展覧会「田根 剛|未来の記憶」東京オペラシティ アートギャラリーなどで、気鋭の建築家の全貌を紹介

展覧会「田根 剛|未来の記憶」東京オペラシティ アートギャラリーなどで、気鋭の建築家の全貌を紹介

展覧会「田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future」が、東京オペラシティ アートギャラリーとTOTOギャラリー・間の2館連携企画として開催される。会期は、東京オペラシティ アートギャラリーが2018年10月19日(金)から12月24日(月)まで、TOTOギャラリー・間が10月18日(木)から12月23日(日・祝)まで。

undefined
www.fashion-press.net

世界が注目する建築家・田根剛

フランスを拠点に世界各地でプロジェクトを進め、活動の幅を広げている気鋭の建築家・田根剛。20代の若さでエストニア国立博物館の国際設計競技で勝利し、2016年秋には同プロジェクトが竣工を迎えるなど、その活動には近年更に世界中から注目が集まっている。

「田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future」はそんな田根に焦点を当てた展覧会。「Archaeology of the Future— 未来の記憶」を共通のテーマにしながら、田根の密度の高いこれまでの活動と、建築は記憶を通じていかに未来をつくりうるかという挑戦を紹介する。

東京オペラシティ アートギャラリー

田根のルーティンを展示で体験

東京オペラシティの冒頭では、田根がどのプロジェクトにおいても実施する、イメージとテキストを使った「考古学的リサーチ(Archaeological Research)」の手法を天井高6メートルの空間を使って展示。田根による「記憶」という概念そのものをリサーチする実験空間を体験することができる。

代表7作品の空間展示

「エストニア国立博物館」や「新国立競技場案 古墳スタジアム」をはじめ、現在進行中のプロジェクトなど7つの作品を、続く展示室全体を使って空間的に展示。

各プロジェクトは1/10から1/100スケールの大型模型で紹介。全長10メートルにも及ぶ「エストニア国立博物館」は身体的な空間体験が可能で、いずれのプロジェクトも「考古学的リサーチ」の過程で集められた様々な資料やオブジェクトが展開される。

建築の映像表現

“建築は未来の記憶をつくること”という田根の思想に共鳴したアーティスト・藤井光が映像制作で参加。竣工プロジェクトの様子やパリにある田根のアトリエを覗くことが可能だ。

田根のプロジェクトをタイムラインで紹介

さらに、2004年から現在までの密度の高い田根の全活動を30メートルのコリドールを使ったタイムラインとして総鑑。彼の100作品以上の功績を一度に俯瞰できるコーナーとなっている。

TOTOギャラリー・間

入場無料のTOTOギャラリー・間においては「サーチ&リサーチ(search & research)」に基づき、建築における思考と考察のプロセスに関わる展示を実施する。

【詳細】
田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future ─ Digging & Building
■東京オペラシティ アートギャラリー
会期:2018年10月19日(金)~12月24日(月)
開館時間:11:00~19:00(金・土は20:00まで、最終入館は閉館の30分前まで)
住所:東京都新宿区西新宿3-20-2
休館日:月曜日(12月24日(月)は開館。)
入場料:一般 1,200円、大・高生 800円、中学生以下無料

田根 剛|未来の記憶 Archaeology of the Future ─ Search & Research
■TOTOギャラリー・間
会期:2018年10月18日(木)~12月23日(日・祝)
開館時間:11:00~18:00
住所:東京都港区南青山1-24-3 TOTO 乃木坂ビル3階
休館日:月曜、祝日(11月3日(土)、12月23日(日・祝)は開館)
入場料:無料

【問い合わせ先】
東京オペラシティ アートギャラリー
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
TOTOギャラリー・間
TEL:03-3402-1010

