水族館プロデューサーに聞く、消える水族館と伸びる水族館を分けるもの

東京タワー水族館(東京都港区)が2018年9月末で閉館し、40年の歴史に幕を下ろした。2018年1月に閉館した犬吠埼マリンパーク(千葉県銚子市)も、展示生物が取り残されているとして話題を呼んでいる。歴史ある水族館が相次いで閉館する一方で、サンシャイン水族館(東京都豊島区)のようにリニューアルで大きく客足を伸ばす水族館もある。

【写真を見る】サンシャイン水族館「草原のペンギン」

水族館を取り巻く現況や、明暗を分けるポイントはどこにあるのだろうか。サンシャイン水族館をはじめ、新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)や北の大地の水族館(北海道北見市)など数々の水族館のリニューアルに携わる水族館プロデューサーの中村元氏に話を聞いた。

水族館プロデューサーの中村元氏と、サンシャイン水族館の「天空のペンギン」展示
KADOKAWA

「大人」が支える水族館人気

――東京タワー水族館の閉館発表は大きな話題となりました。まず、水族館を取り巻く現状はどうなっているのでしょうか。

「水族館全体で見れば人気はずっと続いていると思います。すべての水族館を合わせた総入館者数はここ数年右肩上がりで動物園をしのぐほどの人気ですし、水族館の新オープンやリニューアルも頻繁にされています。動物園でも、円山動物園や旭山動物園といった来場者が増えている園は、水中トンネルなど水族館の展示手法を積極的に取り入れています」

――いま水族館が人気施設となっている理由はどこにあるのでしょうか。

「端的に言えば、水族館は大人が行く場所で、動物園は子どもが行くところだからです。本来、動物園にはゾウやキリン、ライオンといった子どもでも知っている動物がたくさんいるので、訴求力では水族館の生き物より動物のほうがはるかに強いんです。

一方、少子化で子どもの数がどんどん減っているので、相対的に大人の需要が大きくなっていますし、その大人が行きたくなるところとして水族館が選ばれていると考えています」

――単身者も増えていますし、子ども連れであっても行き先を選ぶのは親だから、大人への訴求力が求められるわけですね。

「逆に言えば、水族館であっても大人が行きたいと思わない施設は客足が遠のく傾向にあると言えます。サンシャイン水族館(東京都・豊島区)も子ども向きの水族館だったので、2011年のリニューアルまでは来場者は伸び悩んでいました」

「どうしても行きたくない人を作らない」リニューアル

――サンシャイン水族館と言えば、水族館全体の中でも常に人気の施設というイメージがありました。

「リニューアル直前の来館者数は年間約70万人ほどで、水族館としては十分な集客ではあったのですが、同館は日本でラッコブームが起きた時には来場者数169万人を記録するほどだったので、全盛期とはほど遠い状態でした。

なので、リニューアルを私が監修する際、コンセプトを大人向きにはっきりと変えたんです。その結果、リニューアル後一年間で来館者数が224万人を超えることができました」

――大人向けにリニューアルする上でどういったアプローチを試みたのでしょうか。

「リニューアル前の問題点の1つに、屋外を有効に活用できていないという点がありました。サンシャイン水族館は規模的にはそれほど広くない水族館なので、屋外部分を活用できればもっと広々と使える。ですが、屋外は屋根がないので夏はとても暑いですし、雨にも弱い。なので当時は小動物園として子ども向けのエリアとなっていて、これがもったいなかった」

【写真を見る】サンシャイン水族館「草原のペンギン」
写真提供:サンシャイン水族館

――現在のサンシャイン水族館の屋上は、緑と水の涼しげな空間になっています。

「当時、屋上緑化のさきがけと言われていた玉川タカシマヤを訪れた際に、噴水脇の緑化が一番人を集めていたのを見て、これなら水族館にアドバンテージがあると考えたんです。そこで屋上緑化を取り入れた結果、多くの人が屋外エリアを訪れるようになりました。

さらに2017年の第二期リニューアルでは、第一期のテーマであった『天空のオアシス』を完成させるとして屋上緑化をさらに進めるとともに、頭上に水槽を置いてその上をペンギンが泳ぐ『天空のペンギン』という展示を導入しました」

