1. トップ
  2. ファッション
  3. ヴァレンティノ、マティスやゴーギャンetc... 異国情緒ただよう画家のバカンス。

ヴァレンティノ、マティスやゴーギャンetc... 異国情緒ただよう画家のバカンス。

  • 2018.10.2
  • 1237 views


ヴァレンティノ、マティスやゴーギャンetc... 異国情緒ただよう画家のバカンス。
2018.10.02 19:15
シックなブラックドレスや目が覚めるようなエキゾチックなパターンまで。今季のヴァレンティノ(VALENTINO)は、アーティストたちが過ごしたバカンスに着目した。ボディまで覆うビッグハットや揺れるフェザーサンダルなど、アクセサリーも美しい。

【全64カット】VALENTINO 2019年春夏コレクションをすべて見る。


観光名所でもあるオテル・デ・ザンヴァリッドは、ナポレオンが眠っている場所としても有名だ。ヴァレンティノ(VALENTINO)はそんな場所にサボテンや植物が茂る南国を作り出した。


アーティストが訪れるヴァカンスをテーマにしたピッチョーリは、「アーティストたちがパラダイスのような場所を訪れていたのには理由がある。彼らのアイデンティティを生きていたんだ。今は現実逃避するために行く場所になっているが、みんなシティでもどこにいても、自身のアイデンティティを生きるべきだと思う」と語る。


素晴らしいコットンレースのドレスにワンショルダーにかけたアシンメトリーのケープ。フロントに繊細なラッフルが揺れるタキシード、バブルスカートにバルーンスリーブのペザントドレスなど、序盤はブラックを基調にしたシックな装いが続く。しかし、ワイルドで楽しいパターンやカラーも目の前に現れた。


画家のマティスやゴーギャンからインスパイアされたデザインは、シルクベルベットのパジャマやハンドペインティングのロングワンピースなど、目が覚めるようなカラーパレットだ。バラエティ豊かなシルエットからは異国情緒が漂う。鳥やバタフライ、フラワーのエキゾチックなプリント、そこに繊細なスパンコールやパープルのフェザーがプラスされ、実に美しい。


リラックス感漂うサンダルもルックによって色とりどりに変化し、揺れるフェザーがフォーマルなデザインにもマッチする。ビッグハットやピアスもアクセントになっていて魅力的だ。

Photos: InDigital Text: Aya Tsuchii

元記事で読む