1. トップ
  2. ファッション
  3. ドリス ヴァン ノッテン 2019年春夏コレクション - 違いを楽しみ手を取り合って今を生きる

ドリス ヴァン ノッテン 2019年春夏コレクション - 違いを楽しみ手を取り合って今を生きる

  • 2018.9.27
  • 701 views

ドリス ヴァン ノッテン 2019年春夏コレクション - 違いを楽しみ手を取り合って今を生きる

ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)の2019年春夏ウィメンズコレクションが、2018年9月26日(水)にフランス・パリで発表された。

undefined
www.fashion-press.net

「今」をみつめること→コントラストを楽しむこと

過去でもなく未来でもない「今」に視点を合わせたという今シーズン。相反するものが同時に存在しているのに、互いにいがみ合うことなくほどよく調和し、ランウェイにはポジティブなムードが広がっている。

弾けるようなビタミンカラーと鮮明な青、何にも染まらないホワイトと安定感のあるアースカラー。コントラストが強いパレットが1つのピースの中で、1つのコーディネートの中で、そしてコレクション全体で溶け合い融合する。

実用主義VS贅沢クチュール

実用主義に特化したワークウェアと贅沢の象徴であるオートクチュールの対比。機能性のみを残し装飾性をそぎ落としたミリタリードレスの後には、ドラマティックなベアドレスが続く。

デイリーユースにぴったりなスウェットトップスのお相手は、スパンコールたっぷりのスカート。スポーティなフードコートの下からのぞくのは、総スパンコールのクチュールライクなスカートである。テーラードのセットアップの上には、スパンコールの装飾を贅沢に肩から飾って。

写実的な花、現代アートのようなモチーフ

ドレスの柄をとっても対比と融合が繰り返される。いきいきとした花々が写実的に描かれたかと思えば、モダンアートのような抽象的なモチーフにフォーカスがあてられる。素材の対比は遊び心たっぷりに。極薄なコットンやリネンと半透明なナイロン地のコンビネーション。ミリタリーウェアにみられる厚手のテキスタイルと肌を透かせてみせるシースルー素材のマッチング。

カラーフェザーで花を添えて

コレクションに花を添えるのは、鳥からのインスピレーション。モデルのヘアにのせれらたのはカラフルなフェザーのヘアピースだ。バッグやヒールシューズも羽のモチーフがたっぷりと添えられている。

元記事で読む