1. トップ
  2. ダイエット
  3. 下半身の血行を促すヨガ「あお向けの合せきのポーズ」

下半身の血行を促すヨガ「あお向けの合せきのポーズ」

  • 2018.9.26
  • 58460 views

「あお向けの合せきのポーズ(スプタ・バッダ・コーナ・アーサナ)」とは

「あお向けの合せきのポーズ(スプタ・バッダ・コーナ・アーサナ)」は、両脚の股関節を開くポーズです。骨盤回りの緊張をゆるめることで、内臓の働きを高めます。リラックス効果も高いので寝る前におこなうのがおすすめです。

TIP1 脚をそろえて両膝を立てる

あお向けになり脚を揃えたら、両膝を立てます。かかとをお尻に近づけると、内もものストレッチ効果が高まり、より股関節に働きかけます。

TIP2 両膝を左右に開き、足裏を合わせる

両膝を左右に開き、足の裏を合わせましょう。無理のないところまで両膝を開きます。

TIP3 両腕を楽な位置に伸ばす

両腕を頭の横など、楽な位置に伸ばします。上半身の力を抜き、肩回りの緊張をゆるめましょう。

POINT リラックスして、股関節の力みをとる

全身をリラックスさせ、深呼吸をします。深い呼吸で股関節の力みを取りましょう。

POINT 背中を床におろす

腰が反れたり、背中が床から浮いてきてしまう場合は、腰や背中を床におろしましょう。腰回りの緊張をゆるめ、腰に負担がかからないようにおこないましょう。

じゅうぶんにリラックスできたら、両膝をゆっくり閉じ、脚を伸ばし、「シャヴァ・アーサナ(屍のポーズ)」でおやすみしましょう。

監修:スタジオ・ヨギー
衣装協力:ヨギー・サンクチュアリ

スポット情報

  • スポット名:スタジオ・ヨギー
  • 住所:東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル南館2F
  • 電話番号:03-6212-6851
元記事で読む