佐藤健「大阪のおばちゃんと世界一周に行きます!」 映画『億男』大阪特別試写会

「お金」をテーマに個性豊かな億万長者たちと主人公が向き合う姿を描く映画『億男』。10月19日(金)公開の本作を記念して、その特別試写会が10月2日(火)大阪TOHOシネマズ梅田で行われた。

【画像】3億円の現金を前にただただ重みを噛み締める2人 (C)2018映画「億男」製作委員会

映画『億男』の特別試写会が大阪で行われた
(C)2018映画「億男」製作委員会

サプライズで一男役の佐藤健と九十九役の高橋一生が登場し、観客から悲鳴にも似た大歓声が沸き起こった。

サプライズで登場する佐藤健、高橋一生に大歓声が起こる
(C)2018映画「億男」製作委員会

映画『億男』は2015年に本屋大賞にノミネートされ累計76万部を突破した川村元気原作の同名小説の映画化作品。宝くじで当選し3億円を手にする一男は急な大金に困り、大学時代の友人で成功し億万長者となっている九十九に助けを求める。親友との再会もつかの間、九十九は3億円と共に姿を消してしまう。一男はお金と親友の行方を求めて、クセ者ぞろいの億万長者に会いに行くストーリー。

3億円の現金を前にただただ重みを噛み締める2人
(C)2018映画「億男」製作委員会

佐藤が「この作品が少しでも『お金』や『幸せ』に関して考えるきっかけになると嬉しい」と呼びかける本作。劇中で一男が3億円を当選することにちなんで、本物の現金3億円が会場に用意された。ガードマンに厳重に運び込まれた1千万の塊が30個の大金を前に、2人は「おー、本物の3億円ですね」と興奮しつつも無言で3億円をジェンガのように積み上げ、その重みを噛み締めた。

大阪のオバチャンユニット『オバチャーン』が大暴走
(C)2018映画「億男」製作委員会

そしてこの日には「これぞ大阪人」という大阪の代名詞、大阪のオバチャンユニット『オバチャーン』も登場。オバチャーンは佐藤、高橋を目の前にトキメキが隠せず大暴れ、2人に近づこうとするも3億円に触れると勘違いされガードマンに注意を受ける一幕も。

「3億円あったらどうするか?」と尋ねられた佐藤は「すぐに一生さんに相談に行きます」と答え、高橋も「健くんが相談に来たら、3億円を下ろしてきてもらって、朝まで飲んで、最後は持ち逃げします」と映画の展開と同じ回答をして会場を沸かせた。しかし、オバチャーンから「3億円で私と一緒に世界一周旅行して~~~!」と熱烈なラブコールを受けて、圧倒された佐藤は「3億円あったら…大阪のおばちゃんと一緒に世界一周に行きたいです」と回答を変更することになった。(関西ウォーカー・桜井賢太郎)

