佐藤健、高橋一生ら映画「億男」出演陣が「もしも3億円手にしたら」どうするかを語り合う!

映画「億男」に出演の7人による座談会!
撮影=西村康

【写真を見る】撮影中から楽しそうな7人

「世界から猫が消えたなら」などで知られる川村元気の小説を、「るろうに剣心」シリーズ(2012年ほか)の大友啓史監督が映画化した「億男」。借金を抱え、家族ともバラバラだった主人公・一男(佐藤健)が3億円の宝くじを当て、人生をやり直そうとするも、起業し億万長者となった親友・九十九(高橋一生)にお金を持ち逃げされてしまうところから始まるストーリー。「お金とは何か」「幸せとは何か」をテーマにした本作に出演した佐藤健、高橋一生、黒木華、池田エライザ、沢尻エリカ、北村一輝、藤原竜也の7人に「もし3億円を突然手にしたら?」と聞いてみると――。

佐藤健「僕と一生さんはこの映画の取材をずっとしてきて、その質問は120回ぐらいされています(笑)。で、一生さんと出た結論は、ずばり投資ですね。希望ある、可能性のあるところにかけてみようと思います」

高橋一生「3億円がそこで終わるのではなく、未来に続くのがいいなぁ、と」

黒木華「私は海外に家を買って、老後は隠居生活がしたいです(笑)。でも、おばあちゃんになるまでにまだ時間があるから、とりあえず家を買っておいて、おばちゃんになるまでの生活費を一生懸命稼ごうと思います」

池田エライザ「私は3億円があった事実だけ残ればいいので、そのお金を使って映画を作りたいですね。もの作りで消えていけばいいなと思うのと、悶々としている若い役者を集めて、何に悶々としているかを話し合いながら、映画を作っていけたらいいなと思います」

藤原竜也「僕はこの7人全員を連れて、プライベートジェットでハワイに行きます!」

沢尻エリカ「それいいですね! まさに豪遊(笑)」

藤原「結局は家族だけでハワイに行ってたりして(笑)」

北村一輝「俺は寄付します! といいつつ、2億円は寄付して、残りの1億円はぱぁーと使っちゃおうかな(笑)」

沢尻「そうですよ、3億円で豪遊しましょう! 私は一晩で使い切る自信があります(笑)」

佐藤「でも、本当に宝くじで3億円が当たったら、一晩で使い切るのが正解なのかも。そのお金でどうこうしようとしたら、たぶん人生がブレていくからダメだと思うんですよね。天から降ってきたお金は、それこそバーベキューで使い切るぐらいがいいのかもしれない」

高橋「僕もそれに賛成です。お金を所有物だと思ったらダメだと思うから」

沢尻「それにしても3億円のバーベキューって、どんなのなんでしょうね(笑)」

北村「超高級な肉がバンバン出てくるんだよ(笑)」

【写真を見る】撮影中から楽しそうな7人
撮影=西村康

一番堅実そうなのは高橋一生!?

3億円の使い道は人ぞれぞれだったが、「3億円を堅実に使いそうな人」を全員で指を差してもらったら、高橋を除く全員が高橋を指名する結果に。

佐藤「すごい、満場一致(笑)。一生さんは誰を差したんですか?」

高橋「僕は黒木華さん。黒木さんには堅実なイメージがあるので。ムダ使いしそうになったら、『それは本当に必要なの?』と注意してくれそうです」

佐藤「でも、結果は一生さんがぶっちぎりの1位獲得でしたね(笑)」

北村「だって、一生君は買うものといっても、自転車ぐらいでしょ(笑)?」

高橋「やめてください、恥ずかしいじゃないですか。しかも、本当のことだし(笑)」

北村「物欲がなさそうだもんね」

藤原「僕も単なるイメージですけど、一生さんは正しくお金を使ってくれそう」

沢尻「自分のためじゃなく、ちゃんと誰かのためにお金を使ってくれそうな感じがしますよね」

池田「逆に、堅実にお金を使わない高橋さんを想像したくないです(笑)」

黒木「私もみなさんと同意見で、お金の使い道をきちんと知ってそうだから」

佐藤「たしかに。一生さんは石橋を叩いて歩くタイプに見えるし、正しい知識を持って3億円を使いこなしてくれそうな気がしますよね」

高橋「いや、僕は石橋を叩いて壊すタイプです(笑)」

藤原「でも、意外と堅実なのは健くんかもね」

沢尻「全額貯金してそうですよね(笑)」

佐藤「僕は3億円を元手にお金を増やします!」

藤原「投資ね(笑)」

3億円を持って失踪した親友の九十九を探すため、彼と一緒に会社を立ち上げていた3人の億万長者(沢尻、北村、藤原)に会っていく一男。そこでさまざまなお金に対する考えや価値観に触れていき、一男と共に観ている側の価値観も揺さぶられていく。

