1. トップ
  2. ファッション
  3. 秋のカーディガン着こなしコーデ17選【レディース】|ロングや丸首カーディガンなど大人のカーディガン着こなし集

秋のカーディガン着こなしコーデ17選【レディース】|ロングや丸首カーディガンなど大人のカーディガン着こなし集

  • 2018.9.28
  • 5870 views

レディースカーディガン着こなしコーデまとめ。少しずつ肌寒い日が多くなってくるこの時期、カーディガンの出番が多くなってくる季節です。そこで今回は、大人女性のカーディガンの着こなしコーデを17選集めました。ロングカーディガンコーデや丸首カーディガンコーデ、カーディガンに合わせたいインナーコーデもご紹介します。秋のおしゃれの参考に、ぜひ役立ててみてください。

【目次】

  • レディース秋のカーディガン着こなしコーデ
  • 秋のロングカーディガン着こなしコーデ
  • カーディガンに合わせるインナー着こなしコーデ
  • 秋の丸首カーディガン着こなしコーデ

レディース秋のカーディガン着こなしコーデ

【1】黒カーディガン×黒カットソー×黒ロングスカート

【1】黒カーディガン×黒カットソー×黒ロングスカート
カットソー・カーディガン(スローン)、スカート(VINCE 表参道店)、ピアス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ニットカーディガンやローファーなど、おなじみのアイテムもチェック柄のアシンメトリースカートを合わせることで、たちまち新鮮に。チェックでも黒ベースならば、こんなにもシックに見えるなんて…、この秋の新発見です!

【2】チャコールグレーカーディガン×白カットソー×黒パンツ

【2】チャコールグレーカーディガン×白カットソー×黒パンツ
「チャコールグレー」のカーディガン・カットソー・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

前開きの深いVネックカーディガンも、実は鎖骨がいちばん美しく見えるバランスが計算されたもの。インナーの白いカットソーが効いて、グレートーンの着こなしに、軽やかな抜け感が生まれます。

【3】グレーカーディガン×グレーパンツ×大判スカーフ

【3】グレーカーディガン×グレーパンツ×大判スカーフ
スカーフ『カレジェアン』《軍神マルス》・ピアス(エルメスジャポン)、カーディガン・パンツ(アオイ〈ファビアナ フィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

カシミアシルクの大判スカーフのこなれ感は、まさに今の気分。質感を生かしてふんわりと巻くためには三角折りが最適です。やわらかなモノトーンにミントグリーンが爽やかなので、ニュアンスカラーのカーディガンで優しくまとめましょう。

【4】カーキカーディガン×カーキブラウス×黒スカート

【4】カーキカーディガン×カーキブラウス×黒スカート
バッグ・ブラウス・カーディガン・スカート(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス・ペンダント・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カーキカーディガンの装いになじみつつ、シックな華を添えるメタリックカーキのバッグ。絶妙な色出し、上質な一枚革で仕立てた軽量なつくりに魅了されます。

【5】ネイビーカーディガン×デニムパンツ

【5】ネイビーカーディガン×デニムパンツ
デニム(A.P.C.)、カーディガン(ドゥロワー 丸の内店)、M/G TASAKIのピアス・リング・TASAKIのネックレス(TASAKI)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/土山大輔(tron) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

アー・ペー・セーを代表するロングセラーデニム『プチ スタンダード』。ミニマルな佇いで旬のグラニーニットカーディガンも大人っぽく仕上げる、リジッドデニムの大定番モデルが今また新鮮です!

【6】白カーディガン×白ノースリーブニット×白パンツ×スカーフ

【6】白カーディガン×白ノースリーブニット×白パンツ×スカーフ
ニットカーディガン・ノースリーブニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、スカーフ(スローン)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン)、サングラス(ミラリ ジャパン〈プラダ〉)、靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

アンサンブルとパンツをホワイトでまとめたら、襟元にポイントづくりを。ブラウン系のスカーフを細く折り、タートルネックのようにくるくると首元に巻きつけて。

【7】ブルーカーディガン×白トップス×ネイビーパンツ

【7】ブルーカーディガン×白トップス×ネイビーパンツ
カーディガンジャケット(レリアン)、ノースリーブトップス(レキップ)、パンツ(ヒューゴボス ジャパン〈ヒューゴ ボス〉)、ピアス・ブレスレット(リンクス オブ ロンドン青山店)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈ミチノ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ボトムに今どきのディテールが加わるだけで、スーツのボトムをはいているような堅さはいっさいなし! 上品なカーディガンの持ち味も生かされて、リラックスしたオフィススタイルがかないます。

秋のロングカーディガン着こなしコーデ

【1】ネイビーロングカーディガン×白ブラウス×ネイビーワイドパンツ

【1】ネイビーロングカーディガン×白ブラウス×ネイビーワイドパンツ
パンツ(ADORE)、カーディガン(三喜商事〈アリュード〉)、ブラウス(ADORE)、ミッレのピアス・ネックレス・ルーナのネックレス(チェルキ)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のパンツは太いベルト幅に白いボタンが印象的。深いタック入りで、ハイウエストに仕立てられたエレガントなデザインです。白いインナーをボトムインして、ウエスト位置を明確に。さらにボトムと同色のロングカーディガンが額縁効果を発揮します。

