映画「パーフェクトワールド 君といる奇跡」で映画初主演! 杉咲花「とにかく樹のことをただ真っ直ぐに思い続けることに集中しようと思いました」

映画「パーフェクトワールド 君といる奇跡」に出演する杉咲花さん
KADOKAWA

【写真を見る】杉咲花さんはヒロイン・川奈つぐみを演じる

事故に遭い、車イスに乗る生活を送りながらも建築士として前向きに生きる主人公・鮎川樹。そして強くて優しい樹に惹かれ、全力で支えようとする健気なヒロイン・川奈つぐみ。大切な人に出会い、今を一緒に生きられることの大切さを感じた二人のラブストーリー「パーフェクトワールド 君といる奇跡」が10/5(金)に公開される。岩田剛典さんとのW主演で、ヒロインを演じる杉咲花さんに、作品の見どころなどを聞いた。

【写真を見る】杉咲花さんはヒロイン・川奈つぐみを演じる
KADOKAWA

―映画初主演作となる「パーフェクトワールド 君といる奇跡」が間もなく公開されます。

「はい。映画初主演作ではありますが、私の中ではそれがプレッシャーになったわけではなく、もともと、作品に携わらせていただくことにとにかく喜びを感じていますので、主役であることは私にとって特に重要なことではなく、それよりも、また新たな作品に携わらせていただけるといううれしさの方が大きかったですね」

―どの作品に対しても、同じ気持ちで向き合っているということですね。

「はい、そうです」

杉咲花さん
KADOKAWA

―この作品の台本を読んでどう感じましたか?

「樹とつぐみの恋愛が描かれていますが、それだけでなく、樹を通して、命の大切さなど、ラブストーリー以上のものを感じられる作品になっているんじゃないかと思いました。樹には障がいがありますが、『いつ何が起こるかわからない』というのは誰にでも言えることだと思うんです。実際、映画の中でつぐみが命の危険にさらされる場面もありますし。だからこそ、今、大事な人に言いたいことをちゃんと伝えたいなと感じました」

―二人は高校生の時に出会うわけですが、つぐみは樹のどういうところに惹かれたのだと思いますか?

「私は一目ぼれしたんだと思っています。部活でバスケをしている姿とか、かっこいいと思ったのかなと感じています」

―“出会いは最悪だった”と劇中のナレーションではいっていましたが。

「最悪と言っていますが、あんなに顔を近づけられたら、きっとドキッとしたと思います(笑)」

―社会人になって再会を果たしますが、その時はどういうところに惹かれたんでしょうか。

「つぐみは真面目な女の子だと思うんです。建築士になった樹の一生懸命な姿に刺激を受けて、再会できたこと自体に運命を感じたりして、そこで想いが膨らんだのかなって」

杉咲花さん
KADOKAWA

―つぐみを演じてみて、杉咲さん自身と似ていると感じた部分があれば教えてください。

「つぐみは結構自分に近いと思いました。私も思ったことを後先考えずに言ってしまったりするので、そういうところに共感できました。それがいい方向にも悪い方向にも行くことがあるのですが(笑)」

―つぐみを演じる上で、気をつけたことはありますか?

「最初は、ラブストーリーに対してキュンキュンしたい方も多いと思いましたので、ヒロインのつぐみが可愛く見えないといけないのではないかという思いが自分の中にありました。でも途中で、それを意識し過ぎるのは違うかもと気付いたんです。カメラマンさん、照明さん、メイクさん、衣装さんなど、スタッフの方それぞれがどうすればつぐみが可愛く見えるかを常に探していただいていたので、それに委ねてもいいのかなと思いました。もっと気にするところ、例えば、とにかく樹のことをただ真っ直ぐに思い続けることに集中しようと思うようになりました」

杉咲花さん
KADOKAWA

―お任せするところと、自分がやるべきところの区別を。

「はい。あと、これまで学生の役は多かったのですが、今回は社会人を演じるのも初めてでした。もともと幼く見られがちなので、24歳の役を演じるに当たって、最初の本読みの時に、自分なりに大人っぽく演じてみたのですが、柴山(健次)監督が『つぐみは天真爛漫でいいと思いますよ』とおっしゃっていて、『元気で明るくていいんです』ということだったので、年齢もそこまで意識しなくてもいいのかなと思いました」

―柴山監督とは撮影中にいろいろ話し合ったりしていたのですか?