池田「私はもともと時代と共に人間がお金とどう接してきたのかを研究するのが好きだったので、この映画を通して、人がお金という圧倒的な存在を前にしたとき、どう翻弄されていくのかを知ることができました」

沢尻「私はお金に縛られて生きたくないので、特に自分の中の価値観が変わったとかはないですね。お金はあればあるでいいし、なければないで、ないなりにやっていけると思っているし、自分が大切にしているのはお金では買えないものなので。だから、この映画を見て、意外とお金に縛られている人が多いんだなと思いました」

北村「僕もお金に対する価値観は変わらないな。でも、この仕事(俳優)をしている人で、お金に興味がある人は少ないんじゃないかな。すごいお金を持っている人を目の前にしても、そんなにうらやましいと思わないから」

沢尻「わかります!」

北村「自分の好きなことを仕事にしていること自体が幸せなので、そんなにお金に対して興味がないんだよね。といいつつ、先週、スクラッチの宝くじを買いましたけど(笑)」

沢尻「買ってるじゃないですか(笑)」

北村「この映画のことを思い出して、試しに買ってみたら、1400円当たりました(笑)」

高橋「そういう欲のない人の方が当たるんでしょうね(笑)」

北村「スクラッチ、面白いよ。その場で当選が分かるから」

藤原「僕も宝くじは買ったことがあります。でも、お金が欲しくて買うのではなく、夢を買っているようなものですよね。お金に関しては、ないよりあった方がいいと思うけど、そこまで執着する気はないかな」

黒木「私もそうですね。持っている人が使えばいいと思うし」

佐藤「さっき北村さんがおっしゃっていた『この仕事をしている人はお金に興味のある人が少ない』というのは、まさにその通りだと思います。やりたいことをやれる人生こそが幸せですからね。とはいえ、僕はお金はたくさんほしいと思っていて。それは大金を持ったことがないからで、見たことのない風景を見てみたいからなんですけどね」

高橋「僕も北村さんと健くんの意見に同意します。お金を稼ぐ効率を考えたら、もっと違う仕事があるはずだから。好きなことで生活できるというのは幸せなことだと思うし、それを選んだ人たちですから。僕自身もお金に対する執着はそんなになく、お金は入ってきたら使わないとよどんでしまうものだと思うので、欲しいものは買うようにしています」

「もしも3億円を手にしたら」どうするかを7人で語り合う!
撮影=西村康

「億男」は主人公が何かを取り戻す物語

宝くじの高額当選者にだけ渡される「その日から始める本」という冊子があるように、突然大金を手にしたことから、その後の人生を誤ってしまう人も多いという宝くじ。もし、本当に突然3億円が舞い込んできたら、人は変わらずにいられるのだろうか。

高橋「僕自身は変わらないと思いますけれど、劇中にもあるように、銀行の人に脅されたり、周囲の反応によって変えられてしまう人はいるかもしれません。ただ、本質的にはそんなに変わらないんじゃないかと思います」

藤原「実際、変わる人もいるんだろうけど、この映画がよくできているなと思うのは、一男が大金を得て、それを失い、大切な何かに気付いていくところ。そこが描けているので、いい映画だなと思いました」

北村「まあ、価値観が変わるのは別に悪いことではないから。人は経験を積めば考え方も変わるし、価値観も変わる。ただ、それが悪い方向に行ってしまうとダメだけど、この映画は大事なものに気付いていく話なので、そこには希望があるなと思いました」