元記事を読む
提供元: ファッションプレスの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
展覧会「北斎アニマルズ」すみだ北斎美術館で、北斎の描いた犬や猫、河童など
展覧会「北斎アニマルズ」が、2019年2月5日(火)から4月7日(日)までの期間、すみだ北斎美術館にて開催される。 www.fashion-press.net 動物園にいるような哺乳類や鳥、虫、魚など、生き物の作品をたくさん残した葛飾北斎。本展では、今にも動き出しそうなリアリティのある動物から、ユーモア溢れる独特の作品まで、筆一本で描いてきた葛飾北斎の画技を間近で観ることができる。 会場は3つの展示から構成される。第1章では、鳥や猫、爬虫類、両生類と多様な生きものたちの動きまで感じられる作品を展示。生き物たちが愛嬌のある姿になる、画道を追求し続けた葛飾北斎の眼の描写に注目してみてほしい。 第2章では、葛飾北斎や、門人が残した作品の中でも、特に可愛らしい動物の絵を紹介。定規とコンパスで描いた猿や、摺物の門人による精到な犬など、ほのぼのとした愛らしい作品が揃う。 動物園では見ることのできない動物作品を展示する第3章は、実在しないものや伝説の中の生き物など、絵画ならではの動物たちを観ることができる。当時は実在すると思われていた河童やかまいたち、動物の化け物など、葛飾北斎が創造力を働かせて描いた独創的な作品が並ぶ。 【詳細】 北斎アニマルズ 会期:2019年2月5日(火)~4月7日(日) 前期/2月5日(火)~3月3日(日)、後期/3月5日(火)~4月7日(日) ※前後期で一部展示替えを実施 場所:すみだ北斎美術館 住所:東京都墨田区亀沢2-7-2 休館日:毎週月曜日 ※2月11日(月・祝)開館、2月12日(火)休館 観覧料:一般 1,000円(800円)、 高校生・大学生 700円(560円)、中学生 300円(240円)、65歳以上 700円(560円)、障がい者 300円(240円) ※()は団体料金、団体は20名以上 ※小学生以下は無料 ※中・高・大学生(高専、専門学校、専修学校生含む)は生徒手帳または学生証を提示 ※65歳以上の人は年齢を証明できるものを提示 ※身体障がい者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳、被爆者健康手帳などを持参の人及びその付添の1人まで障がい者料金で入館可能(入館の際は、身体障がい者手帳などを提示) ※本展のチケットは会期中観覧日当日に限り、AURORA(常設展示室)をはじめ全ての展示が観覧可能となる
ファッションプレス
展覧会「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」東京都現代美術館で、デザイン・ものづくりの思想や軌跡に迫る
展覧会「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」が、2019年11月16日(土)から2020年2月16日(日)まで、清澄白河の東京都現代美術館にて開催される。 www.fashion-press.net 「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」では、ファッション・テキスタイルブランド、ミナ ペルホネン(minä perhonen)と、そのデザイナーである皆川明を特集する。 長年着用でき、創造的で普遍的な価値を持つ「特別な日常服」を提案するミナ ペルホネン。生地産地と深いコミュニケーションを重ねながらものづくりを行い、作り手と使い手の双方に価値を生み出すデザインを発信している。 本展では、皆川明とミナ ペルホネンの思想・活動を紐解きながら、現代におけるものづくりの意味とデザインの社会的役割を考察していく。 【詳細】 展覧会「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」 会期:2019年11月16日(土)~2020年2月16日(日) 場所:東京都現代美術館 住所:東京都江東区三好4-1-1(木場公園内) TEL:03-5245-4111(代表)※平日 9:30~18:00 ハローダイヤル:03-5777-8600 ※年中無休 8:00~22:00
ファッションプレス
ムンクの「叫び」靴下がヒット中 上野で開催中の展覧会とコラボ
