1. トップ
  2. ファッション
  3. 秋のセーターコーデ20選【レディース】|白セーターや合わせるアウターなど、大人のセーターコーデ着こなし集

秋のセーターコーデ20選【レディース】|白セーターや合わせるアウターなど、大人のセーターコーデ着こなし集

  • 2018.9.28
  • 7007 views

大人女性の秋のセーターコーデまとめ。セーターの活躍する季節、秋におすすめのコーデを20選ピックアップ。白セーターコーデや、セーターに合わせたいアウターコーデ、さらにはセーターに合うスカートコーデなど、この秋の参考にできる着こなしをたっぷりとご紹介します。

【目次】

  • レディース秋の白セーターコーデ
  • レディース秋のセーターコーデ
  • セーターの上に着るアウターコーデ
  • セーターに合うスカートコーデ

レディース秋の白セーターコーデ

【1】白セーター×白パンツ

【1】白セーター×白パンツ
©Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年

決して太すぎないシルエットのパンツ×深めのV開きニット。肩の力を抜きつつも、知的に見えるのは、バイカラーバッグの辛口効果です。

【2】白セーター×グレーカーディガン×ネイビーパンツ

【2】白セーター×グレーカーディガン×ネイビーパンツ
カーディガンジャケット(レリアン)、ノースリーブトップス(レキップ)、パンツ(ヒューゴボス ジャパン〈ヒューゴ ボス〉)、ピアス・ブレスレット(リンクス オブ ロンドン青山店)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ミチノ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ボトムに今どきのディテールが加わるだけで、スーツのボトムをはいているような堅さはいっさいなし! 上品なカーディガンの持ち味も生かされて、リラックスしたオフィススタイルがかないます。

【3】白セーター×白カーディガン×グレージュパンツ

【3】白セーター×ベージュカーディガン×白パンツ
靴(アマン〈ペリーコ〉)、カーディガン・ニット(wb)、パンツ(ADORE)、バッグ(ユナイテッドアローズ 銀座店〈フルラ〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ゆったりとエレガントなラインが女らしいワイドパンツは、足首ぎりぎりの9分丈が最旬バランス。ボトムにボリュームがあるぶん、足元はきゅっと引き締めることで一気に女らしさが高まります。フラットシューズはスエードにリザードの型押しを施した新素材を使用。ノーズ部分はエナメルで、軽快さも加味しています。

レディース秋のセーターコーデ

【1】モカグレージュセーター×黒デニムパンツ

【1】モカグレージュセーター×黒デニムパンツ
ニット(ブランドニュース〈デレク ラム〉)、デニム(ラグ & ボーン 表参道〈ラグ & ボーン/JEAN〉)、バングル・リング・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ドゥロワー 青山店〈パコ ラバンヌ〉)、靴(ビームス ハウス 丸の内〈チェンバー〉) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

アシンメトリーなワザありデザインにモードな個性が光る、ロング丈のシルクカシミヤニット。細身のブラックデニムを合わせて、フィット&フレアーなシルエットでスマートにまとめましょう。

【2】グレージュセーター×グレーパンツ

【2】グレージュセーター×グレーパンツ
ニット(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、パンツ(三喜商事〈イレブンティ〉)、バッグ(エストネーション〈ザネラート〉)、ストール(ボーダレス〈ベグアンド コー〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

グレージュでそろえたニットとバッグ、グレーのストールとパンツで全体をニュアンストーンでまとめた装いに、クリアな白のスニーカーとゴールドジュエリーを効かせて。少量でも印象深いメリハリが生まれます。

【3】グレージュセーター×オレンジパンツ

【3】グレージュセーター×オレンジパンツ
ニット(三喜商事〈イレブンティ〉)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、リング(TASAKI)、バッグ(エドストローム オフィス〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉)、靴(J.M.WESTON 青山店) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