佐藤「そうなんです。一男が変わっていく話ではなく、失ってしまった大切な何かに気づいていく話なんですよね。兄の借金を背負わされて、それが原因で家族との関係もうまくいっていなかった一男が3億円を得たことをきっかけに、お金について考えを巡らせ、いろいろな人に会いに行き、自分が何を失ってしまっていたかに気付く。だから、これは一男が何かを得る映画ではなく、何かを取り戻す物語だと思っています」(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
映画『多十郎殉愛記』高良健吾が色気のある“サムライ男子”に、伝説の監督中島貞夫20年ぶりの長編時代劇
映画『多十郎殉愛記』(たじゅうろうじゅんあいき)が、2019年4月12日(金)より全国ロードショー。“伝説の監督”中島貞夫が東映で20年ぶりの復活。高良健吾を主演に迎え、長編時代劇を描き出す。 www.fashion-press.net 高良健吾が本格的なチャンバラに挑戦、色気のある“サムライ男子“に 映画『多十郎殉愛記』は、俳優・高良健吾が初の本格的なチャンバラに挑んだ時代劇。高良健吾は、ひとたび剣を持てば強さと色気を放つ新ヒーロー“サムライ男子”を熱演する。映画『多十郎殉愛記』の舞台は幕末の京都。高良健吾演じる主人公の清川多十郎は、親の残した借金から逃げるように長州藩より脱藩して、京の都へ上洛してきた。大義も夢もなく、すべてを捨て日々を無為に過ごす毎日。 多十郎に惚れ込んだ、悲恋のヒロインは多部未華子 そんな清川多十郎の周りを取り囲むのは、2人の人物。根無し草のように生きる多十郎に不思議な魅力を感じ、その身を投げうち惚れ込んでしまう悲恋のヒロイン、おとよ。訳ありの小料理屋で女将として働くヒロイン役は、映画『あやしい彼女』『深夜食堂』に出演した多部未華子だ。多十郎の腹違いの弟・数馬役は、木村了が担当。大志を抱き京へ上り、兄の元へとやってくる若き青年役を演じる。 “伝説の監督”中島貞夫20年ぶりの復活 監督は、菅原文太「木枯らし紋次郎」シリーズ、「まむしの兄弟」シリーズ、「真田幸村の謀略」など、50年以上に渡り娯楽大作を世に送り出してきた中島貞夫。映画『多十郎殉愛記』で20年ぶりの長編時代劇復活となる。 あらすじ 幕末の京都。親の残した借金から逃げるように脱藩して風雲急を告げる京の都へ上洛してきた長州脱藩浪人・清川多十郎。大義も夢もなく日々を無為に過ごす多十郎は好意を寄せるおとよの想いに気づかない。新選組による取り締まりが強まる中、腹違いの弟・数馬が脱藩し、兄の元へとやってくる。その頃、町方からの注進で多十郎の存在を知った京都見廻組は、新選組に先んじて手柄を立てようと多十郎の捕縛に動き出す。三者三様、それぞれの想いを胸に死闘が繰り広げられる。 【作品情報】 映画『多十郎殉愛記』公開日:2019年4月12日(金)より全国ロードショー出演:高良健吾、多部未華子、木村了、永瀬正敏(特別出演)/寺島進監督:中島貞夫脚本:中島貞夫、谷慶子
ファッションプレス
映画『パパは奮闘中!』妻が突然行方不明に、残された父と子供たちの愛と絆の物語
映画『パパは奮闘中!』が、2019年4月27日(土)より新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される。 www.fashion-press.net 仕事と育児にがんばる父と子供たちの愛と絆の物語 映画『パパは奮闘中!』は、仕事と育児にがんばる父と子供たちの愛と絆を描いた感動作だ。ある日突然、愛する妻が行方不明になり、仕事や育児をひとりでこなさなければならなくなった主人公のオリヴィエ。オンライン販売の倉庫でリーダーとして働きながら、残されたふたりの子供たちの世話に追われる。慣れない育児をこなしながら、考えるのは「なぜ妻は家を出たのか。」という問い。混乱しながらも妻を探し続けるオリヴィエのもとに一通のハガキが届くと…。 第71回カンヌ国際映画祭批評家週間、出品作 映画『パパは奮闘中!』は、第71回カンヌ国際映画祭批評家週間に出品。その後、第36回トリノ国際映画祭 観客賞受賞、第26回ハンブルグ国際映画祭 批評家映画賞受賞、ベルギー版アカデミー賞といわれる2019年 ベルギー・マグリット賞作品賞、監督賞ほか7部門ノミネートされるなど、欧州を中心に注目を集めた。「生き生きとして、美しい映画。ふたりの子供たちが感動的だ」などの声も上がっている。 