1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「好き」を間接的に伝えて、彼から告白させる方法

「好き」を間接的に伝えて、彼から告白させる方法

  • 2018.9.23
  • 20981 views

こんにちは。「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛プランナーのTETUYAです。

僕の持論は、「告白は男からさせるもの」。これは、告白された側の方が、つきあったあとの立場がなにかと優位になるからです。

そのためにも、男性に直接的じゃなく、間接的に好きな想いを伝えるテクニックを身につけておくことは必要です。そんなテクニックについて今回書いてみたいと思います。

彼に告白させる方法

1、基本中の基本!LINEは即レス

彼からのLINEに対するレスを意識して早く返すこと。

よくかけ引きで、彼のLINEに対して返信を遅くして不安にさせるという話もありますが、これは完全にあなたが彼より立場が優位な場合だけにやっていいこと。

今回の場合は、彼に好きという気持ちを間接的に伝えるわけですから、LINEのレスを早くしてテンポ良く彼に返信してあげることが大事なんです。

2、社交辞令に「理由」をプラスする

彼とのデートの約束が決まった場合や、デートしたあとのお礼のLINEを送るときに使う「来週、会えるの楽しみにしてるね」「また会えるの楽しみにしてるね」などのお決まりフレーズ。

これだけだとちょっとパンチが弱くて、相手に好きだという気持ちが伝わりにくい。

このフレーズに「理由」を足してあげることで、社交辞令感がなく自然と好きな想いがプラスされます。
例えば、こんな感じ。

彼:「デート楽しかったね。ありがとう」

あなた:「私も、すごく楽しかった。○○くんといるとすごく元気になるから、また会えるの楽しみにしてるね」

ここでは、ほんのちょっと「元気になるから」という理由をプラスするだけで、あなたの「好き」という気持ちがわかり、男性的に嬉しいフレーズになるわけです。これはすぐにでも使ってみてください。

3、いじってから褒める!急降下で想いを伝える

これは僕の定番テクニック「間接的LIKE」。直接的に「好き」は伝えづらくても、「○○君の優しいところが好き」「○○君の気が効くところが好き」のように、内面の部分に絞って好きと表現するのは案外口に出しやすいもの。

さらに高度なテクニックなら、「ジェットコースター」を加えてみると効果大です。

「○○君、一見、チャラく見えるけど知れば知るほど真面目で優しいよね」のように、一瞬、外見のマイナス部分をいじりながらも、内面のプラスポイントを褒めるという急降下フレーズは、男としてもとても嬉しいものです。

好きな気持ちを間接的に伝えよう

今回紹介したように「好き」を間接的に伝えて、相手に意識させるということはそれなりのテクニックが必要です。

言葉を使ったコミュニケーションをもっと勉強すれば、恋愛もきっとうまくいくと僕はいつも思っています。

傷つきたくない女子は、自分から言わず相手から告白させること。ぜひ、頑張ってみてください。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)

元記事で読む