展覧会「田根 剛|未来の記憶」東京オペラシティ アートギャラリーなどで、気鋭の建築家の全貌を紹介

展覧会「田根 剛|未来の記憶」東京オペラシティ アートギャラリーなどで、気鋭の建築家の全貌を紹介

展覧会「田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future」が、東京オペラシティ アートギャラリーとTOTOギャラリー・間の2館連携企画として開催される。会期は、東京オペラシティ アートギャラリーが2018年10月19日(金)から12月24日(月)まで、TOTOギャラリー・間が10月18日(木)から12月23日(日・祝)まで。

undefined
www.fashion-press.net

世界が注目する建築家・田根剛

フランスを拠点に世界各地でプロジェクトを進め、活動の幅を広げている気鋭の建築家・田根剛。20代の若さでエストニア国立博物館の国際設計競技で勝利し、2016年秋には同プロジェクトが竣工を迎えるなど、その活動には近年更に世界中から注目が集まっている。

「田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future」はそんな田根に焦点を当てた展覧会。「Archaeology of the Future— 未来の記憶」を共通のテーマにしながら、田根の密度の高いこれまでの活動と、建築は記憶を通じていかに未来をつくりうるかという挑戦を紹介する。

東京オペラシティ アートギャラリー

田根のルーティンを展示で体験

東京オペラシティの冒頭では、田根がどのプロジェクトにおいても実施する、イメージとテキストを使った「考古学的リサーチ(Archaeological Research)」の手法を天井高6メートルの空間を使って展示。田根による「記憶」という概念そのものをリサーチする実験空間を体験することができる。

代表7作品の空間展示

「エストニア国立博物館」や「新国立競技場案 古墳スタジアム」をはじめ、現在進行中のプロジェクトなど7つの作品を、続く展示室全体を使って空間的に展示。

各プロジェクトは1/10から1/100スケールの大型模型で紹介。全長10メートルにも及ぶ「エストニア国立博物館」は身体的な空間体験が可能で、いずれのプロジェクトも「考古学的リサーチ」の過程で集められた様々な資料やオブジェクトが展開される。

建築の映像表現

“建築は未来の記憶をつくること”という田根の思想に共鳴したアーティスト・藤井光が映像制作で参加。竣工プロジェクトの様子やパリにある田根のアトリエを覗くことが可能だ。

田根のプロジェクトをタイムラインで紹介

さらに、2004年から現在までの密度の高い田根の全活動を30メートルのコリドールを使ったタイムラインとして総鑑。彼の100作品以上の功績を一度に俯瞰できるコーナーとなっている。

TOTOギャラリー・間

入場無料のTOTOギャラリー・間においては「サーチ&リサーチ(search & research)」に基づき、建築における思考と考察のプロセスに関わる展示を実施する。

【詳細】
田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future ─ Digging & Building
■東京オペラシティ アートギャラリー
会期:2018年10月19日(金)~12月24日(月)
開館時間:11:00~19:00(金・土は20:00まで、最終入館は閉館の30分前まで)
住所:東京都新宿区西新宿3-20-2
休館日:月曜日(12月24日(月)は開館。)
入場料:一般 1,200円、大・高生 800円、中学生以下無料

田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future ─ Search & Research
■TOTOギャラリー・間
会期:2018年10月18日(木)~12月23日(日・祝)
開館時間:11:00~18:00
住所:東京都港区南青山1-24-3 TOTO 乃木坂ビル3階
休館日:月曜、祝日(11月3日(土)、12月23日(日・祝)は開館)
入場料:無料

【問い合わせ先】
東京オペラシティ アートギャラリー
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
TOTOギャラリー・間
TEL:03-3402-1010

