絵画のような美しさ♡既婚女性と無名の画家の「愛の事件」を描く映画に注目

10月6日(土)公開の映画『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』は、「フェルメールの絵画の世界を小説にしたい!」という想いから生まれたベストセラー小説を映画化した作品。既婚女性と禁断の恋に落ちる画家の愛の事件が織りなす物語は、絵画ファンもミステリーファンも夢中になること間違いなしです。

愛を貫くため、すべてを花に賭ける

舞台は「黄金時代」と呼ばれた17世紀オランダ。スペインから独立し経済的な繁栄を極め、人々は投資や収集に熱を上げていました。なかでも2大ブームとなったのは絵画とチューリップ。邸宅に飾る画を収集したり、成功の形として残すために画家に肖像画を書かせたりするとともに、世界最古のバブル経済「チューリップ市場」へ投資を行いました。チューリップ市場は、希少な品種の球根一個が邸宅一軒分に値したといわれるほどで、「チューリップフィーバー」の真っ只中でした。

映画は、修道院で育った孤児のソフィアが親子のように年の離れている裕福なコルネリスと結婚するところから始まります。燃えるような愛はないものの、優しい夫との生活はソフィアにとって初めて味わう豊かで安定した暮らしでした。そんななか、コルネリスが夫婦の肖像画を、無名の画家のヤンに依頼します。キャンバス越しに見つめ合うヤンとソフィアは、そう時間をおかずに恋に落ちます。若く情熱的な画家と、許されない愛を貫きたいと願ったソフィアは、ある計画を思いつきます。しかし、ヤンが2人の未来のために、希少なチューリップの球根に全財産を投資したことから、運命が狂いはじめてしまいます。

フェルメールへのオマージュに満ちたカメラワークが見どころ

本作の見所の一つは、フェルメールへのオマージュに満ちたカメラワーク。「フェルメールの絵画の世界を小説にしたい!」という想いから生まれた原作小説の意思を継いでいることがうかがえます。窓辺で手紙を読む女性、鮮やかなブルーのドレス、女主人と女中の密やかな共犯関係、窓から覗き見するようなアングル、薄暗い室内に差し込む弱い光。フェルメールを連想させるこれらのシーンは、同時にどれも美しく聖性に満ちて見どころの1つとなっています。

絵画から生まれた愛と裏切り

ソフィアには『リリーのすべて』でアカデミー賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル。感謝はあるが愛はない結婚から逃げ出し、禁断の恋へと身を投げようとする女性を大胆かつ繊細に演じています。フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」をオマージュした衣装や、フェルメール・ブルーと呼ばれる鮮やかなドレスをまとう姿は、フェルメールファン必見です。
画家のヤンには『アメイジング・スパイダーマン2』のデイン・デハーン。傑出した演技力と存在感で、突き進むだけの無謀な若い恋の切なさと美しさをロマンティックに体現しています。
恋に落ちた既婚女性と無名の画家の、愛と裏切り、そして思いがけない結末を、ぜひスクリーンでお確かめください。

writer / 新 麻記子 photo / 『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』より - (C)2017 TULIP FEVER FILMS LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

取材協力

『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』

監督:ジャスティン・チャドウィック
脚本:トム・ストッパード
原作:デボラ・モガー
出演:アリシア・ヴィキャンデル、デイン・デハーン、クリストフ・ヴァルツ、ジュディ・デンチ、カーラ・デルヴィーニュ、ザック・ガリフィアナキス、

