発達障害児の子育て「後回しになりがちな“きょうだい児”ケア」どうすれば?



「発達障害の子に手がかかって、きょうだいに我慢を強いているのではないか?」「障害のあるなしに関わらず、きょうだいで平等に扱わなければいけないのに、それができてない」など。発達障害児と健常児のきょうだいを持つお母さんで、健常児のきょうだいとの関係に悩んでいるお話を時々耳に挟みます。

発達障害児の子育てでは、発達障害児とお母さんにスポットが当たることが多いのですが、最も近しい存在である、発達障害児のきょうだいはどう感じているのか? また、きょうだいへの対応はどうしたらいいのか?

きょうだい児(=病気や障害を持った子のきょうだいのこと)について考えるべく、法人マーブル代表・国沢真弓さんにお話をうかがいました。国沢さんは、健常児の娘と自閉症の息子、2人のお子さんのお母さんでもあり、ご自身の経験やさまざまな相談事例をもとにお話してくださいました。




■発達障害児よりも難しい?「きょうだい児の対応」

――今回は、発達障害児への対応法ではなく、発達障害児をきょうだいに持つ、きょうだい児の対応法についてお伺いしたいと思います。

国沢真弓さん(以下、国沢さん):発達障害児については、その子の特性がわかれば、ある程度、接し方のコツを学ぶこともできるのですが、きょうだい児の場合はそう簡単にはいきません。

きょうだい児のタイプ、発達障害児のタイプ、きょうだい児の性別・順序・年齢差・人数、友人関係、両親の性格、家庭環境などで対応もガラリと変わるので、むしろ、発達障害児への対応よりも難しさがあるかもしれません。どんなお子さんにも効く「魔法の杖」のような回答はないという前提で、私の経験や相談事例などをもとにお話させていただければと思います。

――本当、その通りだと思います。ただ、それでも、きょうだい児について共通に浮かび上がってくる課題のようなものがあるようにも感じます。例えば、私の周囲では「発達障害児に手がかかり、きょうだい児に我慢を強いてしまっているのでは?」と、お母さんがきょうだい児に罪悪感を持ってしまうことが多いように感じています。

国沢さん:そのように感じてしまうお母さんは多いと思います。こういうお悩みは、きっと専門家に相談すると、「きょうだい児とだけの時間を持つようにしてください」とか「きょうだい児に『あなたのこともちゃんと見ているよ』というメッセージをしっかり伝えてください」などとアドバイスをされると思います。

もちろん、そのアドバイスは正しいですし、私も同じように思います。ただ、お母さんの立場を考えると、少し心配な思いもあります。

――心配な思いというのは?

国沢さん:お母さんの課題がどんどん山積みになってしまうという点です。発達障害児の子育てだけでも、専門家などから「こうした方が良い」という課題で日々大変なのに、きょうだい児の子育てまで専門家からアドバイスをもらうことで、山積みの課題を前に疲れ果ててしまう…。

「そうした方が良い」と頭ではわかっていても、お母さんも一日24時間しかない。

これは私も経験ずみなのでよくわかるのですが(苦笑)、「あれもやらなくちゃ、これもやらなくちゃ」と奮闘し過ぎて、燃え尽きてしまうお母さんも少なくないのです。

――確かに、日々の忙しい暮らしの中で、専門家のアドバイスを忠実に実践していくのはなかなか簡単ではありませんよね。

国沢さん:たとえ時間が取れなくても、「あなたの〇〇なところがすごい良いと思うよ」とか「いつも〇〇してくれてありがとう。すごく助かっているよ」などと、きょうだい児の存在意義や感謝の気持ちを言葉や態度で伝えることだけでもずいぶん違ってくると思います。

また、「ママが時間とれたらどこに行きたい?」と、きょうだい児の希望を3つくらい聞いて書きとめておき、時間がある時に実践するのもおすすめです。この時、書きとめておく姿をきょうだい児に見せることがポイント。お母さんは聞き流さず、ちゃんと気にしていることが伝わると思います。

そして、お母さんの「時間」と「気力」と「経済面」などがすべてOKになった時に、「ずっと待たせてごめんね! 今日この3つの中で〇〇だったら行けるかも!」と誘ってみてはどうでしょう?

――課題の山に追いたてられるのではなく、「時間がある時に実践する」くらいのゆるさが必要ということですね?