――一方、屋内展示はムードあふれるものになっていますね。

「屋内展示では、狭い面積でも広く感じられるよう、これまで明るかった館内を真っ暗にして、水槽だけが見えるようにしました。また、水槽そのものが綺麗に見えるような演出を施しました。屋外展示と合わせて、いかに女性が行きたい水族館にするかを考えました」

サンシャイン水族館の水槽「サンシャインラグーン」
写真提供:サンシャイン水族館

――女性に目を向けた理由はなんだったのでしょうか。

「集客を考える上で大事なのは、熱烈に行きたい人を作るより、どうしても行きたくないという人を作らないことなんです。

家族や友人とどこかに出かける時、誰か1人でも行きたくないといった場所には行かなくなってしまいます。そして旧来の水族館には、汚いとか動物の臭いが気になるというイメージから、女性が敬遠する傾向にありました。

一方で、サンシャインシティの商業施設エリアは多くの女性客が集まるマーケットでしたから、女性人気をしっかり押さえるのがベストだと考えたんです」

――水族館のコンセプトとターゲットを徹底したんですね。

「全体としても、ビルの屋上にあることを生かし『天空のオアシス』というキャッチコピーを考え、それに即した空間づくりをしています。水槽の中も、サンゴ礁の海のように明るくて青い美しい海の色づかいに近づけています」

――展示する生物ではなく、水槽に力を入れたのがポイントだったわけですか。

「水族館にくる人の大半は、魚単体ではなく魚のいる水中が見たいんです。だから、まず美しい水中世界を見せて、そこから気になる魚を探してもらえばいい。生き物の種類は、図鑑を読んでもらう方が早いですから。

『天空のペンギン』でも、目の前の空を借景にして、海の広さを表現したかった。そこから『ペンギンにとって水中は空と同じくらい広いんだ』ということが伝わればいいんです」

水族館のメディア戦略

中村さんは水族館のメディア戦略の重要性を語る
KADOKAWA

――水族館に人を集める上で、軸にすべきことはなんなのでしょうか。

「水族館そのものが目立つことです。そのためには、他の水族館ではやっていないような取り組みや、水族館がその場所にある必然性が感じられる展示が必要になります」

――規模の小さい水族館ではなかなか難しいようにも思えますが。

「規模の大小はあまり関係ないんです。私がプロデュースした山の水族館は北海道の温泉街にある小さな水族館ですが、『北の大地の水族館』と別名をつけ、北海道の寒さや大地を全面に出したことで人気の水族館となりました。重要なのは施設の大きさではなくメディアが取り扱おうとするか、だからです」

――特色を生かした話題作りができれば集客は見込めるということでしょうか。

「たとえば、クラゲに力を入れて成功している水族館に加茂水族館(山形県鶴岡市)があります。これがたとえば、クラゲじゃなくてペンギンに力を入れてもうまくいかないんです。ペンギンは全国の水族館にいますし、数少ない人気動物なので。逆に、なかなか主役にならないクラゲをあえて打ち出したからこそ面白いし、話題になるんです」

――注目されない生き物をあえて主役に据えて成功したわけですね。

「気をつけなければいけないのは、その施策が興味を惹くものかどうかです。加茂水族館はクラゲの展示種類数でギネス世界記録にも認定されましたが、クラゲに興味がないお客さんには響かないし、メディアもニュースとしてしか取り上げない。『クラゲを食べる会』を作ったり、クラゲを材料に使ったクラゲアイスを売り出したりすることで、バラエティ番組やグラビア記事に出てきて、関心を集めることができたわけです」

――学術的な側面を生かすためにも、人を呼び込む要素が必要になるわけですね。

「水族館は理科教育をする場所だと言われることもあるのですが、それは間違いだと思っています。クラゲを食べる文化を知るのも教養ですし、北の大地の水族館(北海道北見市)の『いただきますライブ』では、イトウに生きた魚を餌として与えることで命を他者から奪わなければ生きていけないことを教えています。展示を通して人文科学的な内容を見せる方が人は集まるし、なにより役に立つだろうと思います」