阿賀岡恵がデザインするレッグウエアブランド「アヤメ(AYAME)」で、東京・上野の東京都美術館で開催中の展覧会「ムンク展――共鳴する魂の叫び」とコラボレーションした靴下が売れている。ムンクの代表作「叫び」をモチーフにしたちょっとシュールな柄を、国内生産ならではの繊細な編み模様で表現した点がポイント。会場内の特設ショップ限定で販売しており、「10月27日の展覧会開幕以来飛ぶように売れている。追加生産もかけた」(阿賀岡)という。展覧会会期の2019年1月20日まで販売する。
WWD
クリスチャン・ボルタンスキー日本初の大回顧展、大阪・東京・長崎で - 写真や衣服で“記憶”を表現
展覧会「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」が、2019年2月9日(土)から5月6日(月・休)まで、大阪・国立国際美術館 地下3階展示室にて開催される。また、2019年6月12日(水)から2019年9月2日(月)まで東京・国立新美術館に巡回し、2019年10月18日(金)から2020年1月5日(日)まで長崎県美術館にも巡回する。 www.fashion-press.net クリスチャン・ボルタンスキー、日本初の大回顧展 「クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime」は、現代のフランスを代表するアーティストの1人であるクリスチャン・ボルタンスキーに焦点を当てた、日本初の大規模な回顧展。ボルタンスキー自身が展覧会の企画段階から携わり、展覧会そのものを1つの作品として見せるような会場構成で作品展示を行う。初期の作品から最新作まで、半世紀にわたる創作活動の軌跡を紹介する。 写真・衣服などを使った“記憶”にまつわる作品 ボルタンスキーの創作活動は、短編フィルムの制作に始まる。後に人が歩んできた歴史や文化人類学への関心を土台とし、写真やドキュメント、ビスケット缶などの日用品を組み合わせることで、自己あるいは他者の記憶に関連する作品を多数制作するようになる。 子どもの肖像写真と電球を祭壇のように組み合わせて展示した「モニュメント」シリーズでは、宗教的なテーマに取り組んだ。それを発展させた《シャス高校の祭壇》(1987年)は、1931年にウィーンの高校に在籍したユダヤ人の学生たちの顔写真を祭壇状に並べ、その写真を電球で照らすインスタレーション。肖像写真を集めて展示する手法は、見る者に大量の死者の存在を連想させる。実際に、作品がナチス・ドイツによるユダヤ人の大虐殺とその犠牲者のイメージを想起させるものとして解釈され、大きな議論を呼んだ。 さらに、パリのグラン・パレの広大なスペースに膨大な量の衣服を集めて展示した《ペルソンヌ》など、様々な手法によって、歴史や記憶、死、不在をテーマとした作品を発表している。 国際的な芸術祭に出展 ボルタンスキーは、1970年代からドイツ・カッセルのドクメンタやヴェネチア・ビエンナーレなどの現代美術国際展に招待されるなど、世界的に活躍。日本でも、1990~91年にICA 名古屋と水戸芸術館で初個展を開催した後、越後妻有アートトリエンナーレや瀬戸内国際芸術祭などで展覧会を開催。2016年にも、東京都庭園美術館で個展が開催されている。 詳細 クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime開催期間:2019年2月9日(土)~5月6日(月・休)場所:国立国際美術館 地下3階展示室住所:大阪府大阪市北区中之島4-2-55開館時間:10:00~17:00 ※金曜・土曜は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)休館日:月曜日(ただし、2月11日(月・祝)、4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館)、2月12日(火)観覧料:一般 900円(600円)、大学生 500円(250円)※( )内は20名以上の団体料金※高校生以下・18歳未満無料(要証明)・心身障がい者とその付添者1名無料(要証明)※本料金で、同時開催の「コレクション 3」も観覧可能。■夜間割引料金(対象時間:金曜・土曜 17:00~20:00)一般 700円、大学生 400円問い合わせ先TEL:06-6447-4680(代表)■巡回〈東京展〉会期:2019年6月12日(水)~2019年9月2日(月)会場:国立新美術館 企画展示室2E住所:東京都港区六本木7-22-2〈長崎展〉会期:2019年10月18日(金)~2020年1月5日(日)会場:長崎県美術館住所:長崎県長崎市出島町2-1
