インド映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』1人の男と迷子の少女の2人旅を描いた注目作

インド映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』1人の男と迷子の少女の2人旅を描いた注目作

映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』が、2019年1月18日(金)より全国で公開される。

undefined
www.fashion-press.net

インド映画興行収入歴代3位を誇る注目作が日本上陸

『バジュランギおじさんと、小さな迷子』は、インド国内映画賞で30近くもの賞を獲得し、全世界でも150億円に迫る興行収入を上げる、インド人の男とパキスタン人の迷子の少女の物語を描いた大ヒット作品。2015年の公開から3年経った今現在もインド映画として『ダンガル きっと、つよくなる』『バーフバリ 王の凱旋』に次ぐ世界興行成績歴代3位をキープしている。

キャストにはインドの人気俳優が集結

主人公のお人好しな男性・パワンを演じるのは、インド映画界で最も影響力のある“3大カーン”のひとり、サルマン・カーン。彼は本作においてプロデューサーも務めるなど、演技から制作まで多方面で重役を担う。

また、声を出せない迷子シャヒーダー役で、誰もが心惹かれる豊かな表情を見せてくれるのは、5000人のオーディションから選ばれたインドの超人気子役・ハルシャーリー・マルホートラ。その他、『きっと、うまくいく』のカリーナ・カプール、『LION/ライオン 25年目のただいま』のナワーズッディーン・シッディーキーなど、日本でも馴染みのある豪華な顔ぶれが集結した。

なお、監督は『タイガー 伝説のスパイ』でもサルマン・カーンとタッグを組んだ経験のあるカビール・カーンが担当する。

ストーリー

パキスタンの小さな村に住む女の子シャヒーダー。幼い頃から声が出せない障害を持った彼女を心配したお母さんと一緒に、インドのイスラム寺院に願掛けに行くが、帰り道で一人インドに取り残されてしまう。そんなシャヒーダーが出会ったのは、ヒンドゥー教のハヌマーン神の熱烈な信者のパワンだった。バカがつくぐらいの正直者で、お人好しなパワンは、これも、ハヌマーンの思し召しと、母親とはぐれたシャヒーダーを預かることにしたが、ある日、彼女がパキスタンのイスラム教徒と分かって驚愕する。歴史、宗教、経済など様々な部分で激しく対立するインドとパキスタン。それでもパスポートもビザもなしに、国境を越えてシャヒーダーを家に送り届けることを決意したパワンの旅が始まった。果たしてパワンは無事にシャヒーダーを母親の元へ送り届けることができるのか!?

【詳細】
映画『バジュランギおじさんと、小さな迷子』
公開日:2019年1月18日(金)
監督:カビール・カーン
出演:サルマン・カーン、ハルシャーリー・マルホートラ、カリーナ・カプールほか