――それらをまとめた総合的な空間づくりがこれからの水族館に求められていると言えそうですね。

「展示物だけでなく、水中の景観そのものを生かせるというのが水族館が他の展示施設ともっとも違う点です。施設の条件や特色に沿った魅力的な水中世界を作り出せば、有名な魚がいなくても、必ず多くの人を集められる水族館にできると思います」(東京ウォーカー(全国版)・国分洋平)

提供元: ウォーカープラスの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
すみだ水族館「ペンギンと過ごすクリスマス」特別仕様のペンギンショー、新日本フィル×ペンギンの演奏会も
東京・すみだ水族館では、館内をクリスマスムードに演出するイベント「ペンギンと過ごすクリスマス」を、2018年11月22日(木)から12月25日(火)までの期間で開催する。 www.fashion-press.net 期間中は、日本最大級の屋内開放型ペンギンプールを5,000ものキャンディカラーの光で満たすショープログラム「ペンギン キャンディ(Penguin Candy)にクリスマスアレンジを加えた特別バージョンを、毎日2回にわたって上映。 また、イベントの目玉プログラムとして、新日本フィルハーモニー交響楽団によるクリスマスソングの演奏会などを行う「ペンギンと音楽の夜」を、12月22日(土)から24日(月・祝)までの3日間で開催。新日本フィルが奏でる楽器の音色に、時折ペンギンたちの鳴き声が加わる幻想的なハーモニーが楽しめる。期間中は「ペンギン キャンディ」の音楽にも楽団による生演奏が加わる、特別な3日間となる。 そのほか、クリスマスムードに包まれた夜の水族館内では、ペンギンたちを双眼鏡で観察する大人向けの体験プログラムや、クリスマスの飾り付けに使えるペンギンのガーランド作りなどの企画も実施予定だ。 【開催概要】 「ペンギンと過ごすクリスマス」 開催期間:2018年11月22日(木)〜12月25日(火) 開催場所:すみだ水族館(東京都墨田区押上1丁目1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ 5-6F) ■プロジェクションマッピング「ペンギン キャンディ」クリスマスバージョン 開催期間:2018年11月22日(木)~2018年12月25日(火) 開催時間:各日18:30~、20:30~(約8分間) ※12月22日(土)~12月24日(月・祝)は19:00~、20:30~ ※いきものの体調により中止になる場合あり。 ■クリスマス限定演奏会「ペンギンと音楽の夜」 開催期間:2018年12月22日(土)~2018年12月24日(月・祝) 開催時間:各日18:00~21:00 開催場所:すみだステージなど館内各所 ※プログラムの詳細スケジュールは追って公式ウェブサイトにて告知。 ■ペンギン観察体験プログラム「ペンギンワッチ」&「みるみるペンギン」 開催期間:2018年11月22日(木)~12月25日(火) 参加料金:無料 ※水族館入場料別途 参加対象:18歳以上 ・「ペンギンワッチ」 開催時間:水・金曜日 19:30~20:00 参加方法:すみだ水族館公式ウェブサイトにて事前受付 参加定員:各回4組(1組2名様まで応募可) ※応募者多数の場合は抽選 ・「みるみるペンギン」 開催時間:月・火・木・土・日曜日 18:00~20:30 参加方法:館内インフォメーションにて当日受付 参加定員:10個の双眼鏡を貸出 ■体験プログラム「ペンギンメッセージガーランド」 開催期間:2018年11月22日(木)~12月25日(火) 開催時間:平日 11:00~16:00(最終受付15:30)、土日祝  10:00~16:00(最終受付15:30) 開催場所:5階アクアアカデミー 参加料金:無料 ※水族館入場料別途 参加対象:3歳以上 参加方法:当日受付 参加定員:各日300名 ※定員になり次第終了
ファッションプレス
すみだ水族館でチンアナゴの謎だらけな生態を学べるイベント
