女性刑事熱演の吉田羊「“演じる”というのは“役を生きること”だと思わせてくれた作品」
「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」で主人公の女性刑事・石川百合を演じる吉田羊
(C)WOWOW

吉田羊主演の「連続ドラマW コールドケース2 ~真実の扉~」が10月13日(土)からスタート(毎週土曜夜10:00-11:00、WOWOWプライム※第1話は無料放送)。

【写真を見る】百合(吉田羊)たちのチームを束ねるボス・本木秀俊(三浦友和)

本作は、米CBSの大ヒットドラマ「コールドケース」を、オリジナル脚本と日本人キャストでリメークしたもので、未解決凶悪犯罪、通称“コールドケース”を扱う捜査チームの活躍を描く。2016年10月に放送された第1シーズンから2年がたち、よりパワーアップした神奈川県警捜査一課の5人が、再び難事件に立ち向かう。

今回は、主人公の女性刑事・石川百合を演じる吉田にインタビューを行い、役に没頭したという彼女の作品への取り組み方やキャスト・スタッフに対する深い愛情が明かされる。

――2年ぶりにコールドケースがスタートしますが、シーズン2をやると聞いたときの心境をお聞かせください。

私自身、この作品と石川百合というキャラクターが大好きなんです。女優として正しい位置に戻してくれますし、自分との境目が分からなくなるくらい感情移入できる役なので、本当に一生付き合っていきたい作品だと思っていました。なので、シーズン2が決まった時はとにかくうれしかったです。続編というのは愛してくれる方がいないと成立できないことですので、視聴者の皆さまと愛される作品を作ってくださったプロ集団のスタッフに心から感謝する思いでした。

ただし、2年後を描くというのは同じ世界でありながら新しいものを提供しなければならないし、もう一段階上の作品作りが必要となります。実際に現場に入ってみると、より深く進化した作品になっているなと思いましたので、その辺りは杞憂(きゆう)に終わりました。

――具体的に「もう1つ上の作品作り」とはどういうものなのでしょうか?

シーズ1をへているので「ここで百合さんはどうするだろう?」と考える必要がありませんでした。言ってしまえば、“私が感じたこと=百合さんの考えである”という結論に至ったので、「役としてどうするのか」ではなく「このシーンをどうするのか」という時間に充てられたという意味で、もう一段階上の作品作りができたと思っています。

――役と一体化できるのは役者としてとても幸せなことですね。

そうですね。演じていて無理がないというのは私にとって理想的で、その点で百合さんは天職というか(笑)、“演じる”というのは“役を生きること”だと思わせてくれた作品でもあります。

――シーズン1と比べてキャストやスタッフのチームワークはいかがでしたか?

シーズン2の撮影初日、1と変わらないロケーションとスタッフがいて「ホームに帰ってきたな」と感じました。それが1人よがりの考えではなく、リハーサルを終えた際に監督が「OK! 百合が帰ってきた!」って言ってくださったんです。「あーみんな同じ気持ちでいてくださったんだ」と思って、そういう意味でも「私のホームはここなんだな」って思いました。

安心感があって懐が深く、何をやっても受け止めてくださるし、もちろん返してもくださるし、そこの信頼関係というのは、このシリーズをより進化させる要素だと思っています。

――レギュラーメンバーと改めて共演して新しい発見はありましたか?

高木信次郎を演じる永山(絢斗)くんに関しては、彼が心を開いてくれたなと(笑)。シーズン1では私のことを「吉田さん」と呼んでいましたが、今回は「羊さん」と呼んでくれるようになりました。そんなこともあってか、永山くんとのシーンはディスカッションする瞬間が多くありました。

あと、三浦友和(本木秀俊役)さんが、シーズン1より我々の近くにいてくれるようになりました。前回はランチが別々だったんですけど、今回は三浦さんの方から「一緒に食べようか」と言ってくださって。「カメラが回っていないところでもチームワークができているな」と思いました。