国沢さん:きょうだい児のケアはもちろん必要ですが、お母さんが余裕のないなか無理して時間を取ると、敏感なきょうだい児は「お母さん、本当に楽しんでいるのかな?」「休みたいんじゃないのかな?」と気にしてしまう子もいるようです。

きょうだい児のケアと同じく、お母さん自身も「自分の時間」をとって、自分をケアし、ねぎらってあげることも必要です。そして、そのことに罪悪感を持たないこと! 頑張っている自分にご褒美をあげるつもりでいいと思いますよ(笑)。

また、最初は難しいかもしれませんが、障害がわかってから何年か経っていくと、専門家や周囲のアドバイスのいいとこ取りができるようになり、自然ときょうだい児との時間も取りやすくなってくると思います。

そして、きょうだい児もいろいろな意味で成長して、また違った関係性になっていくのだと思います。




■きょうだいの発達障害「友だちにからかわれた」親はどうする?



――国沢さんは自閉症の息子さんの5歳上に健常のお姉さん(現在は成人)がいますが、お姉さんが子どもの頃はどんな風に感じていたのでしょう?

国沢さん:今回、きょうだい児の取材を受けるうえで、娘の意見も聞いてみました。娘によると、そもそも「きょうだい児に我慢させている」なんて思わないでほしいとのこと。そう思われるのは、自分の存在が負担になっているようでイヤだと言われました。

――お母さんが罪悪感を持つこと自体が、子どもにとって負担になるということですね?

国沢さん:娘が8歳の頃、よその人から「お姉ちゃんは弟君に障害があって大変だね。お姉ちゃんはいっぱい我慢していてえらいね」と言われたことがあります。その時、娘は「我慢しているとか、そういう言い方はしないでください。私はかわいそうな子じゃないから」と言って、相手をドン引きさせたことがあります(汗)。

きっと、相手は親切心から言ってくださったのだと思いますが、娘にとって、こういった言われ方は、自分が哀れに思われているようで、イヤだったそうです。

――頼もしいですね(笑)。そんなしっかり者のお姉ちゃんでも、つらかった時はあったのでしょうか?

国沢さん:娘が子どもの頃、一番つらかったのは、弟がパニックになっている時だったそうです。お父さんとお母さんが弟のパニックをおさめるために集中していて、周囲の人が冷たい目で見ているのに、自分はなにもできずに傍観者となっている時。成長して、一緒に弟のパニックを抑える側になってからは、楽になったと言っていました。

ちなみに、娘の方が息子のパニックを収めるのは、私より上手かもしれません(笑)。社会人になった娘は今、「弟のおかげで、私はリスク管理能力が半端ないほど身についた」と自負していましたよ。強い…(笑)。

――自分が協力者側になってから、つらい思いがなくなったのですね?

国沢さん:きょうだい児について、たくさんの相談を受けてきた中で感じたことがあります。きょうだい児には、私の娘と同様、気持ちが強いタイプと、ナイーブなタイプと、2パターンあるということです。

ナイーブなお子さんの場合、例えば、発達障害児のきょうだいのことを、お友だちにからかわれたことがきっかけになり、学校に行きづらくなったり…。あるいは、「お母さんに甘えたい」という思いを伝えられず悩んでいたことが、あとでわかる…といった相談もよく聞きます。

――発達障害児のきょうだいのことをお友だちにからかわれてしまった時などは、親はどう対処したらいいのでしょう?

国沢さん:娘も、学校でお友だちに弟のことをからかわれて、泣いて帰ってきたことがあります。入学式のシーンとした状況で、弟が大きな声で歌ってしまって、お友だちから「おまえの弟うるさかった」と言われてしまって。

私の場合は、その日の夕方、娘の担任の先生にお話しに行きました。先生への伝え方で気をつけたのは、まず、お友だちが言ったことは事実なので、その子を責めるつもりではないということ。

ただ、セレモニーなどで緊張すると大きな声を出してしまう子がいるということ、また、たとえ事実だとしても指摘されるときょうだい児は悲しく思うこともある、ということをわかってもらえたら…と伝えました。

――わが子を守るためと思うと、親はついヒートアップしてしまいがちですが、非常に冷静であたたかい対応ですね。

国沢さん:余談ですが、娘が泣いたのは、言い返せなかった自分に腹が立ったからだそうです。その後も、同じ学校の支援学級にいる弟のことで、時々からかわれることがあったようですが、たくましく言い返していましたよ(笑)。

――頼もしいですね(笑)。でも、お姉ちゃんのように言い返すことができない子はどうしたらいいのでしょう?