砂からひょっこり・水中をゆらゆら…。謎だらけな・チンアナゴの生態を学べるイベント「ゆらゆらチンアナゴまつり2018」が、11月9日(金)~11日(日)、すみだ水族館で開催される。 これは、11月11日の「チンアナゴの日」を記念したイベント。 巣穴から顔を出して水中でゆらゆらと揺れるユニークな見た目から水族館でも人気者のチンアナゴだが、その生態についてはいまだに多くの謎に包まれている。 このイベントでは、「群れる」「食べる」など、すみだ水族館で暮らすチンアナゴたちの特徴にちなんだ3つのプログラムを通して、実は奥が深いチンアナゴについてゆるく楽しく学ぶことができる。 その他にも、ワークシートを使用してチンアナゴにまつわる問題に答える「ゆらチン!検定」や、2014年にすみだ水族館で世界初の撮影に成功したチンアナゴやニシキアナゴの産卵行動の映像が見られる「チンアナゴアカデミー」など、チンアナゴの生態についてより理解を深められるプログラムも。 さらに、チンアナゴをイメージしたメニュー「謎のゆらチン!ドリンク」300円(税込)なども提供。飲むまでは味も秘密とか。 観ているだけでなぜか癒されるチンアナゴ。チンアナゴに詳しい人も、初めてチンアナゴを知る人も、足を運んでみる価値のあるイベントだ。
ストレートプレス
すみだ水族館に驚きの生態を持つ両生類・は虫類が大集合!
東京・すみだ水族館で、9月21日(金)から、講談社が発行する図鑑「講談社の動く図鑑MOVE」とのコラボレーションイベント第3弾として、ぬるぬるや思わずザワザワしてしまう見た目ながら、知られざる習性やワザを持つ生き物が大集合するイベント「両生類・は虫類大作戦!」が開催される。 このイベントでは、長さ約50メートルの鏡張りの空間である「万華鏡トンネル」で実際のいきものの展示を見ながら、図鑑の迫力ある映像や写真と合わせ、いきものの特性を学ぶことができる。 今回は、水中から地上で暮らすために進化し、不思議で思いもよらない生態を持っている両生類とは虫類にフォーカス。ぬるぬるとした見た目で幼形成熟するメキシコサラマンダー、青い舌で敵を威嚇するアオジタトカゲ、ヘビのような首で捕食するチリメンナガクビガメ、背中で子育てする平たい体のコモリガエルなど、「動く図鑑MOVE」編集部が選んだ8種類のいきものをじっくり見ることが可能だ。 実は若い男女にもファンが多い両生類とは虫類。子どもだけでなく大人も、普段じっくり見ることがない生き物たちの驚くべき生態やその魅力が満喫できそうだ。会期は、2019年1月14日(月・祝)まで。
ストレートプレス
雰囲気もバッチリ。 水族館デートの後に!都内水族館付近の喫茶店・カフェ3軒【池袋・品川・押上編】
水族館デートの後の予定、決まってますか?たっぷり楽しんだ後は、感想をゆっくり語り合いたいもの。小腹も満たせてくつろげるカフェや喫茶店をチェックしておけばデートも成功間違いなし!池袋・品川・押上のおすすめ店をご紹介します。…
Hanako
真夏のデートにピッタリな水族館を思いっきり楽しむコツ
真夏のデートにピッタリな水族館を思いっきり楽しむコツ
Grapps
ミッドランドスクエアに水族館がやってくる!“都会のオアシス”でかわいい海の生き物たちに癒されよう
7月28日(土)から8月12日(日)まで、ミッドランドスクエア商業棟地下1階アトリウムで、名古屋港水族館とミッドランドス...
ウォーカープラス
水族館で写真映えする方法♡青の反対=暖色+無地のアイテムを選んで!正解コーデ術
andGIRLより最新のトレンドコーディネートを紹介します!今日のコーデは、〝水族館には写真映えする暖色トップス!フレアスカートで可愛げを出したデートコーデ〟。休日デート感を盛り上げる、女の子らしさ…
andGIRL
スカイツリーの真下!都市型水族館「すみだ水族館」で癒やされる
「すみだ水族館」は、東京の観光名所「東京スカイツリー®」のお膝元「東京ソラマチ」の中にある都市型水族館です。国内最大級の屋内プール型水槽で観察するペンギンやオットセイ、「東京大水槽」のカラフルな魚たちなど海の生きものたちに出会えます。「すみだ水族館」が子どもから大人まで人気の理由に迫ります。
