スペシャル対談 横山剣×光石研 クルマと旅と映画について語り合う

2018年は、横山剣さん率いるクレイジーケンバンド(以下CKB)がデビュー20周年を迎えたアニバーサリーイヤー。3年ぶりのオリジナルアルバム『GOING TO A GO-GO』のリリース、そして横浜アリーナでのライブなど、アグレッシブな活動が続きます。

CREA WEBでは、デビュー20周年を記念して、スペシャル対談を企画しました。剣さんのお相手としてご登場いただいたのは、熱狂的なクレイジーケンバンドのファンとして知られる俳優の光石研さん。2人のケンさんは今回が初対面。全5回にわたり、濃密すぎる対話の一部始終をお届けします!


▼talk04

キャロルとの出会いは衝撃だった

横山 それにしても、光石さんがこれほど詳しいとは……クールス時代からずっと聴いてくださっている方は貴重ですね。

光石 ただの追っかけですから。僕もしつこい性格なんですよ。そもそもの発端は、TVで観たキャロルの解散ライブ。中2の冬休み、鳥取にスキーに行った時のロッジでのことでした。たぶん、あれは再放送だったと思うんですが。

横山 キャロルは解散してからさらに人気が出ましたもんね。

光石 僕、あれを見て、箸が止まっちゃって。

横山 クールスも出演した放送ですか?

光石 そうです。クールスがバイクに乗りながら話す場面がいいんですよね。(口マネで)「キャロルいいね、キャロルサイコーじゃんか」(笑)、「天気悪いよ、おい、天気がよぉ」(笑)。

横山 「ボス、愛してるぜ、ボス」(笑)、ちょっとガラが悪いのに憎めない。

光石 あれ、当時の東京の街が見られるのがいいんですよね。東京も70年代はこんな風景だったんだなと思いますね。

横山 そうそう。原宿とか国会議事堂の辺りとか国道246とか。

光石 横山さんはキャロルが初めて出演した伝説のTV番組「リブ・ヤング!」からご覧になっていた?

横山 はい。で、その前後に、慶應大学の主催する学生サークルのイベントが神田の共立講堂であって、当時、僕が好きだったチューリップが出るから観に行ったんですよ。そこに飛び入りみたいに出て来たのがキャロルだったんです。

光石 へぇー!

横山 自分たちで楽器を運んでいたので、最初はローディーかなと思ったんです。でも、革の上下着て、いきなり「One Two Three Four!」って始まったら、全部持っていかれちゃって。チューリップがどうでもよくなっちゃった(笑)。

光石 やはり、そうでしたか。

横山 その数か月後にシングル「ルイジアンナ」が出て。アンサンブルが洋楽みたいで、センスいいってブッ飛んで。それから中2の時にコピーバンドを結成したんです。

光石 僕はキャロルに間に合わなかったんで、クールスにいっちゃったんです。それが今日に至るすべての始まりでした。

『アメリカン・グラフィティ』には 大きな影響を受けた(光石)

光石 横山さんの愛車も雑誌などでチェックしています。僕、今はベンツのハネベン(メルセデス・ベンツW110。フィンテールの形状が羽に似ているため日本ではこう呼ばれる)に乗ってるんですよ。

横山 ハネベン! いいですね。僕は今、趣味でBMW2002とオースチン・ヒーレー、普段乗りはキャデラックのVなんですけど、現行型なのであまりアメ車っぽくはないです。

光石 剣さんが乗っていた(シボレー)ノヴァは一時期、246沿いの池尻あたりのディーラーのショーウィンドウに置いてありましたよね?

横山 詳しい!(笑) ノヴァはもう売ってしまいました。改造しすぎちゃって、お腹いっぱいになっちゃって。売って後悔しましたけど。

光石 あのノヴァはかっこよかったですね。

横山 僕も、光石さんが10代の頃にベスパに乗ってたと聞いて、嬉しくなりました。映画『アメリカン・グラフィティ』の登場人物、テリーがベスパで「メルズ・ドライブイン」に乗りつけるシーンに憧れてね。

光石 僕もまさしくそうです。

横山 あのちょっと間抜けな感じがいいなと思って。一見冴えないんだけど、実はテリーが一番オシャレなんですよね。ホワイトバックスとか履いて。

光石 そうそう! 僕たちの世代には『アメリカン・グラフィティ』は大きかったですね。

横山 大きかったですね。ジョージ・ルーカスが監督した映画本編も良かったけど、50’sや60’sのロックンロールやヒット・ナンバーが入ったサントラが最高。

光石 日本での公開は1974年。ロックンロール・リバイバルや50’sブームのきっかけになりましたね。

横山 そうそう。僕はアメグラを観て、横浜の本牧が急に恋しくなっちゃったんです。70年代の本牧は米軍基地があったので、まだ『アメグラ』っぽい雰囲気が残っていたんですよ。