――撮影中の印象的なエピソードをお聞かせください。

滝藤賢一(立川大輔役)さんが、ずっと鍛えていて空き時間に滝藤流のストレッチを全員でやった思い出があります(笑)。あとは、みんな光石研(金子徹役)さんが大好きなんですけど、光石さんに言うせりふに対して、感情が入り過ぎるといううれしい悩みもありましたね(笑)。

――本編を拝見しましたが、どことなく高木に向ける百合の表情が「優しくなったな」と感じました。

シーズン2は1よりも「“慈しみ”が増したな」と思っていて、高木はシーズン1で起こった悲しい出来事をへていますし、さらに私自身も赤松(ユースケ・サンタマリア)の事件をへています。そんな中で、捜査一課の5人が互いを思いやったり、労り合ったりして絆が深まっているように思います。

「百合さんは孤独ではないのかもしれない」とも感じました。百合も同じようなことを思ったのだとしたら、きっとこの2年間で、あの4人に対して彼女はより心を開いただろうし、捜査対象者にしても「心のそばに立つことを怖がらなくなっただろう」と想像しました。そうしたものが結果的に慈しみにつながっている気がします。

――撮影中に心の支えになったものは何ですか?

捜査一課のメンバーが心の支えでした。撮影が長丁場になることもありましたが、それでも楽しくいられたのは「現場に行けばあの4人に会える」と思えたからです。

――百合と似ていると感じる部分はありますか?

誤解を恐れずに言えば、私は「結局人は孤独だ」と思っていて、百合さん自身も小さい頃から絶対的な孤独を抱えていて「人間は完全に分かり合うことはできない」と考えているんです。だからこそ「寄り添おうとすること」はできるのかなと。分かったふりをして側にいるのではなく、「分からないけど側にいるね」という百合さんのスタンスは共感できます。

――ではまったく違う点はありますか?

頭の良いところ(笑)。百合さんは心理学も学んでいて切れ者だし、「こういう風になれたらいいな」と思っていますね。

――石川百合を演じてみて意識の変化はありましたか?

先ほど「女優として正しい位置に戻してくれる」と申しましたが、この役をへて別の作品に入った時に、無理をしている自分に気付くんです。「あ、これ芝居をしようとしているな」というバロメーターになりましたね。(ザテレビジョン)