LeTRONC
関東唯一!シャチを見られる水族館「鴨川シーワールド」
千葉県・鴨川に位置する「鴨川シーワールド」。関東唯一のシャチのパフォーマンスや、イルカ・アシカなど海獣たちのショータイム、「ウミガメの浜」など見どころ満載の水族館です。日帰り旅行やプチトリップとして人気のスポットへ訪れてみてはいかがでしょうか?
LeTRONC
すみだ水族館「ペンギン花火」プロジェクションマッピングの花火の中をペンギンが泳ぐ
すみだ水族館は、2018年7月23日(月)から9月2日(日)までの期間、日本最大級のペンギンプールで「ペンギン花火」を開催する。 www.fashion-press.net 「ペンギン花火」は、屋内開放型ペンギンプールの底面全体に、花火をイメージした映像をプロジェクションマッピングで投影する夏の夜限定のショープログラム。花火の美しい映像はもちろん、ペンギンたちが投影された光を追いかけて泳いだり、啄もうとしたりする姿を楽しむことができる。プロジェクションマッピング投影時は、館内に懐かしい花火大会をイメージしたオリジナルアロマが香るので、夏祭りのような気分を味わってみてほしい。 なお、9月30日(日)までは、100個の金魚ちょうちんが照らす空間で金魚約1000匹が泳ぎまわる「東京金魚ワンダーランド2018」も開催されている。 【詳細】 サマーナイトプロジェクションマッピング「ペンギン花火」 開催期間:2018年7月23日(月)~9月2日(日) 開催時間:18:30~、20:30~(各回約8分) ※いきものの体調等により開催しない場合あり。 ※イベントなどのため時間を変更する可能性がある。
ファッションプレス
すみだ水族館、映画『未来のミライ』のコラボ企画展を開催 - 劇中のシーンを再現した水槽など
すみだ水族館では、2018年7月20日(金)より全国で公開される映画『未来のミライ』とコラボレーションした企画展「未来のミライ×すみだ水族館小さな世界の、大いなる命の物語。」を開催。会期は、2018年7月13日(金)から9月17日(月・祝)まで。 www.fashion-press.net 企画展の目玉は、無数のカージナルテトラの群れが泳ぐ美しい劇中のシーンを再現した「自然水槽」だ。映画を監督した細田守は、すみだ水族館の「自然水槽」にインスピレーションを受けてこのシーンを制作したという。企画展では、幅7メートルの大型の水槽に、2000匹のカージナルテトラを新たに加えた。赤と青に光輝く鮮やかな魚が水槽を泳ぎまわり、まるで映画の世界に迷い込んだような幻想的な空間を生み出す。 また、「自然水槽」も手掛けるアクアデザインアマノが、今回の企画展のために、作品のモチーフをちりばめた特設水槽を限定で設置。さらに、水槽のそばには、美しい水景を思わせる背景美術が描かれた映画の貴重な原画や絵コンテを展示する。 その他にも、作品の世界が楽しめる企画が目白押しだ。館内の高さ約7メートルの吹き抜け空間の壁面には、細田守監督のアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」が本企画展のために特別編集した『未来のミライ』特別映像を投影。また、限定のコラボドリンクやコラボグッズも販売している。 【詳細】 「未来のミライ×すみだ水族館 小さな世界の、大いなる命の物語。」 会期:2018年7月13日(金)〜9月17日(月・祝) 会場:すみだ水族館 住所:東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F 営業時間:9:00〜21:00 ※入場受付は閉館の1時間前まで。 ※季節による変更あり。 休館日:なし 料金:大人 2,050円(1,850円) / 高校生 1,500円(1,350円) / 中・小学生 1,000円(900円) / 幼児(3歳以上) 600円(540円) ※( )内は一般団体料金。 ※中学生、高校生は、チケット売り場で生徒手帳の提示が必要。 ※障がい者手帳の提示で、同伴者1名を含め、一般料金の半額。
