1. トップ
  2. ファッション
  3. 秋の黒ジャケットコーデ14選【レディース】|オフィスコーデやスカート・ワンピースとの合わせ方まとめ

秋の黒ジャケットコーデ14選【レディース】|オフィスコーデやスカート・ワンピースとの合わせ方まとめ

  • 2018.9.28
  • 7168 views

レディース黒ジャケットコーデまとめ。オフィスにもカジュアルにも応用のきく黒ジャケット。今回は秋らしい黒ジャケットの着こなし方やオフィスコーデ、スカートやワンピースとの合わせ方をまとめました。この秋は黒ジャケットで大人の魅力を表現してみませんか?

【目次】

  • レディース秋の黒ジャケットコーデ
  • レディース黒ジャケットのオフィスコーデ
  • 黒ジャケットに合わせるスカートの色
  • 黒ジャケット×ワンピースコーデ

レディース秋の黒ジャケットコーデ

【1】黒ジャケット×黒カットソー×黒パンツ

【1】黒ジャケット×黒カットソー×黒パンツ
ヴァレンティノのジャケット・カットソー・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのサングラス・バッグ・靴(ヴァレンティノジャパン)、バングル(ミキモト) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

今年、黒のテーラードをひとつ選ぶなら、迷うことなくサテン地の細い襟と、美しいカッティングが冴えるスモーキングジャケットに。ハイヒールで、攻めのエレガンスもいいけれど、今、愛されるのは、ちょっとこなれた着こなしです。クチュール感たっぷりの一着に、Tシャツとレザースニーカーを合わせる小粋さがかっこいい。

【2】黒ジャケット×黒ニット×デニムパンツ

【2】黒ジャケット×黒ニット×デニムパンツ
ジャケット(アオイ〈マントゥ〉)、ニット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、チョーカー(ジュエルズ・オブ・ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブラミンク〈J.M WESTON〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious11月号』小学館、2017年

主役のジャケットはウエストを程よくシェイプした、小気味のよいシルエット。光沢のあるサテンを効かせた王道のデザインです。大人のデニムスタイルに格をもたらす、「スモーキングジャケット」の迫力、シルバーなどのクールな輝きを添えれば、華やいだ場にふさわしいスタイルが完成します。

【3】黒ジャケット×白シャツ×グレースカート

【3】黒ジャケット×白シャツ×グレースカート
ジャケット・シャツ・リボン・スカート・バッグ・靴(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/戸田嘉昭・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ダブル合わせながら、前を開けて着ても広がらない、秀逸シルエットだから、フレアスカートと合わせても好バランスに。白シャツ×リボンタイでクラシカルに装いましょう。

【4】黒ジャケット×白Tシャツ×ベージュパンツ

【4】黒ジャケット×白Tシャツ×ベージュパンツ
ハイアリンのジャケット・オルウェルのTシャツ(ストラスブルゴ)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、ウノアエレのネックレスチャーム・チェーン・ワンエーアールバイウノアエレのブレスレット(ウノアエレ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店)、バッグ『Bucket』(ドゥロワー青山店〈パコ ラバンヌ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ピンストライプのジャケットを肩からはおり、休日ならではのハンサムなカジュアルを楽しみましょう。

【5】黒ジャケット×白Tシャツ×黒デニムパンツ

【5】黒ジャケット×白Tシャツ×黒デニムパンツ
レザージャケット·Tシャツ·デニム·バングル·バッグ·靴(イヴ·サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー·ヴァカレロ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

女らしくて、かっこいいスタイルづくりに欠かせないライダースジャケットをお供に。ラムレザーのなめらかな質感や細身のシルエットが大人にちょうどよく、晩夏には肩からはおるように、初秋にはストールと合わせて…と、オールマイティーに活躍します。ロゴ入りのTシャツで、ちょっぴりメンズライクな遊びを取り入れたぶん、シルバーのチェーンバッグで、艶やかなアクセントを。

【6】黒ジャケット×黒パンツ

【6】黒ジャケット×黒パンツ
ラムスキンのジャケット・パンツ・バッグ・靴(コロネット〈ザ ロウ〉)、ピアス・リング(TASAKI) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2017年