光石 僕はリバイバル上映で観ましたが、『アメグラ』がきっかけで50’sのファッションや音楽にハマった人は多かったですよね。

横山 ロックンロールに興味がない人もリーゼントやポニーテールにしたり。『グローイング・アップ』というイスラエル映画とか、TVドラマ「ハッピーデイズ」とか、亜流もたくさん生まれて。

光石 やっぱり50'sは10代から刷り込まれているので、今でも好きなんですよ。今日も横山さんにお会いするからアロハを着て、髪も少し寄せてきたつもりなんです(笑)。

横山 かなりリーゼンティーですね。ちゃんと髪があるからうらやましい!(笑)

CKBの楽曲に導かれるまま ソウルやワイキキへ(光石)

横山 ロックンロールが好きで50'sに傾倒していく人はけっこういますけど、光石さんみたいにそこからさらに幅広く、リンクしていく人はなかなかいない。ソウル・ミュージックが好きなところもシンパシーを感じます。

光石 僕、横山さんの影響でアジアに行くようになったんですよ。タイ、香港、韓国。CKBの「ウォーカーヒルズ・ブーガルー」を聞いて、ソウルの「パラダイスカジノ・ウォーカーヒル」にも行きました。

横山 嬉しいですねー。

光石 あの歌で「黒 白 黄色の肌薫るフロア」と歌われていたのでどんなに国際色豊かな所なんだろうと妄想を膨らませていたんですが、カジノにいたのはほとんど中国人でした。

横山 そうでしたか。

光石 タイに関しては、タイの映画(ペンエーグ・ラッタナルアーン監督による07年作品『インビジブル・ウェーブ』)にちょっと出て、知り合いができて行くようになったというのもあるんですけど、旅先は横山さんから確実に影響を受けてます。JALの機内誌「SKYWARD」の横山さんの記事を読んで、ワイキキのダウンタウンをウロウロしてみたり。

横山 ダウンタウンはいいですよね。どの街でもちょっとエキゾチックな香りのする場所が好きなんですよ。LAに行ってもリトルトーキョーとかコリアタウンに行っちゃうんです。

光石 LAにはまだ行ったことないんですよ。

横山 ニューアルバム『GOING TO A GO-GO』のジャケットの被写体も、LAの空港にある「Encounter」というレストランなんですよ。以前からアトミックな50’sテイストのあの建物が大好きで。

光石 ああ、ホントですね。かっこいい!

横山 海岸沿いのマリブやベニスビーチもいいし、N.W.A.やケンドリック・ラマーを生み、今やヒップホップの聖地となったコンプトンにも行きました。「Amoeba Music」っていう巨大なレコード屋でロス・ロボスのインストアライブに遭遇したり、LAはチカーノ(メキシコ系アメリカ人)文化もたまんないですね。

光石 そういう横山さんのセンスに僕はいちいち影響されているんです。クルマ、旅、音楽。おかげで世界が確実に広がりました。

「バイプレイヤーズ」は メンバーが最高だった(横山)

横山 光石さんが出演していたTVドラマ「バイプレイヤーズ」はメンバーが最高でしたね。皆さん、強烈なキャラクターの方ばかりで。

光石 大杉漣さん以外はみんな同世代で現場も面白かったんです。まさか大杉さんが突然亡くなられるとは……その日まで一緒に撮影していましたから。ほんとに我々のリーダーでした。大杉さんも音楽が好きで、フォークシンガーの高田渡さんのファンで、芸名も息子さんの高田漣から付けられたそうです。

横山 そうでしたか。

光石 松重(豊)さんも福岡出身で、彼はパンクが好きで、最近はラジオのパーソナリティをしているから、新しいバンドもよく知っているんですよ。

横山 ああ、Fm Yokohamaで番組(「深夜の音楽食堂」)をお持ちですよね。でも、役者さんって大変じゃないですか。僕は役者は向いてない……。

光石 観ましたよ。去年のCKBの主演映画『イイネ!イイネ!イイネ!』。

横山 あれは、なんか乗せられちゃって。プロの役者さんはほんとに凄いなと。

光石 出演されていた中野の英さん(中野英雄)にもすぐ「観ました」ってメールさせてもらいました。

横山 中野さんともお付き合いがありますよね。

光石 ええ。歳も近いですし、以前は仕事で何度かご一緒して。まさか英さんがマネージャーの萩野さん(横山剣とともにCKBの所属事務所ダブルジョイレコーズの代表を務める萩野知明。元クールスR.C.のベーシスト)の役をやるとは驚きましたが(笑)。

talk05に続く

横山 剣(よこやま けん)