http://tulip-movie.com

提供元: Sheageの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
心に染みる一本 映画『おかえり、ブルゴーニュへ』の見どころをチェック
GINGERweb読者の皆さま、こんにちは。映画ライターの古川ケイです。本日皆さまにご紹介したいのは、フランス・ブルゴーニュのワイナリーに生まれ...
GINGERweb
宇野亞喜良展「言語的絵画」銀座三越で - 言葉と絵画をコラージュした描き下ろし原画30点が集結
宇野亞喜良展「言語的絵画」が、銀座三越7階・ギャラリーにて、2018年11月21日(水)から12月4日(火)までの期間開催される。 www.fashion-press.net 「言語的絵画」は、銀座の地で3回目となる宇野亞喜良の個展。「言語的絵画」のために描き下ろされた、言葉と絵画が調和した原画30点が集結する。 中国や日本の掛け軸などに見られる、絵画と書を一緒に存在させる様式をベースに制作された原画には、幻想的に描かれた少女や動物と、言語・文章がコラージュされている。異なる次元の要素が組み合わせられた、宇野亞喜良ならではの耽美でミステリアスな世界観を楽しめる。 会場には、原画の他、版画や、銀座三越先行販売の2019年イヤープレートも揃える。また、12月1日(土)には、宇野亞喜良が来店し、サイン会が開催される。 【詳細】 宇野亞喜良展「言語的絵画」 会期:2018年11月21日(水)~12月4日(火) ※最終日は18:00閉場 場所:銀座三越7階 ギャラリー 住所:東京都中央区銀座4-6-16 ■レセプション 日時:11月23日(金・祝)17:00~19:00 ■作家来店サイン会 日時:12月1日(土)14:00~16:00 ※サイン会対象品は、会場にて購入した原画、イヤープレート
ファッションプレス
映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」で太賀が母親から愛されなかった青年を熱演! モデルがいる役は「想像力との勝負」
拒絶されても母親への愛を諦めなかった青年が起こした奇跡を描いた感動作「母さんがどんなに僕を嫌いでも」。主演を務めるのは...
ウォーカープラス
約200点の貴重なセル画がずらり!ジブリ美術館「映画を塗る仕事」展スタート
三鷹の森ジブリ美術館で11月17日、新企画展示「映画を塗る仕事」展がスタートした。高畑勲監督、宮崎駿監督が目指した豊かな...
ウォーカープラス
絵画のように美しい台湾革靴ブランドが日本初上陸!
「おしゃれは足元から」といわれるように、ファッションコーディネートに靴は重要。だからこそ履き心地はもちろん、デザインにもこだわりたい! そんなアナタにおススメなのが 11月30日(金)~12月2日(日)の3日間、東京のアーツ千代田3331にて「H THREE ORDER EVENT by Pinkoi -日本未上陸 グラデカラーの美しい靴-」と題した販売イベントを開催する「H THREE(エイチスリー)」だ。 2014年に台湾で誕生したシューズブランド「エイチスリー」は、天然レザーの個性に合わせ、1足1足手染めの手作り靴をセミオーダーで作っている。職人の手から生み出される絵画のような美しい色合いと、デザイナーの顧客に寄り添う丁寧な靴作りは、台湾のみならず、中国・香港・日本でも人気を博してきた。 しかし、購入はオンラインからか、台北の店舗で購入するしかない。そこで「エイチスリー」の靴をもっと多くの日本人に知ってもらおうと、アジア最大級のデザイナーズマーケット『Pinkoi(ピンコイ)』とコラボし、イベントを行うことになった。 イベントでは「H THREE」の靴を試し履きすることができ、採寸のサービスも実施。気に入った場合はその場でオンライン経由でも購入できる。期間中はデザイナー兼創設者の黃靖駩(ホァン・チンチュアン)も在廊する。 この機会に、誰とも被らない、自分の足に合う唯一無二の1足に出会いに出かけて行ってみてはいかが? ■「3331 Arts Chiyoda(アーツ千代田3331)」 住所:東京都千代田区外神田6丁目11−14
ストレートプレス
映画+散策で渋谷を楽しみ尽くす、ミニマップが配布開始。
シネコンだけでなく、個性あふれるミニシアターが点在する映画の街、渋谷。その渋谷のミニシアター7館のスタッフが、映画鑑賞と併せておすすめしたい渋谷のアドレスを紹介するマップ「渋谷ミニシアター手帖」(無料...
madame FIGARO.jp
映画『WALKING MAN』ラッパーANARCHY初監督×主演・野村周平、半自伝的な青春物語