「そうですね。監督は相談に乗ってくださるというか、一緒に考えてくださる方です。撮影中、今までにないくらいとにかく話し合いをしました。岩田さんと監督と私の3人でとか、カメラマンさんを含めてとか。1つのシーンに1時間以上かけて話し合いをしたこともありますが、『みんなで映画を作っているんだ』という感覚になって、とても贅沢な時間だと感じましたし、楽しかったです。柴山監督はロマンチストなんだと思いました。『流れ星が消えないうちに』という作品も観させていただきましたが、ロマンチックに感じるシーンが多かったです。今回だと、図書室の中で樹がつぐみに近づいていくシーンにすごくこだわられていました」

杉咲花さん
KADOKAWA

―ほかに、杉咲さんが印象的だと思った撮影中のエピソードを教えてください。

「観覧車のシーンが結構大変でした。中が狭くて、入れるスタッフさんの数も限られていて、スペースがなくてカメラも1台しか置けなかったんです。カット割りが多かったので、それを一つ一つ撮るために何度も同じことを繰り返しましたし、しかも、背景が変わるといけないので、観覧車の位置が同じ時じゃないと撮れないということで精神的にもキツかったです。何十周もしました(笑)」

―杉咲さんも岩田さんもすごく集中されていたんでしょうね。

「はい。あと、樹からの手紙を読むシーンがありますが、絶対にいいシーンにしたいと思いましたし、気合いが入りましたね。準備稿の段階ではその手紙の内容を読んでいましたが、決定稿をいただいてからは、撮影するまでそこをテープで止めて絶対に見ないようにして、監督にも『この手紙の部分は本番まで読みたくないんです』とお願いしました。スタッフの皆さんからも、いいシーンにしたいという気持ちが伝わってきて、現場の空気も違っていて、なんとか撮りきることができました。お芝居は一人でできるものではないんだということを改めて感じたシーンでした」

杉咲花さん
KADOKAWA

―完成した作品を見た感想を教えてください。

「これまでは家族の物語が多かったので、ラブストーリー自体が挑戦でした。自分がラブストーリーの中にいることに恥ずかしくなりましたし、最初は自分の欠点ばかりが見えてしまって集中して見れなかったり、自身に関しては、正直、悔いが残るシーンもあります。でも、編集や音楽などでそれを補ってもらえていて、うれしく感じました。恋愛は人それぞれ違うので、つぐみの場合は6年以上思い続けていることになりますが、どこまでつぐみの思いを自分の中に入れられるかも私にとっての挑戦でした」

―樹はつぐみにとっての憧れの人でしたが、最後に、杉咲さんが憧れている方を教えてください。

「木村拓哉さんと宮沢りえさんです。木村さんは現場で常に全体を見てらっしゃいますね。後ろにも目が付いているんじゃないかっていうくらいに。スタッフさんやエキストラの方への気遣いなど、自分も見習いたい部分がたくさんありました。りえさんも、ご自身が映っていない時も、私のために目線でお付き合いくださったり、どのシーンも同じ熱量でいてくださいました。とてもキレイでかっこよくて、一人の女性としても憧れています」

杉咲花さん
KADOKAWA

撮影=下田直樹 取材・文=田中隆信 ヘアメイク=奥平正芳 スタイリスト=梅山弘子(KiKi)(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス/週刊東京ウォーカー+編集長 野木原晃一)