『タイピスト!』のロマン・デュリス出演 主人公のオリヴィエを演じるのは、『タイピスト!』『モリエール 恋こそ喜劇』のロマン・デュリス。フランスの人気俳優であるロマンの本作での演技は「キャリアの中で最高の役を見つけた」と評されるほどの注目ぶりだ。 あらすじ ある日突然、愛する妻が姿を消した。ふたりの子供たちとともに残されたオリヴィエは、オンライン販売の倉庫でリーダーとして働きながら、慣れない子供たちの世話に追われる。なぜ妻は家を出たのか。混乱しながらも妻を探し続けるオリヴィエのもとに、北部のカレーから一通のハガキが届く…。 【作品情報】 映画『パパは奮闘中!』公開日:2019年4月27日(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開監督・脚本:ギヨーム・セネズ共同脚本:ラファエル・デプレシャン出演:ロマン・デュリス、レティシア・ドッシュ、ロール・カラミー、バジル・グランバーガー、レナ・ジェラルド・ボス、ルーシー・ドゥベイ
ファッションプレス
映画のロケ地としても有名!琵琶湖を望む滋賀の寺院「三井寺」
滋賀県・大津市にある「三井寺」は、琵琶湖の南西に位置する広い境内を持つ寺院です。日本三銘鐘のひとつ「三井の晩鐘」や、数多くの映画のロケ地としても有名な「三井寺」のみどころや、一休みにぴったりなお茶屋さんをご紹介。こころ清らかな時間を過ごしてみませんか?
LeTRONC
映画『ラ・ヨローナ~泣く女~』“ホラーの天才”死霊館シリーズのジェームズ・ワンが贈る恐怖の新章
映画『ラ・ヨローナ~泣く女~』が、2019年5月全国ロードショー。『死霊館』シリーズのジェームズ・ワン製作作品となる。 www.fashion-press.net “ホラーの天才”ジェームズ・ワンが贈る恐怖の新章 世界興行収入累計1500億円を超える『死霊館』シリーズを世に贈り出した、“ホラーの天才”ジェームズ・ワン。“ホラーフランチャイズの産みの親”との愛称を持つ、ジェームズ・ワンが新作で着目したのは、伝説の怪談『ラ・ヨローナ』だ。 古くから中南米に伝わる呪われた存在「ヨローナ」 ヨローナとは、古くから中南米に伝わる呪われた存在。かつて愛する夫が浮気をしたことにより嫉妬に狂った女は、夫が世界で一番愛する我が子を溺死させてしまう。その後悔から女は嘆き苦しみ、遂には正気を失って自ら川に身を投げ、呪いとなってこの世を彷徨う存在に。亡くした我が子を取り戻すように子どもたちだけを狙い、子をさらっていくヨローナ。さらう時には、必ずヨローナの泣き声が聞こえるのだ…。 映画『ラ・ヨローナ~泣く女~』の舞台は、1970年代のロサンゼルス。とある母親が子どもの危機を察知し、助けを求めるが、主人公のアンナはそれを無視してしまう。ここからアンナとヨローナの物語がはじまり、アンナの子どもたちが狙われることに。“絶対に彼女の泣き声を聞いてはいけない。”果たして、執拗で残酷なヨローナの恐怖から家族は逃げ延びることができるのか…。 “本当に恐い”ジェームズ・ワン絶賛のマイケル・チャベス監督 監督は「彼の演出は本当に恐い」とジェームズ・ワンが明言するマイケル・チャベス。『死霊館』第3弾の監督もつとめた実力派だ。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の脚本を手掛けたゲイリー・ドーベルマンも、ジェームズ・ワンとともに製作を担当。 主演は、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のリンダ・カデリーニ。ヨローナの恐怖を体感する、主人公アンナ役を務める。彼女の子どもエイプリルとクリス役には『アメリカン・スナイパー』のマデリン・マクグロウ、新人のローマン・クリストウが抜擢された。 あらすじ 1970 年代のロサンゼルス。とある母親がソーシャルワーカーのアンナに助けを求める。子どもたちが危険にさらされているというのだが、アンナはそれを無視してしまう。しかし、これはヨローナの呪い。彼女の泣き声を聞いた子どもは必ず連れ去られてしまう。アンナはシングルマザーで大切な子どもたちがいた。エイプリルとクリスだ。ヨローナは次にアンの子どもたちを連れ去ろうと狙いを定める。執拗で残酷なヨローナの呪いはとめることができず助けを求めていたところに、信仰心を捨てようとしていた神父が現れ、最悪の呪いと対峙するのだが…。 【作品情報】 映画『ラ・ヨローナ~泣く女~』公開時期:2019年5月監督:マイケル・チャベス製作:ジェームズ・ワン、ゲイリー・ドーベルマン出演:リンダ・カデリーニ、マデリン・マクグロウ、ローマン・クリストウ、レイモンド・クルツ、パトリシア・ベラスケス ほか配給:ワーナー・ブラザース映画
