1. トップ
  2. レシピ
  3. 旬の味覚・秋刀魚!絶品な秋刀魚の選び方

旬の味覚・秋刀魚!絶品な秋刀魚の選び方

  • 2018.9.22
  • 4316 views

これを選べば間違いない!美味しい秋刀魚の共通ポイント


秋刀魚なんてどれも一緒でしょ?と思う人も多いかもしれません。

しかし、よく見ると秋刀魚も1匹1匹特徴が違うんです!

美味しい秋刀魚には共通のポイントがありました!
ポイントを抑えて美味しい秋刀魚をGETしていきましょう!

美味しい秋刀魚の共通ポイントその①頭が体より小さく見えるもの

頭が身体より小さいということは、それだけ肉付きが良いということです。

特に頭から背中にかけて盛り上がりがあり、厚みもしっかりあるモノがおすすめ!

肉厚で脂ものって美味しいですよ♪

美味しい秋刀魚の共通ポイントその②目が澄んでいるもの


秋刀魚の目を見た時に、透明感・輝きのある目であれば新鮮な証拠

反対にくすみのある濁った感じのものは、新鮮ではありません。

新鮮であるほど秋刀魚は格別です!

秋刀魚の目までしっかり見てみてくださいね。

美味しい秋刀魚の共通ポイントその③お腹が硬いもの


魚は内臓から傷むという特徴を持っています。

秋刀魚のお腹が柔らかければ、水揚げされてから時間が経っている証拠です。

秋刀魚は、内臓を取らず、焼いてそのまま食べることが多い魚ですので、お腹の硬さには注意をしてくださいね!

美味しい秋刀魚の共通ポイントその④口の先が黄色いもの


秋刀魚は海で泳いでいるときは、口の先が黄色になっているんです。

水揚げから時間が経つにつれてだんだん黄色の色素が抜けていくため、口先の黄色が残っているほど、水揚げから時間が経っていない・新鮮という証拠になります。


買って冷蔵庫に入れたあとも、口先が黄色になっている間に料理することをおすすめします。

美味しい秋刀魚の共通ポイントその⑤尾びれの付け根の色もチェック


秋刀魚は主にプランクトンを食べる魚です。

なかでもカイアシ類というプランクトンには黄色い色素が含まれているのですが、このカイアシ類は脂肪分が豊富で、秋刀魚の脂のりにも関係があると言われています。

カイアシ類を良く食べる秋刀魚は尾びれの付け根も黄色になっています

口先だけでなく、尾びれの付け根の色にも注意してみてくださいね。

脂ののっている秋刀魚ほど、傷みもはやくなっています。

口先・尾びれの付け根が黄色で、目もキラキラした新鮮な秋刀魚を手に入れたら、すぐに焼いて秋しか食べられない絶品秋刀魚を堪能してくださいね♪

元記事で読む