ファッションプレス
ツイッタ―で話題、“甘えネコ”のキュートな展覧会「まるごとホイちゃん展 in 大阪」で身も心も癒されよう!!
55万人以上を動員したネコの合同写真展&物販展「ねこ休み展」のスピンオフ企画「まるごとホイちゃん展 in 大阪」が、20...
ウォーカープラス
モノを捨てるということは、記憶も捨てること――映画「旅するダンボール」のダンボールアーティスト・島津冬樹が語ったモノへのこだわり
2018年SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト) FILMスポットライト部⾨に正式出品され、世界が注⽬するダンボールア...
ウォーカープラス
「印象派、記憶への旅」ポーラ美術館とひろしま美術館で、ピカソやゴッホなど印象派の風景画74点
企画展「印象派、記憶への旅」が、2019年3月23日(土)から7月28日(日)までの期間、ポーラ美術館で開催。また、2019年8月10日(土)から10月27日(日)までの期間、広島のひろしま美術館に巡回する。 www.fashion-press.net 「印象派、記憶への旅」は、西洋の近代美術の展開をたどるうえで重要なフランス近代美術のコレクションを多く収集するポーラ美術館とひろしま美術館による共同企画展。日本美術の影響も受けているといわれるフランス印象派の風景画を中心に、両館のコレクションの中から74点の名品を展示する。 ピカソ、ゴッホ、モネなど巨匠のコレクションを比較 本展では、コレクションから同一の画家、同時期に作成された作品や同じモティーフのものなどを比較しながら作品を楽しむことができる。モネやゴッホ、ピカソといった近代美術の巨匠たちの画業の展開がはっきりと見て取ることができる。 作品を手掛かりに迫る画家たちの新たな一面 さらに、最新の作品調査によって浮き彫りになってきた画家たちの新たな一面を垣間見ることができる。マティスの作品「ラ・フランス」には、全体に無数の傷跡が見受けられる。一気に描かれたように見えるこの作品は、製作過程写真の分析により、一度描いてから絵具を削りはがしてはまた描きなおされ、約3週間かけて完成したことが分かっている。 作品裏面に隠されたゴッホの制作過程の謎 また、ゴッホの「草むら」の裏面には、印象派の絵画に施されることが多いカンヴァスの裏打ちがなく、絵具の付着やサインのような文字が見られる。それらを手掛かりに、作品をX線分析による絵具の成分検証や、ゴッホが弟テオに宛てて書いた絵具の入手記録などを調査。作品制作当時の状況を探るべく、さらなる調査が進められている。 「印象派、記憶への旅」出品点数:74点出品作家:ゴーガン、コロー、ドラクロワ、ピサロ、モネ、ルノワール、シスレー、セザンヌ、マティス、ピカソなど■ポーラ美術館期間:2019年3月23日(土)~7月28日(日)住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285開館時間:9:00~17:00(最終入館は16:30)料金:大人1,800円(1,500円)、シニア割引(65歳以上)1,600円(1,500)、大学・高校生1,300円(1,100円)、中学・小学生700円(500円)、障害者手帳を持参の本人及び付添者(1人まで)1,000円(1,000円)※中学生・小学生の入場については土曜日は無料。※シニア割引と障害者手帳をお持ちのご本人及び付添者の料金は、ほかの割引と併用不可。■ひろしま美術館期間:2019年8月10日(土)~10月27日(日)※会期中は無休住所:広島県広島市中区基町3-2(中央公園内)TEL:082-223-2530 開館時間:9:00~17:00(金曜日は19:00まで/最終入館は閉館の30分前まで)入場料:大人1,300円(1,100円)/大学・高校生1,000円(800円)/中・小学生生600円(400円)※( )内は前売りまたは20名以上の団体料金。65歳以上は一般団体料金(1,100円)。年齢確認のできるものを受付に提示。障がい者手帳提示で本人と同伴者1名まで無料。※料金は全て消費税込み。
ファッションプレス
落合陽一の展覧会「質量への憧憬 〜前計算機自然のパースペクティブ〜」天王洲で、約20点の写真展示