ファッションプレス
映画『ビリーブ 未来への大逆転』フェリシティ・ジョーンズ主演、時代を変えた女性弁護士の感動実話
フェリシティ・ジョーンズ主演の最新作、映画『ビリーブ 未来への大逆転』が2019年3月22日(金)よりTOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー。 www.fashion-press.net 1970年代アメリカ、時代を変えた1人の女性弁護士の実話 映画『ビリーブ 未来への大逆転』は、1970年代、アメリカのまだ女性の社会進出が進んでいなかった時代に、その活路を開いた女性弁護士の雄姿を描くストーリー。法の専門家たちに「100%負ける」と断言された裁判に挑み、驚きの大逆転を成し遂げた、爽快な感動実話をもとにしている。 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のフェリシティ・ジョーンズが主演 主演は、『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞主演女優賞ノミネート、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でも主演を務めたフェリシティ・ジョーンズ。彼女が演じるのは、史上2人目の女性最高裁判事に任命され、今なお、最高齢の85歳で現役判事として活躍しているスーパーヒーロー的存在のルース・ギンズバーグだ。現在、アメリカでは最も尊敬される女性のひとりとして名も挙がる人物。母でもある彼女の、普通の女性として、そして決して諦めない不屈の精神を持った女性弁護士として生きた彼女の若かりし弁護士時代が、フェリシティによってスクリーンに蘇る。 ルースの夫、マーティには『君の名前で僕を呼んで』のアーミー・ハマーが起用された。男性は働くことが主流で、専業主夫になれなかった当時、彼女を信じ、支え続けた献身的な旦那に扮する。さらに、『ミザリー』のキャシー・ベイツは、ルースが協力を求める伝説の弁護士役として登場する。 監督は『ディープ・インパクト』のミミ・レダー。逆境をバネに、権力に立ち向かうルースの逆転劇を爽快に、そして感動的に描いていく。 ストーリー 貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグは、「すべてに疑問を持て」という亡き母の言葉を胸に努力を重ね、名門ハーバード法科大学院に入学する。1956年当時、500人の生徒のうち女性は9人で、女子トイレすらなかった。家事も育児も分担する夫のマーティの協力のもと首席で卒業するが、女だからというだけで雇ってくれる法律事務所はなかった。やむなく大学教授になったルースは、70年代になってさらに男女平等の講義に力を入れる。それでも弁護士の夢を捨てられないルースに、マーティがある訴訟の記録を見せる。ルースはその訴訟が、歴史を変える裁判になることを信じ、自ら弁護を買って出るのだが──。 【詳細】『ビリーブ 未来への大逆転』公開日:2019年3月22日(金)よりTOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー監督:ミミ・レダー出演:フェリシティ・ジョーンズ、アーミー・ハマー、キャシー・ベイツ主題歌:KESHA「Here Comes The Change」原題:ON THE BASIS OFSEX/2018年/アメリカ
ファッションプレス
映画 「マスカレード・ホテル」出演! 長澤まさみさんにインタビュー
■ ホテル自体を楽しむことがすごく好きなんです 連続殺人事件の犯人を見つけるためにホテルに潜入捜査に入った刑事・新田浩介...
ウォーカープラス
中島美嘉、映画「雪の華」への思いを語る『きっと共感していただける…』
2月1日(金)公開の映画「雪の華」で、主題歌を歌う中島美嘉からコメントが到着。合わせて30秒の新予告編映像が公開された。...
ザテレビジョン
大阪通の貫地谷しほりがAKIRAに勧めた大阪のうまいもんとは? 映画「この道」大阪舞台挨拶