国沢さん:ひとつの方法として、「きょうだい児の会(きょうだい児を支援するための団体)」に参加してみることをおすすめします。同じような立場のきょうだい児と出会って話をすることで、なんらかの解決法が見えてくるかもしれません。

「自分だけじゃない」と孤立感を減らしたり、「自分の気持ちを素直に言っていいんだ」と思えるようになったり、そういった経験の中で「感情表現」のスキルを磨いたり、日常生活の工夫を学んだり…そうしているうちにプクプクと浮上してくる子もいます。

また、障害児がいると普段は行きにくいようなアミューズメントパークなどに連れて行ってもらうなど、きょうだい児の体験不足を補う活動をしているところもあります。




■発達障害児のこと「きょうだい児になんと説明したらいい?」



――きょうだい児が小学生くらいになると、自分のきょうだい(発達障害児)について疑問に思うことも出てくると思うのですが、親はどう説明したらいいのでしょう?

国沢さん:わが家には子ども向けの専門書もたくさんあったのですが、そういった学説が文字で書かれたものより、娘は、『光とともに…』(自閉症児の育児を描いた漫画。全15巻。戸部けいこ著/秋田書店)という漫画が一番わかりやすかったと言っていました。

ヒカル君という人物像や日常生活での困りごと、パニック時の突飛な行動、お父さんとお母さんの苦労、周囲の人たちの言動など、発達障害の特徴を抽出して説明するような専門書と違い、発達障害児を取り巻く生活全般がつかめて、すごくわかりやすかったみたいです。

また、小さい頃は、発達障害児の苦手な部分だけではなく、得意な部分とセットで伝えていくと、悪いイメージだけに引っ張られないと思います。ついでに、「あなたもここは得意だけど、ここはちょっと苦手だよね」などと、みんな同じように凸凹があるということを認識してもらう。

そして、「その困りごとを少なくするために、今、療育で練習しているんだよ」と、なにもしてないわけではないことも伝えると、「お母さんも、〇〇も頑張っているんだな」と感じてもらえると思います。

――程度の差はあれど、誰もが凹凸を抱えていることは知っておいてほしいですね。

国沢さん:きょうだいに発達障害児がいるのは、大変なことも多いかもしれません。ですが、娘を見ていると、大変なことだけではなく、良い面もあると感じています。

きょうだい児は親よりずっと小さい頃から、発達障害児と一緒に育ちます。きっと親以上に、多様な「価値観」や「対処の力」が育まれるでしょう。また、障害にとらわれずに人を見ることができたり、自分のきょうだいだけでなく、ほかの障害を持つ人たちにも寛容な心が育ったり…。

それは「効率」や「生産性」ばかりが優先されがちの今の世の中で、とても大切なことだと思います。

わが家にも、国沢さんと同じきょうだい構成の、きょうだい児がいます。娘が成長していく中で、弟の障害をどう受け止め、自分との関係を整理し対応していくか、そして困難をプラスに変えていける心を育てるために、親として家族として何ができるか、模索し続けたいと思います。


国沢真弓さん プロフィール

フリーアナウンサー、自閉症スペクトラム支援士、一般社団法人「発達障がいファミリーサポートMarble」代表理事

<役職>ペアレント・メンター、三鷹市相談支援事業「ママサロン」相談員 、三鷹市知的障害者相談員、三鷹市発達障害児親の会「モンブランの会」会長、社会福祉法人「清陽会」評議員、社会福祉法人「みたか福祉会」評議員、児童発達支援施設「すこっぷ」家族支援アドバイザー、「三鷹市教育支援推進委員会」委員、「三鷹市社会福祉協議会」地域支援部会長。

<経歴>都立新宿高校、聖心女子大学文学部歴史社会学科を卒業。富士通株式会社を3年勤務後、アナウンサーに転向。NHKテレビ「きょうの料理」「婦人百科」等の進行を約10年務めたほか、多数のテレビ・ラジオ番組に出演。海外特派員、番組企画構成も担当。ナレーション・司会は各500回以上務め、厚生労働省主催「世界自閉症啓発デイシンポジウム」の総合司会を毎春担当。「3歳までの子育ての裏ワザ」「こんな時どうする?子どもの友達・親同士」(PHP出版)など共著多数。