元記事を読む
提供元: ウォーカープラスの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
映画『ラ・ヨローナ~泣く女~』“ホラーの天才”死霊館シリーズのジェームズ・ワンが贈る恐怖の新章
映画『ラ・ヨローナ~泣く女~』が、2019年5月全国ロードショー。『死霊館』シリーズのジェームズ・ワン製作作品となる。 www.fashion-press.net “ホラーの天才”ジェームズ・ワンが贈る恐怖の新章 世界興行収入累計1500億円を超える『死霊館』シリーズを世に贈り出した、“ホラーの天才”ジェームズ・ワン。“ホラーフランチャイズの産みの親”との愛称を持つ、ジェームズ・ワンが新作で着目したのは、伝説の怪談『ラ・ヨローナ』だ。 古くから中南米に伝わる呪われた存在「ヨローナ」 ヨローナとは、古くから中南米に伝わる呪われた存在。かつて愛する夫が浮気をしたことにより嫉妬に狂った女は、夫が世界で一番愛する我が子を溺死させてしまう。その後悔から女は嘆き苦しみ、遂には正気を失って自ら川に身を投げ、呪いとなってこの世を彷徨う存在に。亡くした我が子を取り戻すように子どもたちだけを狙い、子をさらっていくヨローナ。さらう時には、必ずヨローナの泣き声が聞こえるのだ…。 映画『ラ・ヨローナ~泣く女~』の舞台は、1970年代のロサンゼルス。とある母親が子どもの危機を察知し、助けを求めるが、主人公のアンナはそれを無視してしまう。ここからアンナとヨローナの物語がはじまり、アンナの子どもたちが狙われることに。“絶対に彼女の泣き声を聞いてはいけない。”果たして、執拗で残酷なヨローナの恐怖から家族は逃げ延びることができるのか…。 “本当に恐い”ジェームズ・ワン絶賛のマイケル・チャベス監督 監督は「彼の演出は本当に恐い」とジェームズ・ワンが明言するマイケル・チャベス。『死霊館』第3弾の監督もつとめた実力派だ。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の脚本を手掛けたゲイリー・ドーベルマンも、ジェームズ・ワンとともに製作を担当。 主演は、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のリンダ・カデリーニ。ヨローナの恐怖を体感する、主人公アンナ役を務める。彼女の子どもエイプリルとクリス役には『アメリカン・スナイパー』のマデリン・マクグロウ、新人のローマン・クリストウが抜擢された。 あらすじ 1970 年代のロサンゼルス。とある母親がソーシャルワーカーのアンナに助けを求める。子どもたちが危険にさらされているというのだが、アンナはそれを無視してしまう。しかし、これはヨローナの呪い。彼女の泣き声を聞いた子どもは必ず連れ去られてしまう。アンナはシングルマザーで大切な子どもたちがいた。エイプリルとクリスだ。ヨローナは次にアンの子どもたちを連れ去ろうと狙いを定める。執拗で残酷なヨローナの呪いはとめることができず助けを求めていたところに、信仰心を捨てようとしていた神父が現れ、最悪の呪いと対峙するのだが…。 【作品情報】 映画『ラ・ヨローナ~泣く女~』公開時期:2019年5月監督:マイケル・チャベス製作:ジェームズ・ワン、ゲイリー・ドーベルマン出演:リンダ・カデリーニ、マデリン・マクグロウ、ローマン・クリストウ、レイモンド・クルツ、パトリシア・ベラスケス ほか配給:ワーナー・ブラザース映画
ファッションプレス
フリッパーズ、冬限定「奇跡のパンケーキ メルティーチョコレート」チョコソースをかけて仕上げる1皿