【2】グレーロングカーディガン×白ブラウス×ネイビータイトスカート

【2】グレーロングカーディガン×白ブラウス×ネイビータイトスカート
アリュードのロングカーディガン・ステファノ モルタリのブラウス・アルトのスカート(三喜商事)、ネックレス(ウールン商会〈ペセリコ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、傘(ヴァルカナイズ・ロンドン〈フォックス・アンブレラ〉)、靴(ストラスブルゴ〈プロエンザ スクーラー〉) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

カーディガンのカジュアル度を軽減するには、全体を洗練配色にまとめることがいちばん。ブラウスをボトムインして、縦長シルエットを計算しました。

【3】ネイビーロングカーディガン×白トップス×ネイビーパンツ

【3】ネイビーロングカーディガン×白トップス×ネイビーパンツ
ロングカーディガン・トップス・パンツ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈フォンタナ ミラノ 1915〉)、スカーフ(wb) 撮影/小池紀行・池田敦(パイルドライバー) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ネイビーのワントーンスタイルは、色をそろえすぎると、かえって地味に。そこで、グラデーションが美しいカーディガンをセレクト。コーディネート全体にメリハリが生まれて、こなれ感も満載です!

【4】カーキロングカーディガン×ライトグレートップス×カーキパンツ

【4】カーキロングカーディガン×ライトグレートップス×カーキパンツ
トップス(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、カーディガン(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2017年

カーディガンとパンツの、グレーみを帯びた濃淡カーキを繊細になじませるライトグレーのトップス。丁寧に色を重ねたカーキスタイリングは、大人の気品が香るような佇いです。

カーディガンに合わせるインナー着こなしコーデ

【1】ネイビーカーディガン×ネイビーブラウス×ラップスカート

【1】ネイビーカーディガン×ネイビーブラウス×ラップスカート
スカート(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、ブラウス(ルック〈スキャパ〉)、カーディガン(Theory luxe)、眼鏡(イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティ〉)、時計(和光〈クレドール〉)、ドキュメントケース(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

うっすら透けるウールを、巧みなバイアス使いでかなえたラップスカートは、仕事服にふさわしいピンストライプ柄。ふくらはぎのいちばん太い部分が隠れるミモレ丈だから、パンツ派の女性にも挑戦してほしい。

【2】ベージュカーディガン×白Tシャツ×ロングスカート

【2】ベージュカーディガン×白Tシャツ×ロングスカート
「メイプルベージュ」のカーディガン・Tシャツ・スカート・ネックレス・靴(ブルネロ クチネリジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

木の実を連想するようなざくろ色のチュール素材のティアードスカートには、ボレロのような感覚でショート丈のカーディガンを合わせて。シンプルな白Tシャツをインすれば、こなれ感のあるカジュアルなドレスアップが叶います。

【3】グレージュカーディガン×グレージュニット×スカート

【4】グレージュカーディガン×グレージュニット×スカート
カーディガン・ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、スカート(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス(プティローブノアー)、ブレスレット(ジュリーサンドラゥ アジア パシフィック)、バッグ(エストネーション〈ペラン〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/長山一樹 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

仕立て映えするダブルフュースのAラインスカートが、グレージュのメランジ調ニットアンサンブルをフレッシュに見せてくれます。

【4】ベージュカーディガン×白シャツ×グレーパンツ×ストール

【5】ベージュカーディガン×白シャツ×グレーパンツ×ストール
「メイプルベージュ」のカーディガン・ストール・シャツ・パンツ(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

カーディガン×白シャツに、マドラスチェックのストールを重ねて、穏やかなベージュトーンの着こなしを。ベルトマークで凛とした美しさが生まれます。

秋の丸首カーディガン着こなしコーデ

【1】白丸首カーディガン×白ニット×ネイビーパンツ

【1】白丸首カーディガン×白ニット×ネイビーパンツ
カーディガン・ニット・パンツ・靴『ホースビット ローファー』(グッチ ジャパン) 撮影/川田有二 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

ゴールドラメのトリミングが映えるアンサンブルニットに、スポーティーなライン入りのパンツで、モード感あふれるトラッドスタイル。足元にクラシックな『ホースビット ローファー』を合わせれば、さらにクラスアップします。

【2】白丸首カーディガン×白ニット×グレーパンツ

【2】白丸首カーディガン×白ニット×グレーパンツ
ニットカーディガン(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ノースリーブニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ピアス(シャンテクレール 東京店)、時計(ソーウインド ジャパン〈ジラール・ペルゴ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

白とミドルグレーでつくる、軽やかなニュアンス配色が、しなやかに働く女性像を後押し。カーディガンはもちろん、バッグや靴、時計のベルトまで、グレーで統一し、黒を使わないことが、洗練感をもたらす秘訣です。

元記事で読む
の記事をもっとみる