提供元: ファッションプレスの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
「シャネル」稀代のイメージメーカー、ジャン=ポール グード展覧会
「シャネル」は11月28日~12月25日、東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホールにて、グラフィックアーティスト、ジャン=ポール・グードの展覧会 "In Goude we trust!" を開催する。
MODE PRESS
王貞治さんら各界著名人の所蔵のアート作品を集めた展覧会
東京・天王洲アイルにある寺⽥倉庫の「T-ART HALL」にて、11月29日(木)~12月9日(日)の期間、アート展覧会「マイ・コレクション展2018」が開催される。 「マイ・コレクション展」は、寺田倉庫の美術品倉庫を利用している人の珠玉のコレクションからその一部を展示する展覧会。2015年より継続開催され5回目を迎える今回は、王貞治さん、藤井フミヤさんなど各界著名人の所蔵作品からキュレーションを実施し、増田セバスチャン、野原邦彦など現代アートを代表する作家の作品が集結するなど、バラエティーに富んだ展示内容が予定されている。 コレクション出展者は、王貞治、白木聡/鎌田道世、出川博一、藤井フミヤ、牧正大、光本勇介、宮津大輔ほか(順不同)。 出展アーティストは、五木田智央、藤井フミヤ、増田セバスチャン、野原邦彦、アンディ・ウォーホル、ローレンス・キャロル、ジョージ・コンド、フランク・ステラ、サイモン・フジワラ、サム・フランシス、タワン・ワトゥヤほか(順不同)となっている。 多彩な出展者・アーティストによる展示を無料で見られるチャンス!“芸術の秋”の締めくくりに天王洲に足を運んでみてはいかがだろうか。 ※画像上から Sebastian Masuda 増田セバスチャン Colorful Rebellion ーChristmasー 2013 Wood panel, toy, mixed medium, acrylic Tawan Wattuya / タワン・ワトゥヤ Miss Thailand 4 2015 Watercolor on paper ©Tawan Wattuya  Courtesy of nca nichido contemporary art Fumiya Fujii / 藤井フミヤ 春風に吹かれて 2016 Oil on canvas Kunihiko Nohara / 野原邦彦 Spring 春風 2015 Wood, acrylic Courtesy of gallery UG
ストレートプレス
マリメッコのテキスタイルデザイナーの展覧会「石本藤雄展」愛媛・京都・東京で、テキスタイルや陶器を展示
展覧会「石本藤雄展―マリメッコの花から陶の実へ―」が開催される。愛媛県美術館など愛媛県内会場にて2018年12月16日(日)まで開催された後、2019年春に京都・細見美術館に、2019年夏に東京・スパイラルに巡回する。 www.fashion-press.net 石本藤雄は、マリメッコ(marimekko)で32年間にわたり400点を超えるテキスタイルデザインを生み出したテキスタイルデザイナー。その後、フィンランドの老舗陶器メーカー「アラビア」のアート部門に所属し、陶芸家としても数多くの作品を残している。石本が幼少期を過ごした愛媛県砥部町の風景や、フィンランドの豊な自然を創作のインスピレーションに、意欲的に新しい表現を追求してきたアーティストだ。 「石本藤雄展―マリメッコの花から陶の実へ―」では、石本の原点を振り返りつつ新たな作品も展示。愛媛展では、愛媛県美術館に新作と、館の所蔵コレクションを展示するとともに、石本が手掛けたマリメッコのテキスタイルを一挙に公開する。砥部町文化会館では、陶器の新作と共に、2019年マリメッコ春夏コレクションにて復刻される“幸せ”を意味するテキスタイル「Onni」や2020年復刻予定の「Suvi(夏)」を紹介する。 また、京都展では、石本の作品と細見コレクションの主軸である「琳派」との競演が見所となる。東京会場では、東京展限定の新作セラミックやファッションに焦点を当てた展示を展開する予定だ。 【詳細】 石本藤雄展―マリメッコの花から陶の実へ― 開催時期:~2018年12月16日(日) 会場:愛媛県美術館(愛媛県松山市堀之内)、砥部町文化会館(愛媛県伊予郡砥部町宮内1410) ※特別会場 ホテル「茶玻瑠(ちゃはる)」、ギャラリー&茶房「MUSTAKIVI(ムスタキビ)」 ・愛媛県美術館 時間:9:40~18:00 ※入館は17:30まで TEL:089-932-0010 休館日:月曜日 ※12月3日(月)は開館し、翌日火曜休館 観覧料:一般 1,200円、高大生 700円、小中生 300円(前売券は各200円引き) ・砥部町文化会館 時間:9:00~18:00 休館日:11月30日(金) ※入場無料 ■巡回 ・京都展 開催時期:2019年春 場所:細見美術館 住所:京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3 TEL:075-752-5555 ・東京展 開催時期:2019年夏 場所:スパイラル 住所:東京都港区南青山5-6-23 TEL:03-3498-1171