提供元: ファッションプレスの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
映画+散策で渋谷を楽しみ尽くす、ミニマップが配布開始。
シネコンだけでなく、個性あふれるミニシアターが点在する映画の街、渋谷。その渋谷のミニシアター7館のスタッフが、映画鑑賞と併せておすすめしたい渋谷のアドレスを紹介するマップ「渋谷ミニシアター手帖」(無料...
madame FIGARO.jp
マツコの指摘に国民的美少女が涙「まだ覚悟ができてないわ」
11月15日に放送された「アウト×デラックス」(フジテレビ系)に、女優の工藤綾乃がゲスト出演。国民的美少女が酒浸り生活に...
ザテレビジョン
映画『WALKING MAN』ラッパーANARCHY初監督×主演・野村周平、半自伝的な青春物語
ラッパーのANARCHY(アナーキー)が初監督を務める映画『WALKING MAN』の製作が決定。主演に野村周平を迎え、2019年に公開される。 www.fashion-press.net ラッパーANARCHYが初監督、主演に野村周平 日本を代表するラッパーANARCHY(アナーキー)が初めて映画監督を務める本作。普段からANRCHYと親交の深い野村周平が主演、『スカイハイ』や『SIDOOH/士道』などで知られる漫画家の高橋ツトムが企画プロデュース、ドラマ「民衆の敵」の梶原阿貴が脚本と、ボーダーレスなチームで完全オリジナル作品に挑む。 ラップを題材にした半自伝的な青春物語 野村周平が演じる主人公アトムは、極貧の母子家庭で育ち、幼い頃から吃音症でコミュ障、さらに事故で重症の母親を抱え、思春期の妹を放っておけないという気弱で心優しき青年。不用品回収業のアルバイトで生計を立てる彼がラップと出会い、バカにされながらも、最底辺の生活から抜け出すべく奮闘し成長を遂げていく青春物語だ。監督のANARCHY自身の実体験も盛り込まれており、半自伝的な作品にもなっている。 ANARCHY「『ありがとう』『愛してる』口から出して伝えたくなるような作品に」 監督のANARCHYは本作の製作にあたって、次のようにコメントを残している。「僕はラッパーです。25歳の頃から描いていた夢の一つが、35歳になったら映画を撮る事でした。僕はミュージシャンですが、映画は目で見て耳で聴く、究極のアートだと思っています。いきなり素人が映画監督?そう思う人は沢山いると思います。ただ自分の感覚だけを信じて今までやってきました。慣習にとらわれず、今までになかった「リアルな現実、ヒップホップ、ラップ」を題材にした、現代の若者達の心を突き動かす物が作りたいと思い、まず漫画家の高橋ツトム先生に相談したのが始まりです。僕が表現したい事をギッシリつめるのに2年間かかりました。そして最高の本ができ、最高のキャスト・スタッフが集まってくれたと思ってます。主演は野村周平君にオファーしました。この映画ではリアルなストリート感を表現したく、演じるだけではできない、元々彼の中にあるものを引き出せば良いものが撮れると確信しています。主人公のアトムは若くして父親を亡くし、母と妹の三人で暮らし、けして裕福ではない普通の家族の普通の男の子です。上手に話すこともできない内気な1人の少年が劇中で一台のウォークマンと出会い、何かが変わっていく、人生の葛藤を描いた青春ストーリーです。この映画を通して若者達が一歩踏み出す勇気が持てる映画にしたいです。多くの人達が心にしまっている言葉「ありがとう」「愛してる」口から出して伝えたくなるような作品になると思っています」 作品情報 映画『WALKING MAN』公開時期:2019年主演:野村周平監督:ANARCHY(アナーキー)©2019 映画「WALKING MAN」製作委員会
ファッションプレス
”悪”から盗んで生き延びる少年窃盗団。”サバイバルな青春”が熱く切なく、爽快!<連載/ウワサの映画 Vol.60>
少年犯罪の実情をつづったルポに基づく人気コミックスを映画化した「ギャングース」。自称「裏にも表にも行けないハンパな奴ら」...
ウォーカープラス
映画「春待つ僕ら」稲葉友、男の距離の縮め方は『とにかく触る!』
土屋太鳳主演の映画「春待つ僕ら」(12月14日[金]全国公開)で、バスケ部男子を演じた北村匠海や磯村勇斗、杉村遥亮らキャ...
ザテレビジョン
インド人は「ナン」を食べない? インド料理の実態に驚きの声続出!
インドカレーを食べる時は、ライスとナンのどちらで食べるか悩みますよね。ライスも魅力的ですが、ナンはインドカレーならではの...
レタスクラブニュース
片思いのカレと急接近!男性を映画に誘うべき理由
片思いの男性との距離を縮めるために、デートに誘ってふたりで過ごす時間を作りたいものですよね。 そんなときにおすすめなのが映画デート。 片思いの男性を映画に誘うことには、いろんなメリットがあるんですよ! 今回は、片思いの男 […]