スフレパンケーキ専門店「フリッパーズ(FLIPPER'S)」が、冬限定メニュー「奇跡のパンケーキ メルティーチョコレート」を発売。2019年1月16日(水)から3月14日(木)まで期間限定でフリッパーズ 国内全店にて提供される。 www.fashion-press.net 「奇跡のパンケーキ メルティーチョコレート」は、ふわふわのスフレパンケーキに、とろりと口どけなめらかな生チョコレートや、ザクザクとした食感が楽しいチョコレートクランチ、そしてチョコレートアイスとチョコレートガナッシュをトッピングした。仕上げには、熱々のチョコレートソースをたらりとその場でかけて、召し上がれ。 さらに、パンケーキには、真っ赤なフランボワーズソースが付いている。甘酸っぱく華やかなフランボワーズと、濃厚なチョコレートのマリアージュを楽しんで。バレンタインやホワイトデーシーズンにもぴったりなチョコレートづくしの1皿だ。 また、テイクアウト専門店「フリッパーズスタンド」では、プリンの上にふわふわのスフレパンケーキを乗せた進化系スイーツ「奇跡のスフレパンケーキプリン」に、シーズナルフレーバー「奇跡のスフレパンケーキプリン メルティーチョコレート」が加わる。 【詳細】 「奇跡のパンケーキ メルティーチョコレート」 販売期間:2019年1月16日(水)〜3月14日(木) 販売店舗:フリッパーズ 国内全店舗 価格:1,400円+税 ■奇跡のスフレパンケーキプリン メルティーチョコレート 販売期間:1月16日(水)〜3月14日(木) 販売店舗:フリッパーズ スタンド 国内全店、フリッパーズ 中目黒店 価格:600円+税
ファッションプレス
映画『ビリーブ 未来への大逆転』フェリシティ・ジョーンズ主演、時代を変えた女性弁護士の感動実話
フェリシティ・ジョーンズ主演の最新作、映画『ビリーブ 未来への大逆転』が2019年3月22日(金)よりTOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー。 www.fashion-press.net 1970年代アメリカ、時代を変えた1人の女性弁護士の実話 映画『ビリーブ 未来への大逆転』は、1970年代、アメリカのまだ女性の社会進出が進んでいなかった時代に、その活路を開いた女性弁護士の雄姿を描くストーリー。法の専門家たちに「100%負ける」と断言された裁判に挑み、驚きの大逆転を成し遂げた、爽快な感動実話をもとにしている。 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のフェリシティ・ジョーンズが主演 主演は、『博士と彼女のセオリー』でアカデミー賞主演女優賞ノミネート、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でも主演を務めたフェリシティ・ジョーンズ。彼女が演じるのは、史上2人目の女性最高裁判事に任命され、今なお、最高齢の85歳で現役判事として活躍しているスーパーヒーロー的存在のルース・ギンズバーグだ。現在、アメリカでは最も尊敬される女性のひとりとして名も挙がる人物。母でもある彼女の、普通の女性として、そして決して諦めない不屈の精神を持った女性弁護士として生きた彼女の若かりし弁護士時代が、フェリシティによってスクリーンに蘇る。 ルースの夫、マーティには『君の名前で僕を呼んで』のアーミー・ハマーが起用された。男性は働くことが主流で、専業主夫になれなかった当時、彼女を信じ、支え続けた献身的な旦那に扮する。さらに、『ミザリー』のキャシー・ベイツは、ルースが協力を求める伝説の弁護士役として登場する。 監督は『ディープ・インパクト』のミミ・レダー。逆境をバネに、権力に立ち向かうルースの逆転劇を爽快に、そして感動的に描いていく。 ストーリー 貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグは、「すべてに疑問を持て」という亡き母の言葉を胸に努力を重ね、名門ハーバード法科大学院に入学する。1956年当時、500人の生徒のうち女性は9人で、女子トイレすらなかった。家事も育児も分担する夫のマーティの協力のもと首席で卒業するが、女だからというだけで雇ってくれる法律事務所はなかった。やむなく大学教授になったルースは、70年代になってさらに男女平等の講義に力を入れる。それでも弁護士の夢を捨てられないルースに、マーティがある訴訟の記録を見せる。ルースはその訴訟が、歴史を変える裁判になることを信じ、自ら弁護を買って出るのだが──。 【詳細】『ビリーブ 未来への大逆転』公開日:2019年3月22日(金)よりTOHOシネマズ日比谷他全国ロードショー監督:ミミ・レダー出演:フェリシティ・ジョーンズ、アーミー・ハマー、キャシー・ベイツ主題歌:KESHA「Here Comes The Change」原題:ON THE BASIS OFSEX/2018年/アメリカ