稀代の天才詩人・北原白秋の半生を、秀才音楽家・山田耕筰との友情と白秋を取り巻く様々な人物とともに描いた映画「この道」。北...
ウォーカープラス
双子座は、意外と恋を引きずるタイプ?映画『ゴースト』に学ぶ運命の恋 【12星座別ヒロイン度診断】vol.18
「どうせ私なんて…」こんな言葉で自分に呪いをかけていませんか?自分をダメだなんて決めつけないで!あなたにも、映画の中のヒロインのような輝く魅力が眠っているんです…
cocoloni PROLO
映画の世界に没入!「ピクサー・プレイタイム」デコレーション2019
東京ディズニーシーで2019年1月11日(金)~3月25日(月)まで開催される「ピクサー・プレイタイム」。大人気のピクサー作品をモチーフにしたショーや、期間限定フードなどが登場します。今回は、パークをカラフルに彩るデコレーションやフォトロケーションについてご紹介します。
LeTRONC
ゴールデン・グローブ主演女優賞受賞! 名優陣の妙味が光る心理サスペンス!<連載/ウワサの映画 Vol.68>
1月6日(現地時間)に発表となったゴールデン・グローブ賞で、実力派グレン・クローズが主演女優賞をゲットした「天才作家の妻...
ウォーカープラス
「トーキョーノーザンライツフェスティバル」渋谷で、北欧映画など15作品を上映『かもめ食堂』も
「トーキョーノーザンライツフェスティバル 2019」が、東京・渋谷のユーロスペースにて、2019年2月9日(土)から15日(金)まで開催される。 www.fashion-press.net 「トーキョーノーザンライツフェスティバル」は、選りすぐりの北欧映画などを上映するイベント。2019年は、そのほとんどが日本初上映、劇場未公開作品の全15作品を上映。北欧映画を存分に堪能できる貴重な機会となっている。 注目は"フィンランド"にスポットを当てた「FOCUS ON FINLAND」特集。公開から10年以上経った今でも人気を誇る『かもめ食堂』を35㎜フィルムで上映する。ヘルシンキの街角にオープンした「かもめ食堂」を舞台に、3人の日本人女性と町の人々のちょっぴり奇妙で、じんわりと幸せな日常を描いた名作で、邦画初のオールフィンランドロケを敢行した作品としても知られている。 現代スウェーデン映画を代表するガブリエラ・ピッシュレル監督特集では、スウェーデン・アカデミー(グルドバッゲ)賞主要4部門を受賞した2013年の長編デビュー作『イート・スリープ・ダイ』を上映。父親の世話をしながら食品工場で働くラーシャは、突然解雇対象に選ばれてしまう。ゆとりがない生活の中、仕事探しの日々が始まるが…。クロアチア移民二世を主人公に据えて差別や格差問題を描き、単純化できない社会構造を浮き彫りにしていく。 その他にも、ノルウェーで異彩を放つ、電子音楽家、グラフィックデザイナーとしても活躍するキム・ヨーソイや、小説家、司書の肩書も持つダーグ・ヨハン・ハウゲルードの2人の作家に注目し、それぞれの長編デビュー作を上映。 キム・ヨーソイによる『ルールズ・フォー・エヴリシング』は、実験精神溢れる野心作。10歳のストームは「万物には法則がある」と世界を俯瞰して眺める。父親の突然の死を経験し、人生そのものも見えない糸に操られてるのかもしれないと思い始めた彼女。ひとりの少女の哲学が、臨場感のあるサウンドに合わせて囁かれていく。 【開催概要】 トーキョーノーザンライツフェスティバル 2019 会期:2019年2月9日(土)~15日(金) 会場:ユーロスペース(東京都渋谷区円山町1-5) ■チケット情報 ・特別先行販売 価格:1,300円 販売期間:1月12日(土)~1月25日(金) 販売場所:ユーロスペース公式ウェブサイトのみ ※各回全席指定、50席限定 ・特別先行販売期間以降 価格:一般 1,500円/学生・シニア・ユーロスペース会員 1,200円 販売時期:上映3日前より 販売場所:ユーロスペース公式ウェブサイト、劇場窓口 ※ユーロスペースの火曜日サービスデー1,200円が適用される。
ファッションプレス
玉城ティナの魅力炸裂!岡崎京子作品を実写化した映画を語る
カリスマ的な人気を誇る岡崎京子の短編漫画が原作の『チワワちゃん』が映画化。“チワワ”の親友役を演じるのは、モデル・女優として活躍する玉城ティナさ...
GINGERweb
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理