ファッションプレス
「バレンシアガ」がデムナ就任後初の写真集を発売 「ショーとは体験で、この本は記憶をとどめるツール」
「バレンシアガ(BALENCIAGA)」はこのたび、2018-19年秋冬コレクションのバックステージをまとめた写真集「WINTER 18 BOOK」(1万1000円)を発売する。全304ページで、サイズは30cm × 22cm。すでにヨーロッパの一部直営店舗および公式オンラインストアでは販売されているが、日本を含む他直営店では30日から販売し、一般書店での販売は来年2月以降を予定している。
WWD
全く記憶にない酔っ払い動画に、震え上がる戸次重幸
毎週火曜深夜に北海道テレビ(HTB)で放送される食バラエティー「おにぎりあたためますか」。11月13日(火)は山梨県の旅...
ザテレビジョン
展覧会「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」東京ほか4都市で、日本初公開含む80点の名作
展覧会「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」が、2019年4月27日(土)から6月30日(日)まで、東京のBunkamura ザ・ミュージアムにて開催される。尚、同展は福岡県立美術館にて2018年12月9日(日)まで開催された後、2018年12月19日(水)から2019年3月24日(日)まで愛媛県美術館でも開催。東京展会期後は、静岡、広島に巡回する。 www.fashion-press.net 世界屈指の貴重なコレクションが来日 「バレル・コレクション」は、産業革命期に英国随一の海港都市として栄えたグラスゴー出身の海運王ウィリアム・バレルが蒐集した芸術作品のコレクション。多岐にわたるジャンルの作品を集めた、世界屈指のコレクションとされている。 76点が日本初公開 「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」では、9,000点以上にも及ぶ「バレル・コレクション」の中から西洋近代絵画を中心とした73点の作品と、同市のケルヴィングローヴ美術博物館が所蔵するゴッホやルノワールなどの作品7点を展示。全80点の内、76点は日本初公開となる。 通常は英国外への作品貸し出しを行わない「バレル・コレクション」だが、現在、改修工事に伴い閉館しているため、日本でのコレクション展示が実現。貴重な名作を通じて、写実主義から印象派への流れに迫っていく。 ドガの名作《リハーサル》も初来日 中でも注目したいのは、初来日となるエドガー・ドガの《リハーサル》。深みのある色彩で描かれた繊細な雰囲気と、大胆な構図が魅力の《リハーサル》は、2016年にオーストラリアで開催されたドガの大回顧展の図録で表紙を飾った程の名作だ。 その他、ポール・セザンヌの《エトワール山稜とピロン・デュ・ロワ峰》やピエール・オーギュスト・ルノワールの《画家の庭》、ウジェーヌ・ブーダンの《ドーヴィル、波止場》など、戸外の風景や人々の様子を穏やかなタッチで描き出した、印象派の作品が揃う。 ゴッホが描いた画商リードの肖像など また、バレルにフランス美術を紹介した敏腕画商、アレクサンダー・リードをフィンセント・ファン・ゴッホが描いた《アレクサンダー・リードの肖像》が登場。加えて、バレルと同時代にグラスゴーの海運業で財を成したウィリアム・マキネスが、画商リードから購入した絵画6点も展示される。 詳細 印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション・福岡会期:2018年10月12日(金)~12月9日(日)場所:福岡県立美術館(福岡県福岡市中央区天神5-2-1)・愛媛会期:2018年12月19日(水)~2019年3月24日(日)場所:愛媛県美術館(愛媛県松山市堀之内)・東京会期:2019年4月27日(土)~6月30日(日)場所:Bunkamura ザ・ミュージアム(東京都渋谷区道玄坂2-24-1)・静岡会期:2019年8月7日(水)~10月20日(日)場所:静岡市美術館(静岡県静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3階)・広島会期:2019年11月2日(土)~2020年1月26日(日)場所:広島県立美術館(広島県広島市中区上幟町2-22)(予定)■東京展開催詳細開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)休館日:2019年5月7日(火)、5月21日(火)、6月4日(火)入館料:一般 1,500(1,300)円、大学・高校生 1,000(800)円、中学・小学生 700(500)円※()内料金は、20名以上の団体・前売券。※学生券購入時は、学生証の提示が必要(小学生除く)。※障害者手帳提示で割引料金あり。※前売券は2019年2月9日(土)~4月26日(金)の期間、Bunkamuraチケットカウンター、チケットぴあ、ローソンチケット、セブンチケット、イープラス、JTB、CNプレイガイド、チケットポート各店、他主要プレイガイドにて販売予定。