ラッパーのANARCHY(アナーキー)が初監督を務める映画『WALKING MAN』の製作が決定。主演に野村周平を迎え、2019年に公開される。 www.fashion-press.net ラッパーANARCHYが初監督、主演に野村周平 日本を代表するラッパーANARCHY(アナーキー)が初めて映画監督を務める本作。普段からANRCHYと親交の深い野村周平が主演、『スカイハイ』や『SIDOOH/士道』などで知られる漫画家の高橋ツトムが企画プロデュース、ドラマ「民衆の敵」の梶原阿貴が脚本と、ボーダーレスなチームで完全オリジナル作品に挑む。 ラップを題材にした半自伝的な青春物語 野村周平が演じる主人公アトムは、極貧の母子家庭で育ち、幼い頃から吃音症でコミュ障、さらに事故で重症の母親を抱え、思春期の妹を放っておけないという気弱で心優しき青年。不用品回収業のアルバイトで生計を立てる彼がラップと出会い、バカにされながらも、最底辺の生活から抜け出すべく奮闘し成長を遂げていく青春物語だ。監督のANARCHY自身の実体験も盛り込まれており、半自伝的な作品にもなっている。 ANARCHY「『ありがとう』『愛してる』口から出して伝えたくなるような作品に」 監督のANARCHYは本作の製作にあたって、次のようにコメントを残している。「僕はラッパーです。25歳の頃から描いていた夢の一つが、35歳になったら映画を撮る事でした。僕はミュージシャンですが、映画は目で見て耳で聴く、究極のアートだと思っています。いきなり素人が映画監督?そう思う人は沢山いると思います。ただ自分の感覚だけを信じて今までやってきました。慣習にとらわれず、今までになかった「リアルな現実、ヒップホップ、ラップ」を題材にした、現代の若者達の心を突き動かす物が作りたいと思い、まず漫画家の高橋ツトム先生に相談したのが始まりです。僕が表現したい事をギッシリつめるのに2年間かかりました。そして最高の本ができ、最高のキャスト・スタッフが集まってくれたと思ってます。主演は野村周平君にオファーしました。この映画ではリアルなストリート感を表現したく、演じるだけではできない、元々彼の中にあるものを引き出せば良いものが撮れると確信しています。主人公のアトムは若くして父親を亡くし、母と妹の三人で暮らし、けして裕福ではない普通の家族の普通の男の子です。上手に話すこともできない内気な1人の少年が劇中で一台のウォークマンと出会い、何かが変わっていく、人生の葛藤を描いた青春ストーリーです。この映画を通して若者達が一歩踏み出す勇気が持てる映画にしたいです。多くの人達が心にしまっている言葉「ありがとう」「愛してる」口から出して伝えたくなるような作品になると思っています」 作品情報 映画『WALKING MAN』公開時期:2019年主演:野村周平監督:ANARCHY(アナーキー)©2019 映画「WALKING MAN」製作委員会
ファッションプレス
”悪”から盗んで生き延びる少年窃盗団。”サバイバルな青春”が熱く切なく、爽快!<連載/ウワサの映画 Vol.60>
少年犯罪の実情をつづったルポに基づく人気コミックスを映画化した「ギャングース」。自称「裏にも表にも行けないハンパな奴ら」...
ウォーカープラス
映画「春待つ僕ら」稲葉友、男の距離の縮め方は『とにかく触る!』
土屋太鳳主演の映画「春待つ僕ら」(12月14日[金]全国公開)で、バスケ部男子を演じた北村匠海や磯村勇斗、杉村遥亮らキャ...
ザテレビジョン
片思いのカレと急接近!男性を映画に誘うべき理由
片思いの男性との距離を縮めるために、デートに誘ってふたりで過ごす時間を作りたいものですよね。 そんなときにおすすめなのが映画デート。 片思いの男性を映画に誘うことには、いろんなメリットがあるんですよ! 今回は、片思いの男 […]
愛カツ
土屋太鳳&北村匠海の音楽ユニット、TAOTAKが歌う「Anniversary」が映画の主題歌に!
土屋太鳳と北村匠海の音楽ユニット・TAOTAKが、11月16日(金)に配信限定で「Anniversary」をリリースする...
ザテレビジョン
映画「ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~」主演! 久間田琳加さんにインタビュー
■ よく行く原宿での撮影はリラックスして臨めた 久間田琳加さんの初主演作品となる映画「ヌヌ子の聖★戦」が11/16㊎に公...
ウォーカープラス
「映画のまち調布」で無料の野外映画イベント開催!
昭和30年代には「東洋のハリウッド」と呼ばれ、日本映画全盛期を支えた街、調布市。現在も撮影所をはじめ、多数の映画・映像関連企業が集積されている。そんな「映画のまち調布」の多摩川河川敷に巨大スクリーンが登場!11月18日(日)に無料野外映画イベント「CHOFU RIVER SIDE CINEMA」が開催される。 劇場の舞台は、京王多摩川駅から徒歩5分程度の多摩川児童公園自由広場。芝生が広がり、電車や多摩川が一望できる調布らしい景色のなかに幅約10mものスクリーンが設置される。 上映されるのは、世界中で愛されるピーターラビットを実写化した2018年のヒット作「ピーターラビット」(日本語吹き替え)。開放的なスペースで自由に鑑賞を楽しめる。 イベントは13時より開催。飲食の販売やDJによるパフォーマンスがおこなわれる予定だ。上映は17時開始。席はないため、自由に好きな場所で好きなスタイルで楽しめる。ただし夜は冷え込むため、暖かい格好での参加がオススメ。敷物やキャンプチェアを持参すると快適だ。 開放感あふれる多摩川の河川敷での大迫力の映画上映を体験してみて!
ストレートプレス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理