1. トップ
  2. ファッション
  3. 秋のカシミヤ28選【レディース】|ニットやストール、コートなどカシミヤアイテム着こなし集

秋のカシミヤ28選【レディース】|ニットやストール、コートなどカシミヤアイテム着こなし集

  • 2018.9.28
  • 4008 views

レディースカシミヤコーデ&アイテムまとめ。カシミヤの出番が増えるこの季節。今回はニット、ストール、コートなど、カシミヤのアイテムでつくる秋ファッションをご紹介します。おすすめ人気ブランドのアイテムも同時にご紹介! カシミヤで秋支度をはじめましょう。

【目次】

  • 秋のレディースカシミヤニットコーデ
  • レディースおすすめのカシミヤニット
  • 秋のレディースカシミヤストールコーデ
  • レディースおすすめのカシミヤストールアイテム
  • 秋のレディースカシミヤコートコーデ
  • レディースおすすめカシミヤコート

秋のレディースカシミヤニットコーデ

【1】カシミヤニット×白パンツ

【1】カシミヤニット×白パンツ
アリュードのニット・ボルボネーゼのバッグ(三喜商事)、パンツ(オールウェイズ〈ナンバー エム〉)、チェーン・チャーム(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、バングル(ファンエンパイヤ)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

エクリュのパンツでニットの愛らしさを際立たせる一方、型押しのグレージュバッグで繊細な配色にリッチなコクをプラス。ニットはなめらかな肌触りのウールカシミヤ素材。流行感のあるモックネックニットと大きなパッチポケットで絵になる一着です。

【2】カシミヤニット×ネイビーパンツ×マフラー×キャップ

【2】カシミヤニット×ネイビーパンツ×マフラー×キャップ
トップス・パンツ・キャップ・マフラー・スニーカー(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

うっとりするほどやわらかなベビーカシミヤのニットウェアは、袖のライン使いやジップアップが軽快なアクセントに。しなやかなシルクのパンツを合わせ、ネイビー×ボルドーの秋色配色をリュクスに仕上げましょう。

【3】カシミヤニット×Tシャツ×デニムパンツ

【3】カシミヤニット×Tシャツ×デニムパンツ
ニット・Tシャツ(VINCE 表参道店)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(モスコット トウキョウ)、ピアス・リング(TASAKI〈TASAKI〉)、靴(バリー 銀座店)、バッグ(テアトル アッシュ・ペー・フランス〈デルフィーヌ・ドゥラフォン〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カシミヤニットとデニムで着こなしをシンプルにしたぶん、バケツ型バッグで旬のエッセンスを。シンプルなデザインながら、ワイドショルダーや大きなゴールド金具にセンスのよさが凝縮されています。

【4】カシミヤニット×グレータイトスカート

【4】カシミヤニット×グレータイトスカート
プルオーバー(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス・バングル(アストラット 青山店〈フィリップ オーディベール〉)、靴(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

最旬マテリアルのベルベットとカシミヤ混ニットのVネックプルオーバーに、ジャージー素材のタイトスカートを合わせて。大人の女性らしい余裕と落ち着きが漂う、エフォートレスなエレガントスタイルが完成します。

【5】カシミヤニット×グレージュパンツ

【5】カシミヤニット×グレージュパンツ
マックスマーラのニット・パンツ・サングラス・スポーツマックスのバッグ(マックスマーラ ジャパン)、ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

とろみのあるたおやかなパンツをつなげて、素材に特別な洗練を宿したグレージュで魅せるスタイル。シックなカーキ色のカジュアルなショルダーバッグや、オニキスとダイヤモンドのソリッドな輝きを携えたモチーフジュエリーでメリハリをプラスしましょう。

【6】カシミヤニット×スカーフ

【6】カシミヤニット×スカーフ
ニット(エドストローム オフィス〈ジエルダー ステイツマン〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ブレスレット・リング(カルティエ) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

とろけるような肌触り、目に優しい発色…。待ち焦がれていたカシミヤニットと過ごす日々がスタート! タートルネックの首元にはシルク『カレ』を、手元にはイエローゴールドのジュエリーを重ねて、彩りのグラデーションをつくりましょう。カーキがちらりとのぞく『カレ』は、馬具柄をモダンに表現した新作。季節の始まりを新たな一枚とともに迎えるのも素敵です。

