1. トップ
  2. “国民的美少女”高橋ひかる、ノーバンならずも「すがすがしい気持ちです!」

“国民的美少女”高橋ひかる、ノーバンならずも「すがすがしい気持ちです!」

  • 2018.10.3
  • 1768 views
高橋ひかる、振りかぶって投げる!
KADOKAWA

7月期に放送された「高嶺の花」(日本テレビ系)での“コスプレ美少女”姿も記憶に新しい女優の高橋ひかる(17)が、10月2日にMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島で行われたプロ野球「広島東洋カープVS阪神タイガース」戦にて初めての始球式を務めた。

【写真を見る】サウスポーの高橋ひかる、キレイに右足を上げて投げた~!

投球はノーバウンドとはいかなかったものの、若さみなぎるハツラツとした姿で観客を魅了した。

2001年9月22日生まれ、滋賀出身の高橋。「第14回全日本国民的美少女コンテスト」(2014年)でグランプリを獲得し、2018年は「パフェちっく!」(フジテレビほか)で連続ドラマ初主演を務め、前述した「高嶺の花」のコスプレルックで大きな注目を浴びた。

2日の昼には自身のオフィシャルInstagramにて「本日、マツダスタジアムにて広島vs阪神の始球式に登壇させて頂きます すでに緊張でおなかが痛いです」とつづっていた高橋。

そんな中、カープのユニホームに合わせたかわいらしい赤のコーディネートでマウンドに上がると、緊張した面持ちでバッターの阪神・糸原健斗選手に向かって力いっぱいのストレートを投げ込んだ。

プロ野球のスタジアムには小学生以来に足を運んだという高橋は、自己採点を聞かれると「すごく楽しかったです! 点数は…50点ですかね!(笑)

でも、悔しいというよりはすがすがしい気持ちです! マウンドに上がると、景色よりも、すごく集中していたので石原(慶幸)選手のミット目がけて投げました!」と振り返った。(ザテレビジョン)

元記事で読む