袖にミンクファーがあしらわれたローゲージニットに、やや起毛した表面感のウール混パンツを合わせて。鮮度の高いアイテム選びと配色テクニックが導く、最新の「グレージュ・カジュアル」がここに完成します! 小物はトラッドな茶系小物でまとめて理知的に。

【4】グレージュセーター×グレージュパンツ

【4】グレージュセーター×グレージュパンツ
マックスマーラのニット・パンツ・サングラス・スポーツマックスのバッグ(マックスマーラ ジャパン)、ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

とろみのあるたおやかなパンツをつなげて、素材に特別な洗練を宿したグレージュで魅せるスタイル。シックなカーキ色のカジュアルなショルダーバッグや、オニキスとダイヤモンドのソリッドな輝きを携えたモチーフジュエリーでメリハリをプラスしましょう。

【5】ライトグレージュセーター×白パンツ

【5】ライトグレージュセーター×白パンツ
アリュードのニット・ボルボネーゼのバッグ(三喜商事)、パンツ(オールウェイズ〈ナンバー エム〉)、チェーン・チャーム(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、バングル(ファンエンパイヤ)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

エクリュのパンツでニットの愛らしさを際立たせる一方、型押しのグレージュバッグで繊細な配色にリッチなコクをプラス。ニットはなめらかな肌触りのウールカシミヤ素材。流行感のあるモックネックニットと大きなパッチポケットで絵になる一着です。

【6】グレーセーター×オレンジパンツ

【6】グレーセーター×オレンジパンツ
ニット(スローン)、パンツ(キートン)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ドナテラ・ペリーニのネックレス・ペリーニのバングル(ドナテラ・ペリーニ 伊勢丹新宿店)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴 (J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

赤みのあるグレージュニットに合わせ、ブライトオレンジのパンツを選択。

セーターの上に着るアウターコーデ

【1】ブラウンセーター×ロングジレ

【1】ブラウンセーター×ロングジレ
ロングジレ・パンツ(yoshieinaba)、ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、首に巻いたスカーフ(アマン〈フィナモレ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、ストール(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ベルト(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、ブーツ(トッズ・ジャパン) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

レイヤードに適したライニング付きだから滑りもよく、たくさん歩く外出先でもストレスを感じさせないジレ。パンツとのセットアップ展開で、素材はウールストレッチです。

【2】黒セーター×ライダースジャケット

【2】黒セーター×ライダースジャケット
ジャケット(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、ニット(ブラミンク)、スカート(ebure)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、バングル(ヴァンドームヤマダ〈ロバート リー モーリス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ライダースのインに黒のタートルニットを着て、波打つような艶をたたえたタイトスカートを合わせた装い。配色でコントラストを効かせつつも、アイテムの組み合わせでも緩急をつけると奥行きが生まれて、おしゃれ感が倍増します。

【3】ネイビーセーター×シープスキンジャケット

【3】ネイビーセーター×シープスキンジャケット
シープスキンのジャケット(バーニーズ ニューヨーク)、ニット(アオイ〈ポール カ〉)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、ピアス・リング(バーニーズ ニューヨーク〈シャーロット レベック〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ジャケットは、留め具やポケットも廃した潔いデザイン。程よくゆとりのあるシルエットと深めのキャメルが、ネイビーを女らしく格上げします。

【4】黒セーター×カーディガン

【4】黒セーター×カーディガン
パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、カーディガン・半袖ニット(スローン)、ネックレス(ボン マジック)バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(アマン〈イルサンダロ オブ カプリ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

「甘×辛」ミックスの最もシンプルな方法は、装いに品格を加える黒のアンサンブルニットと、颯爽としたムードを添える白のスティックパンツを合わせること。さらに小物で端正なハンドバッグと華やかなトングサンダルを合わせたら、きちんと感も抜け感もあるおしゃれが完成します。

【5】黒セーター×スモーキングジャケット

【5】黒セーター×スモーキングジャケット
ジャケット(アオイ〈マントゥ〉)、ニット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、チョーカー(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブラミンク〈J.M WESTON〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のジャケットはウエストを程よくシェイプした、小気味のよいシルエット。光沢のあるサテンを効かせた王道のデザインです。大人のデニムスタイルに格をもたらす、「スモーキングジャケット」の迫力、シルバーなどのクールな輝きを添えれば、華やいだ場にふさわしいスタイルが完成します。