【7】カシミヤニット×デニムパンツ

【7】カシミヤニット×デニムパンツ
ニット(ブランドニュース〈デレク ラム〉)、デニム(ラグ & ボーン 表参道〈ラグ & ボーン/JEAN〉)、バングル・リング・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ドゥロワー 青山店〈パコ ラバンヌ〉)、靴(ビームス ハウス 丸の内〈チェンバー〉) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

アシンメトリーなワザありデザインにモードな個性が光る、ロング丈のシルクカシミヤニット。細身のブラックデニムを合わせて、フィット&フレアーなシルエットでスマートに仕上げましょう。

【8】カシミヤニットポンチョ×グレーニット×グレーパンツ

【8】カシミヤニットポンチョ×グレーニット×グレーパンツ
オフタートルのカシミヤのニットポンチョ・ウールカシミヤのリブマフラー(ストラスブルゴ〈クルチアーニ 銀座店〉)、カシミヤニット(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、ニットパンツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ニットグローブ(edit & co.〈YURI PARK CAPO COMPLETO〉)、ブーツ(プレインピープル丸の内〈フリーランス〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

存在感が格別なのはもちろん、思いのほか動きやすいのが、ニットポンチョ。リブマフラーを無造作に巻くと、さらにこなれ感がアップして。ニットもやはり、グレー系でまとめるだけで都会的な雰囲気になります。

【9】カシミヤニット×グレータイトスカート

【9】カシミヤニット×グレータイトスカート
ニット(三喜商事〈アニオナ〉)、スカート(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

顔周りに視線を集め、ウエストに絶妙に収まるニットは、ひざ下丈タイトスカートをスタイルよく着こなすキーアイテム。ニット、スカート、ホーザリーと徐々に濃くなるグラデーションも、すっきり脚長に見せるワザです! ニットは立体感のある畦あぜ編みのカシミヤでリッチな輝きを授けたモカグレージュニット。アシンメトリーなビッグタートルとコンパクトな着丈のバランスも今らしい。

レディースおすすめのカシミヤニット

【1】グッチのカシミヤニット

【1】グッチのカシミヤニット
スタイルは、クルーネックニット、Vネックニット、カーディガン、タートルニットの4種類から選択。サイズは、メンズのXS、S、M、L、XL。素材と色は、ファインプレーン カシミヤ(全10色)、エクストラプレーンウール(全9色)。価格はエンブロイダリーの有無、また組み合わせる種類によって変動する。(グッチ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

「上質でプレーンなニットこそ、なかなか見つからない」とお嘆きのあなた。編み方、デザイン、シルエット、素材、色…とこだわっていくと、満足できるものって本当に少ないですよね!? そんな方にぜひオススメしたいのが、グッチが始めた画期的なプログラム「Gucci DIY」です。既存の商品にカスタマイズが楽しめるこの企画。なかでも注目したのが、メンズ用のシンプルなニットです。デザインは定番の4型、素材はいずれも2タイプ(タートルニットはカシミヤのみ)から選択が可能。色もベーシックから鮮やかなカラーまでそろう充実のバリエーション。サイズもXSであれば、女性にもぴったり…となると、私たちも見逃せるわけがありません。さらにユニークなのが数種類のエンブロイダリーが楽しめるところ。イニシャルやアイコニックなモチーフなどと組み合わせれば、自分だけの愛すべきニットが完成するのです。「グッチ青山」では、このプログラム専用のスペースが設けられ、ゆっくりとカスタマイズが楽しめます。ぜひこの機会に、お気に入りの一枚を手に入れてみてはいかがでしょう?

グッチのニット

【2】ニナ リッチのカシミヤニット

【2】ニナ リッチのカシミヤニット
ニット(コロネット〈ニナリッチ〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

太リブ編みとボートネックが、クラシックになりすぎない絶妙なさじ加減。ウール×カシミヤ素材です。

【3】ザ・ロウのカシミヤニット

【3】ザ・ロウのカシミヤニット
ニット(コロネット〈ザ・ロウ〉) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

オーセンティックな縄編みのタートルニットも、たっぷりとしたシルエットが今年らしさを演出してくれます。上質なカシミヤ素材。

【4】マックスマーラのカシミヤニット

【4】マックスマーラのカシミヤニット
ニット(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/宗髙聡子・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2017年

着こなしの基本となるシンプルニットこそ旬にこだわる。それが、シックを知る大人の女性の流儀です。カシミヤにしてほのかな透け感のあるタートルネックニットこそ、最旬解答。上品な透け感が着こなしに繊細な美しさを演出するだけでなく、ボトムインしてもラインが響きにくい、つかず離れずのシルエットも大人にうれしいポイントです。シアーなニットの風合いと色合いを損なわないように、それぞれになめらかな肌触りの同色キャミソール付き。ブリックレッド、キャメル、ダークグレー…と旬の気分を満たす色展開です。