ファッションプレス
シャネル・ネクサス・ホールで「ジャン=ポール グード」展覧会開催
シャネル(CHANEL)は、希代のイメージメーカー ジャン=ポール グードの展覧会「In Goude we trust!」をシャネル・ネクサス・ホールにて開催。会期は、2018年11月28日(水)から12月25日(火)まで。 ©JEAN-PAUL GOUDE ジャン=ポール グードは、写真、ダンス、映像、グラフィックデザインなど多岐に渡って活躍する、フランス出身のアーティスト。希代のイメージメーカーとしてもその名を馳せる彼は、シャネルとの関わりも深く、1990年の男性用フレグランス「エゴイスト」を皮切りに、数々のコラボレーションを実現してきた。 グード自身が手掛ける「In Goude we trust!」では、シャネルとのコラボレーション作品から厳選したハイライト作品と、グード個人のアート作品を紹介する2部構成で行われる。 第1部では、怒りを表す女たちが窓から叫び声をあげる「エゴイスト」のCM映像や、女優のヴァネッサ・パラディが鳥かごの中で歌う小鳥に扮した「ココ」のキャンペーンイメージなど、フレグランス広告史に残る代表作をはじめ、ファインジュエリーコレクション「The Five Elements」の為に制作された「ファイヤー インスタレーション」などを展示。 第2部では、グードのドローイングやスケッチのプリントとともに、2017年にポンピドゥー センターで展示された照明彫像の壮大なインスタレーションを写す巨大パノラマパネルを展示するほか、グードの過去の作品や活動をまとめた映像「So Far So Goude」を会場内のミニシアターで上映する予定だ。 なおジャン=ポール グード展のスペシャル ショート フィルムには、シャネルのビューティ アンバサダーをつとめるKōki,が登場。アーティスティックなヘアメイクと衣装を纏い、フランス語で本展を紹介している。 【詳細】 ジャン=ポール・グード展覧会「In Goude we trust!」 会期:2018年11月28日(水)~12月25日(火)※会期中無休 会場:シャネル・ネクサス・ホール 住所:東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F 時間:12:00~19:30 ※11月30日(金)は17:00まで 入場料:無料
ファッションプレス
バブル景気やファミコンブーム…。1980年代を現代アートで振り返る展覧会「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」開催
大阪の国立国際美術館にて「ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代」と同館のコレクション展「コレクション2:80年代の時代精...
ウォーカープラス
展覧会「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」あべのハルカス美術館で開催
展覧会「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」が、あべのハルカス美術館にて開催される。会期は、2019年1月26日(土)から4月14日(日)まで。 www.fashion-press.net 「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」は、近年、注目度が高まってきた明治工芸にフォーカスを当てた展覧会。全国6都市を巡回し話題を呼んだ展覧会「超絶技巧!明治工芸の枠」の続編だ。明治時代、主に輸出品として製作された明治工芸。その繊細で華美な壺や箪笥などの工芸品は、当時の日本の職人たちの技術が詰めこまれている。思わず目を凝らしたくなる細かな作りや華やかな装飾は、まさに”超絶技巧”。見応えたっぷりの展示内容となっている。 “ナミカワ”のつくる色彩豊かな七宝 会場では、2人の“ナミカワ”の作品を紹介。明治期を代表する七宝家の1人、並河靖之の作品は有線七宝。艶やかな表面に描かれた繊細で洗練された模様が施され、まるで絵画作品を見ているよう。色とりどりの花々や蝶は、金に輝く輪郭線によって縁取られ、より一層色彩の美しさを引き立てる。一方、もう1人の“ナミカワ”、濤川惣助の作品は対照的に色同士の境界線が曖昧。色の境目を区切る金属線を釉薬(ゆうやく)をさした後で取り除くという手法をとって「にじみ」や「ぼかし」の視覚効果を生み出す無線七宝を得意とする。 漆工・牙彫・木彫、陶磁……精緻な作品の数々 七宝以外にも、漆工・牙彫・木彫、陶磁、染織、水墨など日本人ならではのものづくりに対するDNAが引き継がれたウィットに富んだ作品を揃える。特に、2014年の「驚異の超絶技巧!明治工芸の粋」展をきっかけに注目されるようになった安藤緑山の象牙彫刻は必見。牙彫は、野菜や果物、動植物などを主題に、象牙に精緻な彫刻を施し、入念な着色を加えてまるで本物のような作品をつくるもの。