボタンを留めずに、ラフに着こなし、黒のクラッチバッグで引き締めるのが正解です。

【8】黒クラッチバッグ×黒ワンピース

【8】黒クラッチバッグ×黒ワンピース
ワンピース(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・ブレスレット(フレッド)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)、スツール(ウェルカム HAY事業部) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

デコルテと背中部分に同量のオーガンジーをあしらい優美に。大きめのクラッチバッグを合わせて、辛口な要素をトッピングしましょう。ワンピースはストンとしたⅠラインと落ち感のきれいなワンピース。ストレッチのきいた素材感で、着心地も良好です。

【9】黒クラッチバッグ×ボルドーワンピース

【9】黒クラッチバッグ×ボルドーワンピース
ワンピース・バッグ(ラルフ ローレン〈ラルフローレン コレクション〉)、ピアス・リング(ミキモト)、ストッキング/私物 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

こっくりとしたボルドー色のワンピースで景色になじむように。上品に揺れるパールのピアスで顔周りにまろやかな光を集めて。透かし編みの技法を用いたイタリア製のワンピースは、ボウタイ付きでどこかクラシカルな表情が魅力です。バッグもクラッチバッグにすることで、品格のある女らしさが際立ちます。

【10】黒クラッチバッグ×黒ワンピース

【10】黒クラッチバッグ×黒ワンピース
ワンピース(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・バングル(ジョージ ジェンセン ジャパン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ボールチェーンがさりげなく煌めく、ウールカシミヤのワンピースで品よく華やかに。ミンクファーのクラッチバッグとオニキスのバングルで、リッチな迫力をプラスしましょう。

【11】シルバークラッチバッグ×黒ワンピース

【11】シルバークラッチバッグ×黒ワンピース
ワンピース(ストラスブルゴ〈パルトウ〉)、リング・バングル(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

長めのカフスでシャツのようなハンサムな雰囲気を楽しめるワンピース。スネークモチーフのバングルやジュエル靴、クラッチバッグでリッチなオーラを添えましょう。ワンピースはミニマルなデザインで「今着たい」服がそろう、新生ブランド「パルトウ」。深めのVネックと、アレンジを楽しめるボウタイが、キレをもたらします。

【12】黒クラッチバッグ×グレーワンピース

【12】黒クラッチバッグ×グレーワンピース
ワンピース・クラッチバッグ(アオイ〈ファビアナ フィリッピ〉)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

きちんと感が求められる場面でも自信をもって臨めるワンピース。サイドウエストにタックを寄せて流れるようなギャザーを演出することで女らしい雰囲気も醸し出してくれます。存在感のあるワンピースに身を包んだなら、ミニマムなバッグを添えて女性らしさを演出。

【13】赤クラッチバッグ×ネイビージャケット×シャツ×パンツ

【13】赤クラッチバッグ×ネイビージャケット×シャツ×パンツ
ジャケット・パンツ(ヒューゴボス ジャパン〈ヒューゴ ボス〉)、シャツ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、ピンブローチ(ミキモト)、時計(リンクス オブ ロンドン青山店)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

男性と肩を並べても引けを取らないスーツは、キャリアたるもの、マストでおさえて。インナーにシャツ襟タイプを合わせると堅苦しいので、ノーカラーや小ぶりタイプの襟がおすすめ。ビッグクラッチを合わせて、できる女度をアピールしましょう。

【14】ベージュクラッチバッグ×グリーンコート×トップス×ネイビーパンツ×スカーフ

【14】ベージュクラッチバッグ×グリーンコート×トップス×ネイビーパンツ×スカーフ
コート(ドゥロワー 梅田店)、パンツ(theory luxe)、トップス(ロンハーマン)、眼鏡(モスコットトウキョウ〈モスコット〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、バングル(ブシュロンカスタマーサービス)、バッグ・靴(ピエールアルディ 東京) 撮影/坂根綾子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

スティックパンツはウールの混紡素材を採用したストレッチタイプ。フェミニンなコートのボリューム感を最大限に生かすなら、すっと伸びた脚を強調するスティックパンツが好相性です。バッグでマスタードカラーを取り入れて、秋らしいアクセントに。

【15】ネイビークラッチバッグ×グレーニット×カーキパンツ

【15】黒クラッチバッグ×グレーニット×カーキパンツ
パンツ(三喜商事〈ピアッツア センピオーネ〉)、ニット(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、アントネッリのカットソー・マンツォーニのファーストール(ストラスブルゴ)、バッグ(サンモトヤマ 銀座本店〈ナンシー・ゴンザレス〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/坂根綾子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

スティックパンツはハリのあるコットンストレッチが、気になるレッグラインをカバー。旬のロング丈ニットは、コンパクトボトムで引き締めるのが基本です。素材感のあるクラッチバッグが装いにラグジュアリー感を添えてくれます。

【16】白クラッチバッグ×ネイビーカーディガン×デニムパンツ

【16】白クラッチバッグ×ネイビーカーディガン×デニムパンツ
デニム(A.P.C.)、カーディガン(ドゥロワー 丸の内店)、M/G TASAKIのピアス・リング・TASAKIのネックレス(TASAKI)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

アー・ペー・セーを代表するロングセラーデニム「プチ スタンダード」。ミニマルな佇いで旬のグラニーニットも大人っぽく仕上げる、リジッドデニムの大定番モデルが今また新鮮です! ネイビーで統一したスタイルに、バッグと靴にホワイトを加味して、上品シックに仕上げましょう。

元記事を読む