<現在の活動>一般社団法人「発達障がいファミリーサポートMarble」代表理事として、「発達障害」や「伝える力UP」といったテーマでの講演を、全国で行っている。また、「ペアレントメンター」として保護者や支援者の相談に応じるほか、障害児の家族が気軽に参加できるイベントやお喋り会の開催等を行い、家族の元気を応援している。(詳しくはホームページをご覧ください)。



取材・文/まちとこ出版社N

(まちとこ出版社)

元記事を読む
提供元: ウーマンエキサイトの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
ネイルは爪に悪いはもう古い!今どきネイルはケアとオシャレを同時に楽しむ♡
ネイルは爪に負担がかかる。そんなイメージを大きく変えてくれるネイルポリッシュをご紹介します。1月11日に発売された「四季彩まといネイル」は、指先を美しく彩るだけでなく、爪をケアしてくれる美容液成分が含まれています。ネイル […]
Sheage
自分磨きはじめます。ニットやネイル、身の回りをブラシでケア
創業160年の英国の老舗ファクトリー、『TURNER & HARPER(ターナー & ハーパー)』のブラシでニットとネイルのお手入れ 新しい年を迎えると今年はどんなふうに過ごしていこうかと目標を設定したり、気持ちを新たにしたりすることが多いかと思います。美容やダイエットなど「“自分磨き”をがんばりたい!」もよく聞く声のひとつ。とはいえ美は一日してならず…と効果が出るまでには努力と時間が必要なもの。もし今はじめられて、すぐに効き目を感じられる“自分磨き”があるならトライしない手はないのではないでしょうか!? 毎日のお手入れで、美しさと清潔感をキープ 体の変化を一日で手に入れるのは難しいですが、「身だしなみ」を整えることは30分で充分。それだけでケアする前の自分より磨かれることは間違いありません。この冬はブラシを上手に使って、こまめに自身をお手入れしましょう! 冬のあいだ頻繁に着るニットは、どんなに上質でステキなデザインのものでも毛玉があっては台無し。できてしまった後に処理してもいいのですが、日々のケアで防止することができるんです。MARGARET HOWELL HOUSEHOLD GOODSから発売されている、創業160年の英国の老舗ファクトリー『TURNER & HARPER(ターナー & ハーパー)』のブラシで帰宅後にやさしくささっとブラッシングすると、ニットについたほこりが払えて表面が滑らかに。花粉も払い落としてしてくれるので、これから春に向けても取り入れたい習慣です。ブラシは豚毛を使用していて、使用するうちに徐々に柔らかくなっていきます。ブナ材の素朴な雰囲気が室内で置きっぱなしにしておいても、インテリアのようでステキです。 ネイルケアのワンステップ 手のひらサイズのスモールブラシもニット、洋服のケアに。コンパクトなのでポーチに入れて持ち歩いたり、仕事場に置いたりするといつでも必要なときに使えて便利。ネイルブラシとしても使えるという万能さもうれしいポイントです。 一番ちいさなブラシは、ネイル用のブラシ。手元ってじつはよく見られている部分で、ネイルを塗っていなくとも清潔感があるだけで丁寧な暮らしをイメージさせます。お気に入りのアイテムがあればちょっと面倒なケアする時間も楽しくなり、その効果はすぐに実感できるはずです。 続けられる新しい習慣を身につけ、気分よく2019年のスタートをきりましょう。 (トップ画像)右から時計回りに ネイルブラシ¥4,200・スモールブラシ¥6,000・ブラシ¥8,000/MARGARET HOWELL HOUSEHOLD GOODS (アングローバル) MARGARET HOWELL HOUSEHOLD GOODS https://www.margarethowell.jp/ 03-5467-7864(アングローバル) photograph:kimyongduck styling:Rina Taruyama text : Momoko Yokomizo
PeLuLu
サボン 幸せを呼ぶマイピンク!ローズスプラッシュでスペシャルケア
サボンは、バレンタインシーズンに向けて、幸せを呼ぶピンクのローズを描いた「ローズスプラッシュ コレクション」を1月17日に数量限定で発売します。
