1. トップ
  2. ファッション
  3. ジョルジオ アルマーニ、誰も見たことのない神秘な海の世界。

ジョルジオ アルマーニ、誰も見たことのない神秘な海の世界。

  • 2018.9.24
  • 272 views


ジョルジオ アルマーニ、誰も見たことのない神秘な海の世界。
2018.09.24 12:25
ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)2019年春夏コレクションは、海をテーマに、ゲストを涼やかな気分へ誘った。素材の上質さや柔らかさ、シルエットの美しさが引き立つ繊細なクリエイションに、ブランドの手腕が光る。

【全73カット】GIORGIO ARMANI 2019年春夏コレクションをすべて見る。

エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)の大々的なショーの後、デザイナー、ジョルジオ・アルマーニはミラノのベルゴニョーネ通りに戻ってきた。ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)のショーは、ブランド創立40周年を記念して設立されたアルマーニ・シーロスで行われた。


薄暗い会場には、海やマーメイドを連想させるアクアティックなコレクションが広がった。序盤は、うっすら肌が見える、シルバーカラーのピースが並ぶ。サメの肌を思わせるテクスチャーを採用したコートにマッチしているドレスは胸もとにラッフル装飾が。おそらく珊瑚だろう。まるで海の中をダイビングしているような夢心地に誘った。


中盤になると、繊細なディテールの数々がコレクションに華を添えた。オーガンザ素材を採用したバルーンヘムのトップスや、パンツにはさまざまなカラーのスパンコール、ビーズの繊細な刺繍が魅力的な女性らしいドレス、3重にもレイヤードされたラッフルを施したスカートといった具合だ。


終盤には、ブルーのグラデーション、パープル味の強いピンクなどのゴージャスなドレスが続く。シルクやPVCなど、透明感のある薄い素材を重ね、まるでマーメイドが歩いているようだ。


メタリックなアクセサリーとプラスチック製の涼しげなアクセサリーの重ね付け、ネットバッグ、そしてトランスペアレントなシューズの数々といい、各ルックの小物にも目を奪われる。集まったゲストを異世界へと誘った魅惑のショーだった。

Photos: InDigital Text: Aya Tsuchii

元記事で読む