1. トップ
  2. ファッション
  3. ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン 2019年春夏コレクション - ロックに潜むロマンティック

ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン 2019年春夏コレクション - ロックに潜むロマンティック

  • 2018.10.3
  • 1625 views

ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン 2019年春夏コレクション - ロックに潜むロマンティック

ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン(JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS)の2019年春夏ウィメンズコレクションが、フランス・パリで発表された。

undefined
www.fashion-press.net

ファーストルックは、満開の花のようなドレス。ふわっと360度広がったスカート部分は、中に白いチュチュを仕込むことでドラマティックな表情になっている。エレガントで女性らしい、しかし素材はフェミニニティとは遠い存在のデニム。裂かれ継ぎはぎされ、華やかな世界に強いインパクトを投じる。

ロックの中で見つけるロマンチシズム

今シーズンは、本来出会うはずのないロックとロマンティックという2つの要素が、運命的に出会い、恋に落ちるように溶け合っていく。ロマンティックを表現するのは、ウエディングドレスの技術を使って作り上げたドレスで、そこにデニム生地やワークウェア、デイウエアをミックスすることで、ロックな精神を表現する。

ヴィンテージ風に仕上げたオリジナルデニム

デニムは全てオリジナルで仕上げた。ヴィンテージ風にみえるものも、全てストーンウォッシュ、ケミカルウォッシュなど洗いの方法を変えて作り上げている。パッチワークした端のほつれも一つひとつ細かく作り出し、横糸だけを残して内側にレースやチェック柄のテキスタイルを差し込んだパーツなどもある。

ワークウェアとドレスの出会い

オーバーオールは、シルクプリントのプリーツスカートやレースのスリップドレスとドッキングされた。サイドから見ると男性的なワークウェアであるのに、逆サイドから見るとフェミニンなスタイルだ。フレアシルエットのドレスは解体され、スカートの後ろ部分をカットオフ。トップスは白T、中にはデニムパンツを仕込んで、前からみるとドレス後ろから見るとラフなスタイルと意外性のある表情をつくっている。

曖昧な境目

デニムワンピースとボーダーのTシャツワンピースは、両者の境目が曖昧だ。テキスタイルが前に後ろに右に左に、複雑に交差してそのシルエットを作り上げている。また、シューズは今季もバッファローボブズ(BUFFALO BOBS)とリーボック(Reebok)とコラボレーション。バッファローとのシューズは“超厚底”になっていてボリューム満点だ。

元記事で読む