ファッションプレス
映画 「マスカレード・ホテル」出演! 長澤まさみさんにインタビュー
■ ホテル自体を楽しむことがすごく好きなんです 連続殺人事件の犯人を見つけるためにホテルに潜入捜査に入った刑事・新田浩介...
ウォーカープラス
大阪通の貫地谷しほりがAKIRAに勧めた大阪のうまいもんとは? 映画「この道」大阪舞台挨拶
稀代の天才詩人・北原白秋の半生を、秀才音楽家・山田耕筰との友情と白秋を取り巻く様々な人物とともに描いた映画「この道」。北...
ウォーカープラス
売れっ子ばかりの奇跡の世代!2019年に新成人の女優&俳優の出演作をチェック!
1月の第2月曜日に制定されている成人の日。本日、新成人となった俳優たちはどんな顔ぶれとなっているのだろうか?“花の98年...
Movie Walker
双子座は、意外と恋を引きずるタイプ?映画『ゴースト』に学ぶ運命の恋 【12星座別ヒロイン度診断】vol.18
「どうせ私なんて…」こんな言葉で自分に呪いをかけていませんか?自分をダメだなんて決めつけないで!あなたにも、映画の中のヒロインのような輝く魅力が眠っているんです…
cocoloni PROLO
映画の世界に没入!「ピクサー・プレイタイム」デコレーション2019
東京ディズニーシーで2019年1月11日(金)~3月25日(月)まで開催される「ピクサー・プレイタイム」。大人気のピクサー作品をモチーフにしたショーや、期間限定フードなどが登場します。今回は、パークをカラフルに彩るデコレーションやフォトロケーションについてご紹介します。
LeTRONC
ゴールデン・グローブ主演女優賞受賞! 名優陣の妙味が光る心理サスペンス!<連載/ウワサの映画 Vol.68>
1月6日(現地時間)に発表となったゴールデン・グローブ賞で、実力派グレン・クローズが主演女優賞をゲットした「天才作家の妻...
ウォーカープラス
「トーキョーノーザンライツフェスティバル」渋谷で、北欧映画など15作品を上映『かもめ食堂』も
「トーキョーノーザンライツフェスティバル 2019」が、東京・渋谷のユーロスペースにて、2019年2月9日(土)から15日(金)まで開催される。 www.fashion-press.net 「トーキョーノーザンライツフェスティバル」は、選りすぐりの北欧映画などを上映するイベント。2019年は、そのほとんどが日本初上映、劇場未公開作品の全15作品を上映。北欧映画を存分に堪能できる貴重な機会となっている。 注目は"フィンランド"にスポットを当てた「FOCUS ON FINLAND」特集。公開から10年以上経った今でも人気を誇る『かもめ食堂』を35㎜フィルムで上映する。ヘルシンキの街角にオープンした「かもめ食堂」を舞台に、3人の日本人女性と町の人々のちょっぴり奇妙で、じんわりと幸せな日常を描いた名作で、邦画初のオールフィンランドロケを敢行した作品としても知られている。 現代スウェーデン映画を代表するガブリエラ・ピッシュレル監督特集では、スウェーデン・アカデミー(グルドバッゲ)賞主要4部門を受賞した2013年の長編デビュー作『イート・スリープ・ダイ』を上映。父親の世話をしながら食品工場で働くラーシャは、突然解雇対象に選ばれてしまう。ゆとりがない生活の中、仕事探しの日々が始まるが…。クロアチア移民二世を主人公に据えて差別や格差問題を描き、単純化できない社会構造を浮き彫りにしていく。 その他にも、ノルウェーで異彩を放つ、電子音楽家、グラフィックデザイナーとしても活躍するキム・ヨーソイや、小説家、司書の肩書も持つダーグ・ヨハン・ハウゲルードの2人の作家に注目し、それぞれの長編デビュー作を上映。 