マックスマーラのカシミヤタートルニット

【5】セリーヌのカシミヤニット

【5】セリーヌのカシミヤニット
ニット(セリーヌ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2017年

太めの3ゲージカシミヤで編まれたニットは、全身がすっぽりと包まれるような豊かな風合いが魅力。体を入れるとふんわり立体的なシルエットが形づくられ、テクニックなく着こなしがサマになります。バック丈がやや長めになった設計もおしゃれ。

セリーヌのクロップドカシミヤニット

秋のレディースカシミヤストールコーデ

【1】カシミヤストール×グレーニット×チェックパンツ

【1】カシミヤストール×グレーニット×チェックパンツ
ストール・ニット・パンツ・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店 撮影/戸田嘉昭・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

チェックのワイドパンツ×淡いグレーのオフタートルとのメンズライクな着こなしには、マントのようにストールを使うことでしなやかな流れをプラス。モノトーンの濃淡に、カシミヤの黒とバッグのキャメルが知的なコントラストを添えてくれます。

【2】カシミヤストール×グレーワンピース

【2】カシミヤストール×グレーワンピース
ワンピース・ベルト・ストール・バッグ(マックスマーラジャパン〈マックスマーラ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ワンピース「ザ・ウールマーク・カンパニー」とのコラボレート素材である、ツイード調のウールジャージーを使った七分袖ワンピース。体の動きを妨げないストレッチ性のある素材感と巧みなタックディテールで快適な着心地を約束してくれます。ラパンレックスファーを、ちょうど襟あたりにくるようにあしらった黒のカシミヤストールをはおって。

レディースおすすめのカシミヤストールアイテム

【1】バーバリーのカシミヤストール

【1】バーバリーのカシミヤストール
右から/『ライトウェイト カシミヤ スカーフ』・フューシャピンク・ミッドグレー・キャメル・キャメル・アッシュローズ・パレードレッド・ダスティミント(バーバリー・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

チェック柄は全12色、無地は全14色の2タイプ。刺しゅうのサービズ(無料)は、横向きと縦向き、アルファベットのほか「?」や「&」も秋冬より可能に。

バーバリーのカシミヤストール

【2】ベグ アンド コーのカシミヤストール

【2】ベグ アンド コーのカシミヤストール
『ウィスピー』(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、色名:上から時計回り/フレンチブルー、ネイビー、インディゴデニム、ペールデニム サイズ:縦200×横70㎝ 撮影/戸田嘉昭・小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

向こう側が透けて見えるほど薄く織り上げられたカシミヤのストール。さらりと巻くだけで、美しい躍動感が生まれ、着こなしの印象が軽やかに華やぎます。スコットランドのストール専門ブランドとして名高いベグ アンドコーは、原毛の段階で染色した糸を使うことにより、繊細なニュアンスカラーも巧みに表現。そのため、ブルーだけでも、インクのような深みのある色から、ハイトーンのインディゴデニムまで、なんと10色以上もあるのが自慢です。

【3】ジョンストンズ のカシミヤストール

【3】ジョンストンズ のカシミヤストール
スカーフ(グッチ ジャパン) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

大判のカシミヤなら、ニットの上からはおってケープのように楽しむことも。チェック柄でリズミカルな装いに。

ジョンストンズ のストール

秋のレディースカシミヤコートコーデ

【1】カシミヤコート×黒ニット×黒パンツ

【1】カシミヤコート×黒ニット×黒パンツ
コート・ニット・パンツ・サングラス・リング・バングル・バッグ(ルイ・ヴィトン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ひらりと翻るドラマティックなシルエットを可能にする、カシミヤの一枚仕立てケープ。タートルネックニットが一体化したダブルジップデザインがスポーティーな印象です。前を留めるストラップと、裏地のヘムラインに施されたレザー使いがリッチなアクセントに。リブ編みニットと、細身パンツの黒で、ケープのまろやかなミルクティーカラーを引き立てましょう。

【2】カシミヤコート×黒ニット×ダークグレーパンツ

【2】カシミヤコート×黒ニット×ダークグレーパンツ
コート(オルドスファッション ジャパン)、ニット(スローン)、パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、ピアス・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

