1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 夜の新宿御苑が一夜限りの体感型ミュージアムに変貌

夜の新宿御苑が一夜限りの体感型ミュージアムに変貌

  • 2018.10.1
  • 1639 views

東京・新宿御苑では、光と音によるインスタレ―ションを展示した回遊イベント「GYOEN NIGHT ART WALK 新宿御苑 夜歩(よあるき)」を10月12日(金)開催する。

【写真を見る】光による空間演出を行う大規模イベント

「GYOEN NIGHT ART WALK 新宿御苑 夜歩(よあるき)」 ※イメージ
KADOKAWA

通常閉園している夜の新宿御苑を開放して行われる本イベント。空間演出は、様々なインスタレーションやフェスティバル、イベントなどを手がけるライゾマティクス(Rhizomatiks)の建築部門ライゾマティクス・アーキテクチャー(Rhizomatiks Architecture)が担当する。新宿御苑にランドスケープアートを施し、自然とテクノロジーを融合させることで、東京の都市空間において魅力的な空間を創出する。

園内約2キロ強のコースには複数の通過型インスタレーションを設置し、光と音を主な表現方法とした演出により、自然豊かな木々や庭園は一夜限りのミュージアムに変貌。歩きながらアート空間に没入できるという、今までにない体験ができる。

【写真を見る】光による空間演出を行う大規模イベント
KADOKAWA
車いすロードレースのVR体験「CYBER WHEEL」
KADOKAWA

このほか、パラスポーツの疑似体験ができる車いすレースのVR体験や、光やインタラクティブな作品制作を得意とする若手アーティストのインスタレーション作品展示なども同時に行う。参加は事前予約制で参加費は無料。先着順の案内となるため、気になる方は早めにチェックしてみてほしい。(東京ウォーカー・モリオカユカ)

元記事を読む