提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
草間彌生作品を一挙公開!紅葉の名所、東山エリアにフォーエバー現代美術館 祇園・京都が拡張オープン
今が見ごろの紅葉の名所でもある清水寺や知恩院、高台寺が位置するエリアでもある東山地区。そんな東山地区に、祇園甲部歌舞練場...
ウォーカープラス
和田雅成の身も心もボロボロに!転機になった作品とは?【和田雅成web限定連載】
■ 「薄桜鬼」の舞台中は、夢の中でも戦いを繰り広げてました芸能界に足を踏み入れたきっかけや、お芝居に対する思いについて明...
ザテレビジョン
GLOW:宝島社のファッション誌がイベント 山崎育三郎や吉田羊が登場
宝島社のファッション誌「GLOW(グロー)」の読者イベント「GLOWプレミアムサロン2018」が11日、渋谷ヒカリエ(東京都渋谷区)で開かれた。同誌の読者約1000人が参加し、俳優の山崎育三郎さんや女優の吉田羊さんのトークショー、出展企業の体験型ブースなどを楽しんだ。
毎日キレイ
上川隆也「遺留捜査」“らしくない”SPに『作品の懐がまた一つ深くなった』
上川隆也主演の人気シリーズ「遺留捜査」のスペシャルが、11月11日(日)夜9時からテレビ朝日系でオンエア。同ドラマは、超...
ザテレビジョン
麻生久美子&中村倫也、初共演で“欲望”がぶつかり合う!「どんな作品になるのか楽しみ」
麻生久美子と中村倫也が、2019年3~4月に上演される舞台「クラッシャー女中」でW主演を務めることが分かった。本作は、全...
ザテレビジョン
「ルームロンダリング」池田エライザインタビュー! 『明日が少し豊かになる作品になっています』
MBSは毎週日曜、TBSでは毎週火曜に放送中のドラマイズム「ルームロンダリング」。事故物件に住み込み、その事故履歴を帳消...
ザテレビジョン
『謎解きはディナーのあとで』などの書籍カバーを手掛ける中村佑介の作品が名古屋に集結!
2018年11月16日(金)から12月2日(日)まで、「名古屋パルコ」(名古屋市中区)西館6階のパルコギャラリー、南館8...
ウォーカープラス
ASOKO×キース・へリング、80年代の作品がモチーフのポップなトート&マグカップなど
雑貨ストア「ASOKO(アソコ)」から、アメリカのポップ・アーティスト「キース・へリング(Keith Haring)」とコラボレートしたアイテムが登場。2018年11月3日(土)より発売される。 www.fashion-press.net 20世紀を象徴するアーティストの1人、キース・ヘリング。今回のコラボレーションでは、彼が残した1980年代の作品にフィーチャーし、そのデザインをアイテムへと落とし込んだ。 シンプルでありながらもパワフルな人間や動物模様のグラフィックは、トートバッグやポーチをはじめ、クリアファイルやノートなどの文房具、食器類やクッションといったホームデコなどに登場。レッド、イエロー、ブルーなど、キース・へリングらしい明るいカラーを取り入れた、ポップなアイテムに仕上がっている。 【詳細】 ASOKO de Keith Haring 発売日:2018年11月3日(土) 取扱店舗:ASOKO原宿店、神戸ハーバーランドumie店、ららぽーとEXPO CITY店、河原町OPA店、ASOKO+3COINS/ルクアイーレ 4階 イセタンクローゼット内催事スペース(大阪市北区梅田3-1-3) アイテム例: ・2WAYトートバッグ 400円 ・キャンバスポーチ 300円 ・A5ノート 200円 ・マグカップ 400円 ・ダイカットクッション 600円
ファッションプレス
『ファンタビ』と合わせて楽しみたい!『ハリポタ』シリーズ6作品がHuluで見放題
『ハリー・ポッター』シリーズの生みの親J.K.ローリング原作のファンタジーとして、2016年に公開され注目を集めた『ファ...
Movie Walker
今泉力哉監督が明かす、最新作『愛がなんだ』とこれまでの作品との違いとは?
東京・六本木をメイン会場に開催中の第31回東京国際映画祭で28日、コンペティション部門に出品されている今泉力哉監督の最新...
Movie Walker
USJ2019年の注目アトラクション - コナンやエヴァ、進撃の巨人、セーラームーンなど人気作品集結
「ユニバーサル・クールジャパン2019」が、2019年1月18日(金)から6月23日(日)までのスプリング・タームと、2019年5月31日(金)から8月25日(日)までのサマー・タームの2つの期間に分けて開催される。 www.fashion-press.net 史上最多の6作品が集結 2015年にスタートした「ユニバーサル・クールジャパン」は、日本が世界に誇る“クール”なエンターテイメントブランドの世界観を、パークならではのアイデアと圧倒的なスケールでリアルに体感できるイベントだ。これまでに数多くの人気作品がアトラクションのモチーフとなってきたが、2019年は史上最多となる6つの作品から計8アトラクションがラインナップ。 「名探偵コナン」からは最多3つのアトラクションが出現 2018年に公開された劇場アニメ『名探偵コナン ゼロの執行人』の記録的ヒットが記憶に新しい「名探偵コナン」からは、「ユニバーサル・クールジャパン2019」では1つの作品から最多となる3つのアトラクションが登場。