表がグレージュ、裏がグレーのダブルフェースのカシミヤガウンコートを主役に。へアカーフのバッグ、パテントのキルト付きフラットシューズの小物は黒で統一して引き締めつつ、トラッド感をプラスしましょう。

【3】カシミヤコート×グレーニット×タイトスカート

【3】カシミヤコート×グレーニット×タイトスカート
コート(オルドス ファッション ジャパン)、ニット(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スカート(三喜商事〈アニオナ〉)、ミッレのネックレス・ファウスト コラートのバッグ(チェルキ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

コートの襟裏からのぞくチャコールグレーから導いた辛口ワントーン・スタイル。リッチなパイソンバッグで大人の迫力をプラスしましょう。コートはダークグレージュ×チャコールグレーのカシミヤリバーシブル仕立て。自然に折り返るスタンドカラーの裏側からちらりとのぞく配色がリュクスな雰囲気を醸し出します。

【4】カシミヤコート×黒ニット×黒パンツ

【4】カシミヤコート×黒ニット×黒パンツ
コート・ウールシルクの半袖黒ニット・素材の黒パンツ・ピアス(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

袖口や襟の折り返し、動くたびにのぞく裏面から、コントラストも鮮やかに、しっとりとしたイエローが映えるレンガ色のカシミヤコート。実はリバーシブルなので、イエローを表に返すとグッと華やかな印象に。ベーシックなステンカラーのデザインに、程よいオーバーサイズのゆったりシルエットで、長く愛せる一着です。

【5】カシミヤコート×ニット×ジレ×グレーパンツ

【5】カシミヤコート×ニット×ジレ×グレーパンツ
コート・ジレ・ニット・パンツ・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

ロロ・ピアーナの真骨頂、ベビーカシミヤのコートは、包み込まれるような極上の着用感。ダブル構造の高密度ジャージー生地が、軽やかな着心地と、風を通しにくい暖かさを両立しています。ベージュ×オレンジのリバーシブルコートに、カシミヤのロングジレをレイヤード。プロンジェレザーのサッシュベルトをきゅっと巻いて、大人の余裕が漂う、クリーンでエレガントな装いを楽しみましょう。

【6】カシミヤコート×白ブラウス×黒パンツ×スカーフ

【6】カシミヤコート×白ブラウス×黒パンツ×スカーフ
パンツ(コロネット〈グレイジェイソン ウー〉)、コート(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ブラウス(ヴァルカナイズ・ロンドン〈ゴート〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ピアス・リング(マルコ・ビチェゴ ジャパン〈マルコ・ビチェゴ〉)、バッグ(オンワードグローバルファッション〈マルベリー〉)、靴(ファビオ ルスコーニ六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のパンツは落ち感のあるシルキーな素材ながら、センタープレス入りできりっとした雰囲気も。カシミヤのダブルフェースコートを軽やかにはおって。インを白にすることで表情も華やかになります。

【7】カシミヤコート×ブラウンニット×レッドスカート

【7】カシミヤコート×ブラウンニット×レッドスカート
コート・スカート・ニット・バッグ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ニュアンスのある上品なテラコッタレッドのカシミヤコート。裏表がないダブルフェースだから、縁の始末が目立つラップコートでは、その上質感が極まります。幅広のハーフベルトで、女らしくウエストマークしても、ライニングを施す必要がないため、もたつくことなく、すっきりしたシルエットに。

レディースおすすめカシミヤコート

【1】フェンディのカシミヤコート

【1】フェンディのカシミヤコート
コート(フェンディ ジャパン) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

カシミヤもファーも淡いベージュ系で統一した、気品あふれるたたずまいのケープコート。大きなスクエアのファーポケットが、ふっくらと愛らしくて、ハッピーな気分にしてくれます。

フェンディのコート

【2】バンフォードのカシミヤコート

【2】バンフォードのカシミヤコート
コート(三喜商事〈バンフォード〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious4月号』小学館、2018年

イギリスのライフスタイルブランドバンフォードにとって、カシミヤは最も大切にしている天然素材。裾がふわりと風に舞うほどに軽やかなカシミヤを使ったコートは、布地の美しさをシンプルに生かした、洗練されたシルエットに魅了されます。さらに、日の光をそのまま表現したかのような色使い。透明感のあるベージュからは、癒やされるような温かみが伝わってきます。オーガニックな環境に根ざした優しい生活こそ、本当のラグジュアリーという信条をもつブランドらしい、コンフォタブルな名品コートです。

バンフォードのカシミヤコート

元記事で読む