1. トップ
  2. ファッション
  3. アツシ ナカシマ 2019年春夏コレクション - 音楽と共に移り変わるファッションに目を向けて

アツシ ナカシマ 2019年春夏コレクション - 音楽と共に移り変わるファッションに目を向けて

  • 2018.9.25
  • 4822 views

アツシ ナカシマ 2019年春夏コレクション - 音楽と共に移り変わるファッションに目を向けて

アツシ ナカシマ(ATSUSHI NAKASHIMA)の2019年春夏コレクションが、イタリア・ミラノで2018年9月24日(月)に発表された。

undefined
www.fashion-press.net

60年代ファッション&音楽シーンを切り取る

クラシックであることをブランドコンセプトの一つに掲げる、アツシ ナカシマは今季「リバイバル」をテーマに60年代にフォーカスを向ける。ミラノデビューより堂本剛が音楽活動をする「ENDRECHERI」のサウンドをショーミュージックに起用するなど、かねてから音楽に親交が深いデザイナー中島篤が目を向けたのは、ファンク・ディスコ・ソウル・R&B・ロカビリーなどの音楽カルチャー。ファッションとリンクして移り変わる、音楽シーンも一つの着想源とした。

ファンクの引き出しからは、裾にかけてフレアに広がるダンスパンツや開襟シャツをピックアップした。アメリカで勢いのあったロカビリーのエッセンスは、メンズのジャケットに落とし込まれている。

Aモチーフのオリジナルレースドレス

60年代ファッションから影響を受け、ウィメンズではドレスルックを多数展開。ブランドとしては珍しいフェミニンな印象のピースは、オリジナル素材のレースで仕立てられている。ブランドロゴのAを切り取り、幾何学的に並べオリジナルのレース地を作成した。

スエードドレス&バッグもオリジナルモノグラムで

ドレス同様にAを幾重にも重ねて、モノグラム調に仕上げたレザーグッズも登場。高級スエード調の人工レザーを使ったドレスや、いくつかの形状で展開される日本製のバッグなどに起用されている。特に、スエード地のドレスはユニークで、レザー加工により立体感のあるモチーフが万華鏡のように重ねられ、強い個性を放っている。

元記事で読む