キム・ヨーソイによる『ルールズ・フォー・エヴリシング』は、実験精神溢れる野心作。10歳のストームは「万物には法則がある」と世界を俯瞰して眺める。父親の突然の死を経験し、人生そのものも見えない糸に操られてるのかもしれないと思い始めた彼女。ひとりの少女の哲学が、臨場感のあるサウンドに合わせて囁かれていく。 【開催概要】 トーキョーノーザンライツフェスティバル 2019 会期:2019年2月9日(土)~15日(金) 会場:ユーロスペース(東京都渋谷区円山町1-5) ■チケット情報 ・特別先行販売 価格:1,300円 販売期間:1月12日(土)~1月25日(金) 販売場所:ユーロスペース公式ウェブサイトのみ ※各回全席指定、50席限定 ・特別先行販売期間以降 価格:一般 1,500円/学生・シニア・ユーロスペース会員 1,200円 販売時期:上映3日前より 販売場所:ユーロスペース公式ウェブサイト、劇場窓口 ※ユーロスペースの火曜日サービスデー1,200円が適用される。
ファッションプレス
玉城ティナの魅力炸裂!岡崎京子作品を実写化した映画を語る
カリスマ的な人気を誇る岡崎京子の短編漫画が原作の『チワワちゃん』が映画化。“チワワ”の親友役を演じるのは、モデル・女優として活躍する玉城ティナさ...
GINGERweb
映画『宮本から君へ』池松壮亮×蒼井優で究極の“人間賛歌”を映画化、監督・脚本に真利子哲也
漫画家・新井英樹による漫画『宮本から君へ』の映画化が決定。2019年秋に、全国の劇場で公開される。 www.fashion-press.net 漫画『宮本から君へ』が実写映画化 1990年にモーニングで連載がスタートした原作『宮本から君へ』は、熱血営業マン・宮本浩の七転八倒の奮闘を描いた漫画作品。社会に蔓延する様々なテーマを容赦ない描写で描いた、“極限の人間賛歌”とも言えるその世界観で、各界の熱烈なファンに支持されている。 究極の“人間賛歌” 2018年4月にはテレビ東京で実写ドラマが放送されると、第56回ギャラクシー賞テレビ部門「奨励賞」を受賞。ドラマ版では、主人公の宮本浩が営業マンとして奮闘する姿に焦点を置いたサラリーマン篇が描かれたが、今回の映画版では、宮本浩とヒロインの中野靖子を中心に繰り広げられる“人間賛歌”にフォーカス。本作が“伝説の漫画”として語り継がれる理由の一つでもある決闘シーンなどがどのように映像化されるのか、本作の見どころとなりそうだ。 主演・池松壮亮×ヒロイン・蒼井優 主人公の宮本浩を演じるのは、ドラマ版に引き続き池松壮亮。「宮本浩という人は、僕にとってどの歴史上の人物よりも星であり、ヒーローでした」と語るほどの原作ファンである池松が、再び熱血営業マン・宮本役に体当たりで挑む。 ヒロインの中野靖子役も、ドラマ版から蒼井優が続投。2018年の『斬、』から続けての共演に加え、出身地や大学など多くの共通点を持ち、互いに役者として認め合う存在の2人が、感情をむき出しにして激しくぶつかり合う宮本と靖子を絶妙なコンビネーションで演じる。 松山ケンイチ、柄本時生らドラマ版キャストも続投 そのほか、宮本を囲む登場人物たちも、松山ケンイチ、柄本時生、星田英利、古舘寛治らドラマ版のキャストが再集結。また、映画版から新たに豪華キャストも加わるという。 作品情報 『宮本から君へ』公開時期:2019年秋原作:新井英樹『宮本から君へ』監督:真利子哲也『ディストラクション・ベイビーズ』脚本:真利子哲也、港岳彦『あゝ、荒野』出演:池松壮亮、蒼井優、松山ケンイチ、柄本時生、星田英利、古舘寛治ほか© 2019「宮本から君へ」製作委員会
ファッションプレス
映画「十二人の死にたい子どもたち」ジャパンプレミア開催! 杉咲花「意外な仕掛けがある秘密箱のような映画です」
■ 注目の若手俳優12人が共演! 1月9日、映画「十二人の死にたい子どもたち」のジャパンプレミアがヒューリック東京で開催...
ウォーカープラス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理