tokila
怒りモードを消せないママに、娘が放った一言が胸に突き刺さる!【子育ては毎日がたからもの☆ 第38話】
母になってもう6年、でも、まだ6年。いまだに「叱る」が難しくて、気づけば子どもたちをずっと叱ってばかりいるような気がします。そんなある日、子どもに言われたショックな一言をきっかけに、叱る際の対応方法を改善することに…。そんなわが家のしつけ事情をご紹介します!
ウーマンエキサイト
ケアもできて発色も◎ジバンシイの新リップ バーム「ローズ・パーフェクト」は毎日使いたい♡
何本持っていてもシーズンごとに新しい色が欲しくなるリップアイテムですが、「GIVENCHY(ジバンシイ)」からも気になる商品が登場! 新リップ バーム「ローズ・パーフェクト」は2月1日(金)より全国販売がスタートします。 ジバンシイの新リップ バーム8色が発売 「ローズ・パーフェクト」(税別4200円)は、かわいい印象を与えるピンクや太陽のようなレッド、ルビーのようなダーク・プラム
isuta
冬は自律神経のバランスが乱れやすい 30代後半から意識してケアをしよう
寒い冬は、身体がこわばり緊張した状態で、交感神経が優位になる。加えて男性は30代に入ると、女性は30代後半から副交感神経が低下しはじめる年代。このときに気付いてケアをしなければ、自律神経の機能は低下していく。
CREA
夜のケアはこれひとつ!オーガニックコスメでプルツヤ肌に♪ #Omezaトーク
「Kimberly Parry Organics(キンバリー・パリ―オーガニックス)」は、アメリカ発のオーガニックスキンケアブランドで、その商品は一流ホテルやスパでも利用されているのだそう。日本でもこの商品を愛用している […]
fytte
40代は年齢が出やすいパーツを集中的にケア!マイナス5歳が叶うプチメイクテクニック3選♡
40代になって、「今までしていたメイクが何だかしっくりこない……」と感じたことはありませんか? 年齢を重ねるにつれて顔つきや肌質はどんどん変わっていきます。 年齢を重ねてもなお同じメイクを続けていてはメイクが馴染まないのも当然。 服装を変えていくように、メイクもマンネリ化しないように合わせて変えていく必要があるのです。 この記事では年齢の出やすいパーツ、そしてそれをカバーするメイクテクニックを解説していきたいと思います!
myreco
イライラしたときに心がけたい、子どもに教えてもらった大事なこと【子育ては時にしみじみ 〜山本三兄妹の成長記録~ 第17話】
こんにちは。山本みつ湖です。次男が1歳くらい、長男は三歳になる少し前の頃の思い出を描きました。忙しくて自分に余裕がなく子どもにイライラをぶつけてしまったとき、子どもの言葉に大事なことも教えてもらいました。
ウーマンエキサイト
シンプルケアが肌には良い!?2in1保湿アイテム10選
毎日しっかりスキンケアをしているけれど、肌を甘やかしすぎていないかな?そう感じたら、週に1回スキンケアオフデイを設けてみましょう。シンプルケアで肌本来の力を取り戻します。今回はシンプルケアにオススメの普段使いもできる人気ケアアイテムをご紹介!
HAIR
喘息、アレルギー…発作に苦しむわが子に母ができることは?【子育ては毎日がたからもの☆ 第37話】
息子は、軽い喘息持ちで、またアレルギーもあります。冷気や風邪などを引き金にして発作がでることが…。「息が止まったらどうしよう」と眠れぬ日を過ごすこともあったのですが、ある日喘息持ちの妹から便利なアイテムを紹介してもらいました。
ウーマンエキサイト
ごわつく!乾く!【悲鳴をあげている肌へ】スペシャルケアを取り入れよう!
VOCE人気連載「新製品カレンダー」の情報をもとに新発売のコスメをご紹介します。
VOCE
口臭のせいで印象ダウン?!お口のケアでするべきこと4選
口臭がしても中々人には指摘できませんよね。ということは、あなたの口臭に気付いた誰かもそれが言えずにツライ思いをしているかも。 近年では臭いによって人に不快な思いをさせてしまうことに「スメルハラスメント」という名前が付くくらい気にする人が多くなっているんです。
myreco
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理