【6】グレーセーター×テーラードジャケット

【6】グレーセーター×テーラードジャケット
ジャケット(Theory luxe)、ニット(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ミラノマダムたちは、圧倒的に白の分量が多いのが特徴。そんな爽やかなモノトーンを落ち感のあるワイドクロップドで実現しましょう。引き締めカラーを中間色のグレーにするのがコツです。

【7】アプリコットセーター×キャメルコート

【7】アプリコットセーター×キャメルコート
右上から時計回りに/ラムファーとカシミヤのラグジュアリーなコンビ。コート※ファージレとセット(ステディ スタディ〈イヴサロモン〉)、パテントに黒いラインがアクセント。靴(ピエール アルディ 東京)、ワイドパンツならではのたっぷりとした量感と光沢感が華やぎを演出。コットンストレッチ素材。パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、6WAYに使用可能の画期的なデザイン。タンカラーとなめらかなクラシックカーフレザーにうっとり。バッグ『ハンモックレース スモール バッグ』(ロエベ)、マントのようなデザインで、アウター感覚で着られる一枚。ウール&ポリアミド素材。ニット(オンワードグローバルファッション〈ジル・サンダー〉 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

黄み肌の日本人にとってキャメルは難しい、という定説をあえてくつがえす濃厚キャメルの重ね技。素材もカシミヤ、ファー、リブニット、レザーなど異なる質感を組み合わせ、重層感を出すことで単色では得られないラグジュアリーな表情が生まれます。

セーターに合うスカートコーデ

【1】モカグレージュセーター×グレースカート

【1】モカグレージュセーター×グレースカート
ニット(三喜商事〈アニオナ〉)、スカート(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

顔周りに視線を集め、ウエストに絶妙に収まるニットは、ひざ下丈タイトスカートをスタイルよく着こなすキーアイテムです。ニット、スカート、ホーザリーと徐々に濃くなるグラデーションも、すっきり脚長に見せる上級テクニック! アシンメトリーなビッグタートルとコンパクトな着丈のバランスも今らしい装いです。

【2】カーキセーター×ベージュスカート

【2】カーキセーター×ベージュスカート
ニット(Theory luxe)、スカート(アオイ〈マルゴン〉)、ベルト(アマン〈アンボワーズ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

鎖骨見せのボートネックと袖口が広がったデザインが女らしいプリーテッドニットを、Aラインシルエットのスカートでフェミニンに着こなして。クロコ調ベルトやブロンズバッグ、スエードパンプスの多様な質感でメリハリをつけましょう。

【3】カーキセーター×カーキスカート

【3】カーキセーター×カーキスカート
スカート(アストラット 青山店〈アストラット〉)、バッグ(Theory luxe〈Gianni Chiarini〉)、ネックレス・チェーンブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(リエート〈サントーニ〉)、ニット(VINCE 表参道店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ベージュ・カーキ×ミリタリーカーキの、ワントーンなじませ配色に、プラムカラーの小物を添えて、リッチ・カーキのコクをアップさせましょう。

【4】黒セーター×イエロースカート

【4】黒セーター×イエロースカート
ニット(DES PRÉS 丸の内店〈DES PRÉS〉)、スカート(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、ベルト(J&M デヴィッドソン 青山店)、バッグ(JIMMY CHOO)、時計(ショーメ)、靴(GALERIE VIE 丸の内店〈ATP〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

深みのあるマスタードイエローのスカートは、軽やかに揺れるシルエットも手伝って、重たさはいっさいなし! 合わせるトップスからバッグ、さらに靴まで黒で統一すると、すっきりキレのある印象にまとまります。トップスをスカートにインしたら、太ベルトで仕上げのアクセントを。

元記事で読む