1. トップ
  2. 恋愛
  3. あなたの言葉、彼に届いてる?ちゃんと話を聞いてほしい女性に贈る会話術

あなたの言葉、彼に届いてる?ちゃんと話を聞いてほしい女性に贈る会話術

  • 2018.9.29
  • 12830 views

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の心理学者Albert Mehrabian(アルバート・メラビアン)氏は、1971年にとある概念を提唱しました。

彼は、対面による会話には3つの要素、「言語情報 (Verbal) 」「聴覚情報 (Vocal)」「視覚情報 (Visual)」があると説いたのです。

これらの要素を通してキャッチアップされる情報は、どれくらいの割合で相手に伝達されるのでしょうか。

■メラビアンの法則

言語が一番多く情報を伝えそうに思えますが、実際には

言葉(言語):7%

声のトーン(聴覚):38%

ボディランゲージ(視覚):55%

という割合でした。なんと言葉が一番少なく、大概の人は視覚からくる情報に左右されているのです。

さらなる実験で、言語と視覚・聴覚が伝える内容に矛盾があると、人は視覚・聴覚を過度に優先して捉えるという結果が出ました。これを「メラビアンの法則」と称します。

例えば、相手の目を見ずに低い声で「あなたのことが好き」と言ったとしましょう。

相手からしたら、あなたの態度は

言葉→好意を伝えている

態度→反感を伝えている

というふうに「矛盾」して見えます。

これにより「態度はどうあれ、好きと言っているから好かれているんだろう」ではなく「口では好きと言っているけど、実は本心は自分のことを嫌っているんじゃないだろうか」と判断されてしまう可能性が高いのです。

言葉を正しく相手に伝えたい場合、言語以外の情報を矛盾なく相手に発信する必要があります。

メラビアン氏は、言葉以外で交わされる会話を「非言語コミュニケーション(Silent messages)」と表現しました。

相手にダイレクトに気持ちを届けたいなら、この非言語コミュニケーションの技術が重要になってきます。

■聴覚に特化した技術とは?

いい声は、それだけで相手をリラックスさせられるし、耳を傾けたくなりますよね。

声の質や高さ、話すスピードというのは、非言語コミュニケーションにおいて、とても重要な役割を担っています。

人に心地いいと思わせる声には「落ち着いたトーン」で「よく響く」という特徴があります。イメージとしては、バラード曲の歌声です。

高すぎず、低すぎず、ほどよく低めの声を心がけましょう。

また「響く声」を出すのに有効なのは、複式呼吸です。寝転がった状態で息をすると、お腹が動いていますよね。これが複式呼吸です。起き上がった状態でもお腹から声を出すよう、日頃から練習してみてください。

後は「あいうえお」の母音をしっかり発音すること。聞き取りやすい発音は「誠実感」を演出します。

あなたの言葉が、より彼の心に届きやすくなるでしょう。

■パーソナルスペースの活用

視覚情報で特に重要なのが「視線」です。「目は口ほどにものを言う」という言葉がある通り、視線が伝える表情は相手の心を強く捉えます。

真剣に自分と向き合ってくれているのだという印象を抱くので「誠実さ」の演出にもなるのです。

もうひとつ重要なのが「パーソナルスペース」で、これは対人関係において「心地いい」と感じる距離感のこと。

関係性ごとの距離は、以下の通りです。

他者:3.5m以上

同僚・上司・部下:1.2m~3.5m

友人:0.45m~1.2m

恋人:0.45m以内

最初は3.5m以上を心がけ、関係が深まるにつれて縮めていきます。必ず、関わり度合いに応じた距離を心がけてください。

本音で語り合うことすらできないのに、いきなり1m以内に距離をつめると相手が不快に感じてしまうので注意が必要です。

■まとめ

非言語コミュニケーションに特化した会話術、ご理解いただけましたでしょうか。

男性は要点を意識するあまり、細部を聞き逃す傾向があり、女性とくらべて言語情報の受容が不得手です。そのため、言葉ですべてを伝えようとしても相手には伝わりません。

もちろん「言わなくてもわかって」は通用しません。言葉以外でフォローしつつ、しっかりと言葉でも伝える。矛盾のない対応が、最高のコミュニケーション方法なのです。

ライタープロフィール
黒木 蜜
一般企業に勤めながら執筆した作品が日本文学館のオムニバス本に掲載され作家デビュー。古事記への造詣が深く、全国300ヶ所以上の神社紹介記事を執筆。現在、古事記の観点から紹介する神社コラム/恋愛コラムなども手がけている。
Webサイト:黒木 蜜~中今の詩~

元記事で読む