愛カツ
土屋太鳳&北村匠海の音楽ユニット、TAOTAKが歌う「Anniversary」が映画の主題歌に!
土屋太鳳と北村匠海の音楽ユニット・TAOTAKが、11月16日(金)に配信限定で「Anniversary」をリリースする...
ザテレビジョン
映画「ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~」主演! 久間田琳加さんにインタビュー
■ よく行く原宿での撮影はリラックスして臨めた 久間田琳加さんの初主演作品となる映画「ヌヌ子の聖★戦」が11/16㊎に公...
ウォーカープラス
「映画のまち調布」で無料の野外映画イベント開催!
昭和30年代には「東洋のハリウッド」と呼ばれ、日本映画全盛期を支えた街、調布市。現在も撮影所をはじめ、多数の映画・映像関連企業が集積されている。そんな「映画のまち調布」の多摩川河川敷に巨大スクリーンが登場!11月18日(日)に無料野外映画イベント「CHOFU RIVER SIDE CINEMA」が開催される。 劇場の舞台は、京王多摩川駅から徒歩5分程度の多摩川児童公園自由広場。芝生が広がり、電車や多摩川が一望できる調布らしい景色のなかに幅約10mものスクリーンが設置される。 上映されるのは、世界中で愛されるピーターラビットを実写化した2018年のヒット作「ピーターラビット」(日本語吹き替え)。開放的なスペースで自由に鑑賞を楽しめる。 イベントは13時より開催。飲食の販売やDJによるパフォーマンスがおこなわれる予定だ。上映は17時開始。席はないため、自由に好きな場所で好きなスタイルで楽しめる。ただし夜は冷え込むため、暖かい格好での参加がオススメ。敷物やキャンプチェアを持参すると快適だ。 開放感あふれる多摩川の河川敷での大迫力の映画上映を体験してみて!
ストレートプレス
映画『暁に祈れ』“この世の地獄”と呼ばれた刑務所、ムエタイとの出会いが男の人生を変える
映画『暁に祈れ』が、2018年12月8日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほかで順次全国公開される。 © 2017 - Meridian Entertainment - Senorita Films SAS ビリー・ムーアの自伝ベストセラー小説を完全映画化 イギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝ベストセラー小説を完全映画化。映画『暁に祈れ』では、ジェレミー・ソルニエ監督作『グリーンルーム』、ラブストーリー『きみへの距離、1万キロ』で注目を集め、ポスト“トム・ハーディ”の呼び声高い新星ジョー・コールを主演に迎えた。世界的なベストセラーをベースにした真実の物語に、ジョー・コールが命を吹き込む。 “地獄”と呼ばれた刑務所、ムエタイとの出会いが男の人生を変える ジョー・コール演じるビリー・ムーアは、タイで自堕落な生活を過ごすうちに麻薬中毒者になってしまい、ある日、タイの刑務所に服役することになってしまう。ビリーが送り込まれたのは、タイで最も悪名高い刑務所。殺人、レイプ、汚職が蔓延する、まさに“この世の地獄のような場所”だった…。死と隣り合わせの日々を過ごしていく中、刑務所内に設立されたムエタイ・クラブとの出会いが彼を変えていく。ジョー・コールは、映画『暁に祈れ』に携わるにあたり、何か月も肉体改造に励んだ。ボクサー役を演じるため、鋼の肉体を手に入れ、過酷な30日間の撮影に挑んだという。 タイの元囚人たちによる迫真の演技 『オンリー・ゴッド』で刑務所長を演じたヴィタヤ・パンスリンガムや、タイの伝説的なボクサーソムラック・カムシンなどが重要な役どころで出演するものの、映画『暁に祈れ』に登場する役者の大半は、現地タイ人の元囚人たち。彼らの体験に基づいた迫真の演技が、あたかもその場にいるような臨場感を観客に与える。監督は、『ジョニー・マッド・ドッグ』のジャン=ステファーヌ・ソヴェール。地獄に落されたアウトローが、ムエタイを通じて光を見出していくパワフルな人間ドラマを描き出す。 カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部門で話題に 過去に、『新感染 ファイナル・エクスプレス』『チェイサー』など、エッジーな作品を世に送り出してきたカンヌ国際映画祭の2017年ミッドナイト・スクリーニング部門で話題となった、映画『暁に祈れ』。批評家サイト「ロッテン・トマト」で96%という高評価を獲得するなど、日本公開前に早くも話題を集めている。 ストーリー ボクサーのビリー・ムーアは、タイで自堕落な生活を過ごすうちに麻薬中毒者になってしまう。ある日、警察から家宅捜索を受けたビリーは逮捕され、タイで最も悪名高い刑務所に収容される。そこは殺人、レイプ、汚職が横行する、この世の地獄のような場所だった!