ファッションプレス
横浜ランドマークタワー 展望フロアが「水族館」に、八景島シーパラダイスとコラボ - ビアガーデンも
横浜ランドマークタワー 69階展望フロア「スカイガーデン」にて、横浜・八景島シーパラダイスとコラボレーションした「シーパラ スカイガーデン(SEAPARA SKYGARDEN)」が開催される。期間は2018年7月14日(土)から9月2日(日)まで。 www.fashion-press.net 「シーパラ スカイガーデン」は、横浜ランドマークタワー 69階展望フロア「スカイガーデン」の開業25周年イベント「スカイガーデン 25th アニバーサリー サマー イベント(ANNIVERSARY SUMMER EVENT)」の一環として開催。 同じく開業25周年を迎える八景島シーパラダイスとタッグを組み、フロア内の5か所に、「WELCOME」「LOVE」「EXPERIENCE」「HEALING」「COLORFUL」の5テーマで分類した海の生き物を展示する。地上273mからの絶景をバックに、八景島シーパラダイスで人気の「カクレクマノミ」「ピラニア」「ミズクラゲ」などを眺めることができる。 また、6月29日(金)から9月17日(月・祝)までは、毎年人気の「スカイビアガーデン」も開催され、美しい夜景と共にビールを楽しむことができる。 【詳細】 〜地上273mの超高層眺望水族館〜「シーパラ スカイガーデン」 開催期間:2018年7月14日(土)〜9月2日(日) 場所:横浜ランドマークタワー 69階展望フロア「スカイガーデン」 住所:横浜市西区みなとみらい2-2-1 観覧料金:無料 ※スカイガーデン入場料は別途。大人(18〜64歳)1000円/65歳以上・高校生800円/小・中学生500円/幼児(4歳以上)200円。 ■「スカイビアガーデン 2018」 期間:6月29日(金)〜9月17日(月・祝) ※7月16日(月・祝)は実施しない。 時間:6月29日(金)〜7月13日(金) 17:00〜21:00(受付終了19:30) 7月14日(土)〜8月26日(日) 17:00〜22:00(受付終了20:30) 8月27日(月)〜9月17日(月・祝) 17:00〜21:00(受付終了19:30) 場所:69階展望フロア スカイガーデン内「スカイカフェ」及び特設スペース ※南東フロアと北西フロアに16テーブル、計64席を特設スペース設置。 ※ソファシートは南西フロア(ペアシート4席)。 価格:一般席(展望フロア入場料+2時間制ドリンク飲み放題) 2,700円(税込) プレミアムソファ席(展望フロア入場料+ソファペア席2時間制ドリンク飲み放題) 3,700円(税込) 20歳未満(展望フロア入場料+2時間制ソフトドリンク飲み放題) 1,200円(税込) ※レディスデー(毎週月曜)に来店の女性客は1人200円引き(本人のみ)。 ※浴衣着用件で1人200円引き(本人のみ)。 ※料理は別途オーダー。飲食物の持ち込み不可。 予約:専用サイト(http://swyk.co.jp/sky/beergarden/) ■1日限りの無料入場サービス 期間:7月16日(月・祝) 10:00〜22:00(最終入場20:00予定) ※入場者多数の場合には最終入場時間を繰り上げる場合あり。 【問い合わせ先】 スカイガーデン事務局 TEL:045-222-5030
ファッションプレス
すみだ水族館×東武動物公園「なつとほたるとすいぞくかん」が開催♡ホタルの光瞬く幻想的な水族館へ
8月8日(水)~8月12日(日)の期間中、すみだ水族館と東武動物公園がコラボレーションし、夜の水族館でホタルの特別展示が楽しめるイベント「なつとほたるとすいぞくかん」が開催されます。 すみだ水族館でホタルのイベントが開催! 東武動物公園の「ほたリウム」で飼育するホタルを、すみだ水族館で特別展示する期間限定イベントは、今年で6年目を迎える人気企画。 期間中は、各日18時から館内の照明
isuta
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理