1. トップ
  2. ファッション
  3. 程よくルーズでおしゃれ見えを狙う!垢抜けコーデは「抜け感」が大事

程よくルーズでおしゃれ見えを狙う!垢抜けコーデは「抜け感」が大事

  • 2018.9.30
  • 8363 views

気取らないラフさがポイントの抜け感。

コーデの見た目を左右する大切なキーワードですが、どうやって抜け感を出せば良いのか分からないという方も多いはず。

今回は、抜け感を演出するコツをご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね♪

抜け感を演出するコツをご紹介

①ゆったりトップスをチョイス

出典:zozo.jp

スポーティーなハーフジップが今年らしいパーカー。

ゆるっとしたシルエットやドロップショルダーデザインが、抜け感を演出してくれています。

チェック柄のスカートを合わせて、シーズンムード高まるスタイリングに。

出典:zozo.jp

カジュアル感の強いゆったりニットは、袖のリボンデザインでフェミニンな印象をプラス。

深めのVネックがデコルテをスッキリ見せてくれます。

テーパードパンツやパンプスを合わせて、キレイめにまとめていますね。

出典:zozo.jp

メンズライクな生地感で、古着のような雰囲気のスウェット。

ボトムスにもゆったりとしたものを合わせているので、足元には黒をチョイスしてコーデを引き締めています。

出典:zozo.jp

オーバーサイズのスウェットは、ショート丈をチョイスすることでコーデがスッキリとまとまります。

メンズライクになり過ぎないよう、アクセサリーは大ぶりのものをセレクト。

レオパード柄のパンプスを合わせて、トレンドライクなスタイリングに仕上げています。

②襟を抜いて着こなす

出典:zozo.jp

秋の定番アイテムであるチェックのネルシャツは、襟を抜いたスタイリングで抜け感を演出。

袖はロールアップすることで、こなれた雰囲気に仕上がります。

カジュアルになり過ぎないようスカートを合わせたコーデがおすすめです。

出典:zozo.jp

サッと着るだけで、抜き襟をしたようなスタイリングに仕上がるブラウス。

ハリのある上品な生地が女性らしさを演出してくれます。

デニムはロールアップ幅を広くとることでワイルドな印象に仕上げ、甘辛いスタイリングに。

出典:zozo.jp

秋のアウターにピッタリなミニタリージャケットは、スカートスタイルに合わせてレディライクに着こなすのがおすすめ。

ジャケットも襟を抜いて着ることで、抜け感を演出することができます。

出典:zozo.jp

フェミニンなざっくりニットのカーディガン。

抜き襟で羽織ることで、いつものスタイリングがワンランクおしゃれに。

長めの丈なのでウエストやお尻のラインもカバーしてくれ、スタイルアップにも期待できます。

③同系色でまとめる

出典:zozo.jp

グレーで統一したワントーンコーデ。

バッグやパンプスに濃いめのカラーを持ってくることで、全体を引き締めて見せてくれます。

よそ行きにも使える上品コーデに仕上げていますね。

出典:zozo.jp

ブラウンを基調としたワントーンコーデ。

チェックに含まれているブルーが、コーデのアクセントになってくれています。

様々な濃淡のブラウンを使ったさりげないワントーンコーデなので、難しそうと敬遠している方もチャレンジしやすいコーデです。

出典:zozo.jp

セットアップなら簡単にワントーンコーデが完成します。

リラックス感のあるニットのセットアップで、抜け感もしっかりと演出してくれます。

足元はブーツできちんと感もプラス。

④スリット入り・イレヘムをチョイス

出典:zozo.jp

アシンメトリーなヘムラインが特徴的なトップス。

ボリューム感のあるタートルネックは、小顔効果にも期待できます。

ボトムスにはデニムをチョイスして、リラックス感のあるコーデに。

出典:zozo.jp

ざっくりとした大きめスリットが、抜け感を演出してくれるワンピース。

レギンスを重ねることで、トレンド感のある着こなしを叶えています。

ワッフル生地なので着心地も抜群。

出典:zozo.jp

後ろ下がりデザインのスカートは、抜け感を作ってくれるとともに女性らしいシルエットを演出してくれます。

ほど良い丈感なのでブーツとの相性もGOOD。

出典:zozo.jp

イレギュラーヘムスカートは、チェック柄をチョイスして秋仕様に。

キャップやスニーカーを合わせて、スポーティーに着こなすのが今年らしいですね。

まとめ

今回は、抜け感を演出するコツを紹介しました。

アイテム選びや着こなし方を意識して、いつものコーデをワンランクおしゃれに仕上げましょう。

お気に入りのものがありましたら是非ゲットしてみてくださいね♪

元記事で読む