提供元: ウォーカープラスの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
映画『来る』×ひらかたパーク!コラボレーション企画開催決定
大阪府・枚方市にあるテーマパーク「ひらかたパーク」にて、2018年12月1日(土)~2019年1月6日(日)の期間、映画『来る』とのコラボレーション企画を開催します。映画「来る」をさらに楽しむイベントや展示が満載です!
LeTRONC
杉咲花・新田真剣佑らが共演!映画『十二人の死にたい子どもたち』
堤幸彦さんが監督を務める映画『十二人の死にたい子どもたち』が、2019年1月25日(金)に公開されます。主要キャストに杉咲花さん、新田真剣佑さん、北村匠海さんなど新進気鋭の俳優陣が登場。12人の未成年たちが廃病院を舞台に繰り広げる新感覚・密室サスペンス映画です。
LeTRONC
映画『モンスターハンター』主演ミラ・ジョヴォヴィッチ×監督ポールWSアンダーソンでハリウッド実写化
カプコンの人気ゲーム「モンスターハンター」シリーズの世界観を基にしたハリウッド実写映画の公開が決定。 www.fashion-press.net 「モンスターハンター」がハリウッドで実写映画化 原作の「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲーム。2004年に誕生した第1作目「モンスターハンター」から、2018年1月に発売された最新作「モンスターハンター:ワールド」までの累計販売本数が5,000万本を超える大ヒットシリーズだ。 映画『バイオハザード』のポール・W・S・アンダーソン 監督・脚本を務めるのは、映画『バイオハザード』シリーズで知られるポール・W・S・アンダーソン。異なる世界出身の2人の主人公が、協力して強大なモンスターと対峙する物語を描くという。また、同シリーズでアンダーソン監督とタッグを組んだコンスタンティン・フィルムが制作を担当する。 主演ミラ・ジョヴォヴィッチ 主人公アルテミス役を務めるのは、映画『バイオハザード』シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ。また、アルテミスが迷い込んだ異世界で出会うもう1人の主人公ハンター役を、タイのアクション俳優トニー・ジャーが演じる。 「モンハンワールド」の武器&防具を再現?初の公式ビジュアル 日本時間の2018年11月21日(水)には、主人公2人を写した初の公式ビジュアルが公開。異なる世界の2人が出会うという、映画ならではの設定がストーリーに加えられている一方、このビジュアルではハンターが「モンスターハンター:ワールド」で使用出来る大剣「オオアギト」を忠実に再現した武器や、シーカーシリーズのような見た目の防具を装備した姿が確認出来る。 作品情報 映画『モンスターハンター』公開時期:未定監督・脚本:ポール・W・S・アンダーソン出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、トニー・ジャー
ファッションプレス
映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』劇場版アニメーション3部作の公開が決定
『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の劇場版アニメーション3部作の公開が決定。2018年11月21日(水)に開催された「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」にて正式に発表された。 www.fashion-press.net 同作は、『機動戦士ガンダム』の生みの親として知られる富野由悠季が1989年から1990年にかけて全3巻で発表した小説。劇場版アニメーション『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』および小説『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』における「第二次ネオ・ジオン抗争」の後の世界を舞台に、ブライト・ノアの息子であるハサウェイ・ノアの戦いを描いた作品だ。 これまで多数のゲーム作品に登場しているほか、プラモデルやフィギュアで主役モビルスーツが立体化されるなどその人気は根強く、ファンからのアニメーション化を望む声も少なくなかった。今回は、2018年11月30日(金)に公開が予定されている新作映画『機動戦士ガンダム NT(ナラティブ)』に続く、宇宙世紀“次の100年”を描くサンライズのプロジェクト「UC NexT 0100」第2弾作品としてアニメーション化が実現する。 「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」での発表によると既に制作が進められており、前述の『機動戦士ガンダムNT』の劇場公開では予告トレーラーが公開されるとのこと。スタッフやキャストの詳細については、続報を待ちたい。 【作品情報】 劇場版アニメーション『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』3部作 公開時期:未定 原作:富野由悠季『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』(角川スニーカー文庫) ©創通・サンライズ
ファッションプレス