2017年、2018年と好評を得たリアル脱出ゲーム「名探偵コナン・ザ・エスケープ」と、食×ミステリーのエンターテイメント・レストラン「名探偵コナン・ミステリー・レストラン」、謎解きラリー「名探偵コナン・ミステリー・チャレンジ」の3種のアトラクションで、その世界観が楽しめる。 また、前半戦のスプリングタームで同作とタッグを組む「ルパン三世」からも、ノンストップの高速カーチェイスが楽しめるXRライド「ルパン三世カーチェイス XRライド」と、エンターテイメント・レストラン「ルパン三世リストランテ・アモーレ」の2つのアトラクションが登場する。 後半戦には「進撃の巨人」「エヴァンゲリオン」「セーラームーン」が登場 後半戦のサマー・タームにも、全く新しいショー型アトラクションとなる「進撃の巨人」、ここでしか見られないコラボレーションとなる「ゴジラ」×「エヴァンゲリオン」のシアターアトラクション、内容を一新して登場する「美少女戦士セーラームーン」のシアターアトラクションと、人気作品をモチーフにした様々なアトラクションが用意されている。 開催概要 「ユニバーサル・クールジャパン2019」開催期間:スプリング・ターム 2019年1月18日(金)〜6月23日(日)サマー・ターム 2019年5月31日(金)〜8月25日(日)<スプリング・ターム>「名探偵コナン」・「名探偵コナン・ザ・エスケープ」開催期間:2019年1月18日(金)~6月23日(日)開催施設:ステージ18チケット発売日:2018年11月15日(木)価格:2,980円(税込)・「名探偵コナン・ミステリー・チャレンジ」開催期間:2019年1月18日(金)~5月26日(日)開催施設:ステージ18、パーク内各所・「名探偵コナン・ミステリー・レストラン」開催期間:2019年1月18日(金)~5月26日(日)開催施設:ロンバーズ・ランディングチケット発売日:2018年12月中旬価格:大人4,980円(税込)、子ども2,550円(税込)「ルパン三世」・「ルパン三世カーチェイス XRライド」開催期間:2019年1月18日(金)~6月23日(日)開催施設:スペース・ファンタジー・ザ・ライド・「ルパン三世リストランテ・アモーレ」 開催期間:2019年1月18日(金)~5月26日(日)原作/青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中) © 2019 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会 ©モンキー・パンチ/TMS・NTV © 諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会 TM & © TOHO CO., LTD. ©カラー ©Naoko Takeuchi 書・紫舟 TM & © Universal Studios. All rights reserved. © SCRAP All rights reserved.
ファッションプレス
刻まずに流れる美しい“時”を表現した作品、青山にて公開
高級ウオッチブランド『グランドセイコー』がミラノデザインウィーク2018で発表したインスタレーション展示「THE FLOW OF TIME」の東京展を『DESIGNART TOKYO 2018』の公式プログラムとして10月20日(土)~27日(土)の期間「polygon 青山」にて開催する。 開幕に先立ち、19日(金)からミラノでの展示風景に加え、東京展のハイライトと気鋭のクリエーター、吉泉聡氏、阿部伸吾氏の撮り下ろしコメントを含む最新動画を公開中。 本展は、なめらかな針の動きを特徴とし、ぜんまい駆動でありながら、従来にはない日差1秒以内という高精度を実現したセイコー独自の駆動機構「スプリングドライブ」をモチーフに選び、日本人の美意識の中にある自然界の“時の流れ”を映し出すかのようなその世界観を空間として表現したもの。 インスタレーション展示「THE FLOW OF TIME」の開催時間は、10:30~19:30。会期中は無休。 会場内は撮影も可能で、アート作品を観て楽しむ以外にもスマートフォンでの写真や動画撮影も楽しめる。フォトジェニックな特別な空間をぜひ体験してみては? 『グランドセイコー 公式WEBサイト』 ( http://www.grand-seiko.com/jp-ja/ladies ) ■ 「polygon 青山」 住所: 港区北青山3-5-14 青山鈴木硝子ビルB1 (東京メトロ 表参道駅A3出口 徒歩2分)
ストレートプレス
「ザ・ロウ」DSMGでジャン・プルーヴェ作品のインスタレーション&メンズウェア展開
ファッションデザイナーのメアリーケイトとアシュレー・オルセン姉妹が手掛けるブランド「ザ・ロウ」は、建築家・デザイナーのジャン・プルーヴェが手がけた作品をフィーチャーしたインスタレーションを、ドーバー ストリート マーケット ギンザで10月25日まで開催している。
MODE PRESS
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理