メディアアーティスト・落合陽一手掛ける展覧会「質量への憧憬 〜前計算機自然のパースペクティブ〜」が、2019年1月24日(木)から2月6日(水)まで、東京・天王洲アイルのアマナスクエアにて開催される。 www.fashion-press.net 世界的なメディアアート賞であるアルス・エレクトロニカ賞を受賞するなど、国内外で注目を集める落合陽一。そんな彼がメディアアートを含めた一連の制作において探求し続けたのが、「イメージによる表現」と「物質による表現」の間の表現の可能性だ。今回は、その表現方法の1つである“写真”にフォーカスし、展覧会の為に撮り下ろした作品を含む約20点の連続写真を展示。またインスタレーションも鑑賞することが出来る。 会場に並ぶのは、落合陽一が切り取る不可逆的な瞬間、視点、またその集合体として捉えた風景。それらはデジタル表現化されることで、独特な美的感覚を人々に提供する。 落合陽一は写真という表現方法について、「僕が写真を撮るとき、アナログな身体と光の中でそこにあるデジタルを研ぎ澄ます。デジタルでしか見えない世界認識で、失われつつあるものを切り取り、手触りを与えるプロセスを通じ、時間と空間の解像度との対話をしている。」と説明する。 レンズを通した二次元の表現方法で、どこまで人々の感性を刺激できるのか。質感や物質性そのものに注目した作品から、落合陽一の“写真家”としての一面に迫り、その美的感覚の根底を探ってみてはいかがだろう。 【詳細】 「質量への憧憬 〜前計算機自然のパースペクティブ〜」 会期:2019年1月24日(木)~2月6日(水) 場所:アマナスクエア(session hall/IMA gallery/IMA cafe) 住所:品川区東品川2-2-43 T33ビル1F 入場料:無料
ファッションプレス
140万人を魅了した展覧会がアジア初上陸!『PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス』
2018.12.19 大人にも子どもにもファンが多い、PIXARアニメーション。六本木ヒルズ展望台 東京シティビューは、2019年4月13日(土)~9月16日(月・祝)までの期間にて、ピクサー・アニメーション・スタジオの映画を生み出す「技法と科学」に迫る展覧会『PIXARのひみつ展 いのちを生み出すサイエンス』を開催する。 本展は、『The Science Behind PIXAR』と題して2015年にボストンサイエンスミュージアムで初開催され、その後アメリカおよびカナダで140万人以上(合計8箇所)を動員した展覧会で、今回の東京シティビューでの開催は、アジア初となる。 『PIXARのひみつ展 いのちを生み出すサイエンス』は、実際のアニメーション制作のカギとなる8つの工程を通してPIXARアニメーションを支える科学について学べるハンズオン展示。モデリングやリギング、アニメーションといった専門的な知識や技術を、『トイ・ストーリー』や『ファインディング・ニモ』などPIXARアニメーションの人気キャラクターを使って体験することができ、自由研究などにもお勧めだ。 2019年7月12日(金)より、いよいよトイ・ストーリーの次なる冒険『トイ・ストーリー4』の日本公開を控えるPIXAR。ぜひこの機会に、その魅力を紐解く『PIXARのひみつ展』を楽しみたい。 (Text:TPDL) <開催概要> 『PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス』 会期:2019年4月13日(土)~9月16日(月・祝) 会場:六本木ヒルズ展望台東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階) 入場料:一般1,800円、高校生・大学生1,200円、4歳~中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円 問い合わせ :03-6406-6652(東京シティビュー) URL:https://tcv.roppongihills.com/jp/exhibitions/pixar/index.html
TOKYOWISE
年末年始に九州へ行く人は必見!素敵な体験ができる展覧会
こんばんは。アートテラーのとに~です。毎年この時季になると同じことを口にしている気がしますが、1年ってあっという間ですね。ちょっと前まで、今年が...