映画「レディ in ホワイト」主演! 吉本実憂さんにインタビュー
■ “主演”なので責任感をもって臨まないといけないと思った 11/23㊗に公開される映画「レディin ホワイト」で主演を...
ウォーカープラス
映画「ニート・ニート・ニート」に出演の安井謙太郎らが北海道ロケの思い出を語り合う!
総移動距離3300㎞超、北海道の大自然でロケをした青春ロードムービー「ニート・ニート・ニート」が11/23(金)に公開。...
ザテレビジョン
土屋太鳳は嘘がつけない!? 土屋&小関裕太が映画『春待つ僕ら』公開前に大阪でFMラジオの公開収録に出演
12月14日(金)に公開予定の映画『春待つ僕ら』。その公開に先立ち、11月20日(火)に大阪のあべのキューズモールで行わ...
ウォーカープラス
狂気に目覚めていく主人公が衝撃の映画「銃」! 主演・村上虹郎が撮影の日々を振り返る
「悪と仮面のルール」や「去年の冬、きみと別れ」など話題作を発表し続ける芥川賞作家・中村文則の処女作「銃」が待望の実写映...
ウォーカープラス
心に染みる一本 映画『おかえり、ブルゴーニュへ』の見どころをチェック
GINGERweb読者の皆さま、こんにちは。映画ライターの古川ケイです。本日皆さまにご紹介したいのは、フランス・ブルゴーニュのワイナリーに生まれ...
GINGERweb
映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」で太賀が母親から愛されなかった青年を熱演! モデルがいる役は「想像力との勝負」
拒絶されても母親への愛を諦めなかった青年が起こした奇跡を描いた感動作「母さんがどんなに僕を嫌いでも」。主演を務めるのは...
ウォーカープラス
約200点の貴重なセル画がずらり!ジブリ美術館「映画を塗る仕事」展スタート
三鷹の森ジブリ美術館で11月17日、新企画展示「映画を塗る仕事」展がスタートした。高畑勲監督、宮崎駿監督が目指した豊かな...
ウォーカープラス
映画+散策で渋谷を楽しみ尽くす、ミニマップが配布開始。
シネコンだけでなく、個性あふれるミニシアターが点在する映画の街、渋谷。その渋谷のミニシアター7館のスタッフが、映画鑑賞と併せておすすめしたい渋谷のアドレスを紹介するマップ「渋谷ミニシアター手帖」(無料...
madame FIGARO.jp
映画『WALKING MAN』ラッパーANARCHY初監督×主演・野村周平、半自伝的な青春物語
ラッパーのANARCHY(アナーキー)が初監督を務める映画『WALKING MAN』の製作が決定。主演に野村周平を迎え、2019年に公開される。 www.fashion-press.net ラッパーANARCHYが初監督、主演に野村周平 日本を代表するラッパーANARCHY(アナーキー)が初めて映画監督を務める本作。普段からANRCHYと親交の深い野村周平が主演、『スカイハイ』や『SIDOOH/士道』などで知られる漫画家の高橋ツトムが企画プロデュース、ドラマ「民衆の敵」の梶原阿貴が脚本と、ボーダーレスなチームで完全オリジナル作品に挑む。 ラップを題材にした半自伝的な青春物語 野村周平が演じる主人公アトムは、極貧の母子家庭で育ち、幼い頃から吃音症でコミュ障、さらに事故で重症の母親を抱え、思春期の妹を放っておけないという気弱で心優しき青年。不用品回収業のアルバイトで生計を立てる彼がラップと出会い、バカにされながらも、最底辺の生活から抜け出すべく奮闘し成長を遂げていく青春物語だ。監督のANARCHY自身の実体験も盛り込まれており、半自伝的な作品にもなっている。 ANARCHY「『ありがとう』『愛してる』口から出して伝えたくなるような作品に」 監督のANARCHYは本作の製作にあたって、次のようにコメントを残している。「僕はラッパーです。25歳の頃から描いていた夢の一つが、35歳になったら映画を撮る事でした。僕はミュージシャンですが、映画は目で見て耳で聴く、究極のアートだと思っています。いきなり素人が映画監督?そう思う人は沢山いると思います。ただ自分の感覚だけを信じて今までやってきました。慣習にとらわれず、今までになかった「リアルな現実、ヒップホップ、ラップ」を題材にした、現代の若者達の心を突き動かす物が作りたいと思い、まず漫画家の高橋ツトム先生に相談したのが始まりです。僕が表現したい事をギッシリつめるのに2年間かかりました。そして最高の本ができ、最高のキャスト・スタッフが集まってくれたと思ってます。主演は野村周平君にオファーしました。この映画ではリアルなストリート感を表現したく、演じるだけではできない、元々彼の中にあるものを引き出せば良いものが撮れると確信しています。主人公のアトムは若くして父親を亡くし、母と妹の三人で暮らし、けして裕福ではない普通の家族の普通の男の子です。上手に話すこともできない内気な1人の少年が劇中で一台のウォークマンと出会い、何かが変わっていく、人生の葛藤を描いた青春ストーリーです。この映画を通して若者達が一歩踏み出す勇気が持てる映画にしたいです。多くの人達が心にしまっている言葉「ありがとう」「愛してる」口から出して伝えたくなるような作品になると思っています」 作品情報 映画『WALKING MAN』公開時期:2019年主演:野村周平監督:ANARCHY(アナーキー)©2019 映画「WALKING MAN」製作委員会
ファッションプレス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理