1. トップ
  2. グルメ
  3. 淡路島産にこだわり!「洋食酒場MARUWA」のチキン南蛮がジューシーさ&優しさ満点

淡路島産にこだわり!「洋食酒場MARUWA」のチキン南蛮がジューシーさ&優しさ満点

  • 2018.10.3
  • 446 views

淡路島出身の山本ファミリーによる、イタリアンをはじめとした洋風メニューが楽しめる洋食酒場MARUWA。タマネギなどの新鮮な野菜や、肉、魚といった島産の食材をメインに使用し、ランチのほかディナーも定食メニューを用意。<※情報は関西ウォーカー(2018年9月25日発売号)より>

【写真をみる】洋食をベースにしたディナーメニューにも注目/洋食酒場MARUWA

「淡路鶏の持ち味を際立たせ、ジューシーで柔らかです!」(安藤)

淡路鶏のカツの、モチッとした肉の食感が秀逸な淡路島のチキン南蛮(900円)/洋食酒場MARUWA
KADOKAWA

卵たっぷりのタルタルソースと、島のレモンとタマネギで作る自家製甘酢で箸が進む。

淡路島の契約農家から取り寄せるタマネギ/洋食酒場MARUWA
KADOKAWA

鶏肉を柔らかくするほか、サラダをはじめ多彩な料理に大活躍。

【食のプロが推薦!】「いわゆるガッツリメニューのイメージがあるチキン南蛮ですが、こちらは非常に柔らかくジューシーで、とても優しい味わい。島のレモンを使った自家製甘酢の効果もあって、揚げ物なのにあと味の軽やかさも印象的で、しばらくハマっていましたね(笑)。淡路島をコンセプトにされているだけあり、添えられたサラダにも島産の野菜がたっぷりと盛られ、体に優しいのもうれしい」と、神戸の豚まんで知られる老舗、三宮一貫楼の常務取締役を務める安藤孝志さん。

「淡路鶏はタマネギに漬け込んで肉質を柔らかくしているのがこだわり。チキン南蛮をトマトやタマネギ、バジルなどの自家製ソースで味わう魔法のチキン南蛮(1300円 ※ご飯、スープ付き)もぜひ」と、店長の山本恵美理さん。

【写真をみる】洋食をベースにしたディナーメニューにも注目/洋食酒場MARUWA
KADOKAWA

タマネギの甘味と数種のチーズのコクにハチミツを合わせた玉葱たっぷりのオニオンPIZZA(1280円 ※写真)や、オニオンリングタワー(680円)などのタマネギ料理はマスト。また、淡路牛のステーキ(1900円)やビフカツ(2000円)などの肉料理から淡路タコを使った島カルパッチョ(1280円)まで、島尽くしのラインナップだ。

淡路島出身の山本ファミリーが、地元のコネクションで多彩な食材を調達/洋食酒場MARUWA
KADOKAWA
ポップな店内にはカウンター席も/洋食酒場MARUWA
KADOKAWA

■定食DATA/提供時間:11:30~14:30(LO14:00) おかわり:+50円でご飯食べ放題に(日曜祝日不可) ほか定食メニュー:手作りハンバーグ(950円)など全9種

■洋食酒場MARUWA<住所:兵庫県神戸市中央区栄町通5-1-9 栄町ダイヤハイツ1F 電話:078-335-8430 時間:11:30~14:30、17:30~22:30(LO各30分前) 休み:木曜 座席:32席 タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:地下鉄みなと元町駅より徒歩3分>(関西ウォーカー・関西ウォーカー編集部)

元記事を読む