GINGERweb
デンバーで、ディオールの歴史を巡る展覧会を。
デンバーで、ディオールの歴史を巡る展覧会を。
VOGUE
写真家・蜷川実花×デジタルミュージアム「チームラボボーダレス」の展覧会がラフォーレ原宿で開催
ラフォーレミュージアム原宿では、写真家・蜷川実花のフォトエキシビション「Mika Ninagawa @ teamLab Borderless」を2018年12月18日(火)から12月22日(土)まで開催する。 www.fashion-press.net 2018年6月、お台場パレットタウンにオープンした「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」。チームラボと森ビルが手がけた同館は、テクノロジーとクリエイティブを融合した様々なジタルアート作品のなか、自分もアートの一部分になったような感覚が味わえる世界初のデジタルアートミュージアムだ。 今回のフォトエキシビション「Mika Ninagawa @ teamLab Borderless」は、その「チームラボボーダレス」の来場者が100万人を突破したことを記念し、写真家・蜷川実花の独自の感性で表現してほしいというオファーからスタートしたものだ。会場では、蜷川実花が「チームラボボーダレス」の世界を切り撮った作品と、彼女が自身のミューズとも語る玉城ティナをモデルとして起用し、「チームラボボーダレス」の世界を撮影した作品、あわせて21作品を展示する。 会期中は、会場でしか手に入らない特製ブックレットZINE 「Mika Ninagawa @ teamLab Borderless」を限定1,000冊で販売する。 【詳細】 フォトエキシビション「Mika Ninagawa @ teamLab Borderless」 開催日時:2018年12月18日(火)~12月22日(土) 11:00~21:00 会期中無休 会場:ラフォーレミュージアム原宿 住所:東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿6階  入場:無料
ファッションプレス
シルバニアファミリー初の大規模展覧会が東京・大阪ほか全国巡回へ - 人形など1,000種以上を公開
「シルバニアファミリー」1,000種類以上を一堂に公開する初めての大規模展覧会「シルバニアファミリー展」が、松屋銀座8階のイベントスクエアにて2019年3月13日(水)から3月25日(月)まで開催される。また、2019年4月24日(水)から5月6日(月・祝)までは阪急うめだ本店で開催され、その後、全国へと巡回する。 ©EPOCH 日本で生まれ、今や世界中にファンを持つ「シルバニアファミリー」。その始まりは、30年以上前に登場した、9種類の動物の家族、1つのお家と11種類の家具というシリーズだった。小さな手のひらサイズの人形は、子どもだけではなく大人までも魅了し続け、現在までに約70種類の家族、約100種のお家やお店等と約230種類の家具などが登場している。まさに日本を代表するロングセラー玩具だ。 「シルバニアファミリー展」は、ファンタジックな「シルバニアファミリー」の世界にどっぷり浸れる展覧会。人形をはじめ、お家や家具など国内で販売された商品を中心に1,000種類以上を一堂に公開する。また、日本ドールハウス協会やドールハウス作家も参加した本展のための新作ドールハウスも展示。さらに、シルバニア村を再現した大型ジオラマ、美術・服飾学校とのコラボレーション作品なども、会場に並ぶ。 また、グッズコーナーも設置され、展覧会限定人形をはじめ、会場でしか購入できない展覧会限定商品などを販売する。 【詳細】 シルバニアファミリー展 会期:2019年3月13日(水)~3月25日(月) 10:00~20:00  ※2019年4月24日(水)~5月6日(月・祝)まで阪急うめだ本店にて開催。その後全国巡回予定。  会場:松屋銀座8階イベントスクエア   ※入場は閉場の30分前迄、最終日は17時閉場 ※営業時間は変更になる可能性あり。 入場料:一般 1,000円(700円) 他。 ※(  )内は前売り料金  ※前売券は各プレイガイドにて2月上旬から3月12日まで販売予定 。 【問い合わせ先】 松屋銀座 TEL:03-3567-1211(大代表)
ファッションプレス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理