レザージャケットをトップス感覚で着るときは、デザインを生かして着るのがストイックになりすぎないポイントです。小物まで黒~グレーで全身をまとめたスタイルものっぺり見えないのは、ジャケットの艶が自然な立体感をもたらしているおかげ。

【7】黒ジャケット×白シャツ×デニムパンツ

【7】黒ジャケット×白シャツ×デニムパンツ
ジャケット・シャツ・デニム・ベルト(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2017年

プライベートにも襟を正して向き合うという意味でも、一流メゾンのスモーキングジャケットは、大人のワードローブに欠かせません。

【8】黒ジャケット×白カットソー×黒デニムパンツ

【8】黒ジャケット×白カットソー×黒デニムパンツ
ジャケット(カオス表参道〈カオス〉)、カットソー(スローン)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(ドゥロワー 丸の内店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

クラシックモダンな黒ジャケットには、カジュアルなオンスタイルが似合います。きれいめデニムと男靴で辛口に。パールネックレスと巾着バッグの白で愛らしさを投入しましょう。

レディース黒ジャケットのオフィスコーデ

【1】黒ジャケット×黒シャツ×黒パンツ

【1】黒ジャケット×黒シャツ×黒パンツ
ジャケット・シャツ・パンツ・バングル・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

オンタイムのジャケットを、黒でそろえるなら、ほんのりドレスアップ感覚の「スモーキング」が今、マスト。デニムに合わせても程よくきちんと感が演出できて、人気上昇中です。特に今季はほっそり長め丈が気分。最速でかっこいい黒に仕上げてくれます。

【2】黒ジャケット×白Tシャツ×黒パンツ

【2】黒ジャケット×白Tシャツ×黒パンツ
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

メンズライクなテーラリングなど、仕立てにこだわったChaosの黒ジャケットには、白Tシャツをさらりと合わせて、抜け感を加味しましょう。足元は、スタブス&ウートンの刺しゅう靴でこなれ感も演出。

【3】黒ジャケット×白カットソー×デニムパンツ

【3】黒ジャケット×白カットソー×デニムパンツ
白のカットソーが顔まわりを明るくし、さわやかな印象へ

見慣れた存在のデニムだけに、デイリー感を薄めるスタイリングは、着て行ける場面を広げるうえで大切です。金ボタンのブレザーを肩掛けするような「ジャケットオン」の着こなしは、きちんと感が高まるので、デニムの出番を増やしてくれるでしょう。お仕事コーデにも応用が利くアレンジです。切りっぱなし処理のデニム裾や、ジャストくるぶし丈の裾下からのぞく足首には、気負わないムードが漂います。ストラップ付きのレディーライクな靴が、洗練されたイメージを呼び込みました。

オールシーズン使えるデニムが大活躍!「ジャストくるぶし丈」のすっきり美脚スタイル4選

黒ジャケットに合わせるスカートの色

【1】黒ジャケット×黒スカート

【2】黒ジャケット×黒スカート
ジャケット(カオス表参道〈カオス〉)、ニット(サザビーリーグ〈デミリー〉)、スカート(カオス表参道〈ロイドフォード〉)、ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー〈ダミアーニ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

マニッシュなジャケットだけに、夜のお出かけは思いきりエレガントに仕上げましょう。タートルニット×チュールのロングスカートの組み合わせで、こなれ感がありながら、ドラマティックなオーラを放つドレスアップを。黒一色は、異素材重ねにも留意して!

黒ジャケット×ワンピースコーデ

【1】黒ジャケット×グレーワンピース

【1】黒ジャケット×グレーワンピース
ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ジャケット(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、イヤリング・ペンダント(ピアジェ)、グローブ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(ジャンヴィトロッシ ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2018年

フォックスファー付きのジャケットとワンピースで、華のある装いに。ギンガムチェックのパンプスで、ほんのりフレンチシックを意識しましょう。

【2】黒ジャケット×グレーワンピース×ストール

【2】黒ジャケット×グレーワンピース×ストール
ワンピース(ストラスブルゴ〈ハイアリン〉)、ジャケット(トラデュイール)、ストール(ドゥロワー 丸の内店〈ジョシュアエリス〉)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

レザージャケットでキリリとした辛口スパイスを添えて、キャリア感を演出。女性らしい一着が新鮮でこなれた表情に変わります。

元記事で読む