安藤の《胡瓜》や《パイナップル、バナナ》などの作品はまるで本物のようで、展示室でもひときわ異彩を放っている。 開催概要 驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ会期:2019年1月26日(土)~4月14日(日) ※会期中、一部展示替えを行う。開館時間:火~金 10:00~20:00、月土日祝 10:00~18:00 ※入館は閉館の30分前まで休館日:1月28日、2月18日、3月4日、3月18日の各月曜日観覧料:一般 1,300(1,100)円、大学・高校生 900(700)円、中学・小学生500(300)円※料金はすべて税込み。※( )内は前売・団体料金。※障がい者手帳を提示で本人と付添1人まで当日料金の半額。※本展観覧券(半券可)の提示で、特別展「フェルメール展」の当日券を100円引きで購入可能。(1枚につき1人1回限り有効。ほかの割引券との併用不可。)【問い合わせ先】あべのハルカス美術館TEL:06-4399-9050
ファッションプレス
柳宗悦が名付け、提唱した「民藝」の魅力を紐解く展覧会に注目。
「21_21 DESIGN SIGHT」にて、柳宗悦が名付けた「民藝」の歴史に迫り、そのインスピレーションを紐解く「民藝 MINGEI -Another Kind of Art展」がスタートした。その展覧会の様子や魅力を、動画のダイジェストでお届け。
VOGUE
ポルトガルと日本──時と国を越えて紡ぐ愛憎劇『ポルトの恋人たち 時の記憶』【今月のプロ押し映画!】
舞台は、18世紀のポルトガルと21世紀の日本。時代と国境を越えて交差する、恋人たちの愛憎と人生の不条理さを描いたラブミステリー。
VOGUE
なぜ男性は大事な話を忘れるの?男女のすれ違いを起こす「記憶のメカニズム」
戸田恵梨香さん主演のドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)をご覧になっていますか?北澤尚(戸田さん)は、母が院長を務めるレディースクリニックで働く医師。激…
cocoloni PROLO
映画『キャプテン・マーベル』ブリー・ラーソン主演、記憶を失ったミステリアスな女性ヒーロー
マーベル・スタジオ最新作、映画『キャプテン・マーベル』が、2019年3月15日(金)より全国の劇場で公開される。 ©Marvel Studios 2018 記憶を失った女性ヒーロー“キャプテン・マーベル” 『キャプテン・マーベル』では、マーベル史上初の、女性ヒーロー単独主役の主人公“キャプテン・マーベル”が登場。過去の記憶を失っている彼女。アベンジャーズが結成される以前の1995年を舞台に、その記憶に仕掛けられた衝撃の事実を巡るサスペンスフル・アクション・エンターテイメントが展開され、アベンジャーズ誕生のきっかけとなるマーベル最重要ヒーローの始まりが明かされる。 ストーリー ロサンゼルスのビデオショップに空から降ってきた謎の女性。驚異的なチカラをもつ彼女は、身に覚えのない“記憶”のフラッシュバックに常に悩まされていた。そして、その記憶に隠された秘密を狙うのは、自在に姿を変える正体不明の敵…。キャプテン・マーベルはやがて最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”を結成することとなる若き日のニック・フューリーと共に、自らの記憶をめぐる戦いに立ち向かっていく!彼女の記憶に隠された秘密とは? 彼女は一体、何者なのか?真実が明らかになるとき、すべてが覆るー。 ブリー・ラーソン主演 過去の記憶を失ったミステリアスな女性ヒーロー“キャプテン・マーベル”を演じるのは、『ショート・ターム』で才能を開花させ、2015年『ルーム』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したブリー・ラーソン。マーベル史上最強ともされる力を持ちつつも、本当の自分を求め、失った記憶の秘密を解き明かそうと戦う複雑なキャラクターを演じる。 その他、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』『シャーロック・ホームズ3』の公開を控えるジュード・ロウ、「アベンジャーズ」シリーズや『キングコング:髑髏島の巨神』などで活躍するサミュエル・L・ジャクソンら豪華キャストが集結する。 メガホンを取るのは、マーベル初の女性監督となるアンナ・ボーデンと、ライアン・フレック。謎多き女性ヒーローを、豊かな人間ドラマとスリリングなアクションで描く。 【詳細】映画『キャプテン・マーベル』公開日:2019年3月15日(金)全国公開出演:ブリー・ラーソン、ジュード・ロウ、サミュエル・L・ジャクソン、クラーク・グレッグ監督:アンナ・ボーデン/ライアン・フレック製作:ケヴィン・ファイギ配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
ファッションプレス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理