死と隣り合わせの日々を過ごすビリーだったが、所内に設立されたムエタイ・クラブとの出会いが彼を変えていく。世界的なベストセラーをベースにした真実の物語。 【詳細】 映画『暁に祈れ』公開日:2018年12月8日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほかで順次全国公開監督・脚本:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール原作:ビリー・ムーア「A Prayer Before Dawn: My Nightmare in Thailand's Prisons出演:ジョー・コール、ポンチャノック・マブラン、ヴィタヤ・パンスリンガム原題:A Prayer Before Dawn
ファッションプレス
映画『ゴジラVSコング』小栗旬がハリウッド初進出、「モンスター・ヴァース」シリーズ第4弾
ハリウッド映画『ゴジラVSコング(仮)』(原題:GODZILLA VS. KONG)が、2020年5月22日に北米で公開される。 www.fashion-press.net 「モンスター・ヴァース」シリーズ第4弾 『GODZILLA ゴジラ』(2014)からスタートしたハリウッド版『ゴジラ』シリーズと、『キングコング:髑髏島の巨神』(2017)の世界がクロスオーバー、威厳あるゴジラと強大なコングの対決を描く本作。モスラ、ラドン、キングギドラなどの登場で注目を集めている映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に続く、「モンスター・ヴァース」シリーズ第4弾となる作品だ。 俳優・小栗旬がハリウッド初進出 そんな本作に、俳優・小栗旬の出演が決定。詳しい役柄は未だ明らかにされていないが、ゴジラとキングコングの対決において重要なキーとなる役所になるという。小栗はハリウッドデビューについて「ハリウッド映画に出演する事には、もちろん憧れがありました。それだけにそのハードルの高さも強く意識せざるを得ませんでした。しかし、本作の監督やプロデューサー、レジェンダリーの皆さんのこの作品に対する情熱に触れて、そのハードルにチャレンジしたいという大きな意欲が湧いてきました。我が国が作り出したゴジラが、広く世界の観客に愛され、自分がその作品の一部になれるという事に、今はひたすら興奮しています。演技者としてその作品世界に染まれるよう、全力で楽しみたいと思います」と意気込みを語っている。 また、アレックス・ガルシアプロデューサーはその起用理由について「レジェンダリーと監督のアダム・ウィンガードは、三池崇史監督の『クローズZERO』『クローズZERO II』で初めて彼を見た時から、そして、最近では『銀魂』での小栗旬の仕事を高く評価している。彼がモンスター・ヴァース(MonsterVerse)シリーズの『GODZILLA VS. KONG』に加わってくれることに非常に興奮している」とコメントしている。 アレクサンダー・スカルスガルド、ミリー・ボビー・ブラウンら出演 その他キャストには、『ターザン:REBORN』でターザン役を演じたアレクサンダー・スカルスガルド、NETFLIXの人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」でブレイクしたミリー・ボビー・ブラウン、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』にも出演するカイル・チャンドラーらの出演が決定している。監督を務めるのは、『サプライズ』や『ザ・ゲスト』などの新世代ホラーで注目を集めるアダム・ウィンガード。脚本を、『パイレーツ・オブ・カリビアン』などを手がけたテリー・ロッシオが務める。 作品情報 映画『ゴジラVSコング(仮)』(原題:GODZILLA VS. KONG)日本公開日:未定※北米公開は2020年5月22日監督:アダム・ウィンガード脚本:テリー・ロッシオ出演者:アレクサンダー・スカルスガルド、ミリー・ボビー・ブラウン、レベッカ・ホール、ブライアン・タイリー・ヘンリー、小栗旬、エイザ・ゴンザレス、ジュリアン・デニソン、カイル・チャンドラー、デミアン・ビチル© 2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. & LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS LLC.
ファッションプレス
平野紫耀、関西弁披露でファン歓喜! 映画『ういらぶ。』大阪舞台挨拶
平野紫耀(King & Prince)のCDデビュー後初主演作となる映画『ういらぶ。』が11月9日(金)より公開中。11...
ウォーカープラス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理