1960年生まれ。横浜市出身。81年にクールスR.C.のヴォーカリストとしてデビュー。その後、ダックテイルズ、ZAZOUなど、さまざまなバンド遍歴を経て、97年にクレイジーケンバンドを発足させる。和田アキ子、TOKIO、グループ魂など、他のアーティストへの楽曲提供も多い。2018年、クレイジーケンバンドはデビュー20周年を迎え、8月には3年ぶりとなるオリジナルアルバム『GOING TO A GO-GO』(写真)をリリースした。9月24日(月・祝)には、横浜アリーナでデビュー20周年記念ライブが行われる。
●クレイジーケンバンド公式サイト http://www.crazykenband.com/

光石 研(みついし けん)

1961年生まれ。福岡県出身。高校在学中の78年に映画『博多っ子純情』の主役に抜擢を受け、俳優デビューを果たす。主な出演作に、映画『Helpless』『ヒミズ』『シン・ゴジラ』『アウトレイジ 最終章』『モリのいる場所』『羊と鋼の森』、ドラマ「バイプレイヤーズ」「未解決の女 警視庁文書捜査官」「ハゲタカ」「フェイクニュース」などがある。盟友・大杉漣が初のプロデュースを手がけ、主演も務めた映画『教誨師』(2018年10月6日公開)にも出演している。
●鈍牛倶楽部(所属事務所)公式サイト
http://dongyu.co.jp/

剣×研サイン入りチェキをプレゼント!

横山剣さんと光石研さん、おふたりのサインが入ったチェキを、計5名にプレゼントいたします。応募要項は、この連載の最終回に掲載しております。

<衣装>
[光石さん]ネイビーセットアップ/BLUE BLUE(03-3715-0281)、インナーのアロハシャツ、シューズ/本人私物

構成=佐野郷子
撮影=鈴木七絵
スタイリング=下山さつき
ヘアメイク=山田久美子

提供元: CREAの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
祭nine.寺坂頼我が映画初主演!「新たな僕を見てほしい」
江戸川乱歩原作の小説「少年探偵団」シリーズが原案のエンターテインメント映画『BD~明智探偵事務所~』が10月12日(金)...
ウォーカープラス
映画「あの頃、君を追いかけた」山田裕貴&齋藤飛鳥の関係は役柄と全く同じ!? 撮影中(秘)エピソードを明かす
台湾で200万人を動員し、社会現象を巻き起こしたヒット作を日本版にリメイクした映画「あの頃、君を追いかけた」( 現在全...
ウォーカープラス
中川大志ら京都弁で告白対決! ファン歓喜! 映画『覚悟はいいかそこの女子。』京都で舞台挨拶
人気コミックを実写映画化した『覚悟はいいかそこの女子。』の舞台挨拶が10月14日(日)T・ジョイ京都で行われた。出演した...
ウォーカープラス
橋本愛「自分が読んでいた好きな小説の映画に関われることがうれしかった」
■ 映画「ここは退屈迎えに来て」に出演12年に山内マリコさんが発表した小説「ここは退屈迎えに来て」。詩的なタイトルが印象...
ウォーカープラス
映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』クウガからジオウまで、平成ライダー集結
映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』が、2018年12月22日(土)に公開される。 「ジオウ&ビルド」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝日・ A DK・東映 2009年から2015年まで、毎年冬の恒例映画として人気を博してきた「仮面ライダー×仮面ライダー MOVIE大戦」シリーズ。本作は、2016年から「仮面ライダー平成ジェネレーションズ」とタイトルを改め、その人気をより不動のものとしている本シリーズにおける、平成最後の新作となる。 本作のメインライダーは、2018年10月にテレビ放送がスタートしたばかりの「仮面ライダージオウ」。マスクに「カメンライダー」と書かれた独特のデザインと、歴代の平成仮面ライダーの力を使うことができる“タイムトラベルライダー”という設定でも話題のジオウが、劇場の大スクリーンで活躍する。 また、映画の公開を記念して制作されたポスターには、クウガからジオウまで全20人の平成ライダーが集結。今回のために全てのライダーを新たに撮り下ろしたビジュアルで構成されており、1人1人が持つ魅力を引き出した、まさに平成ライダーの集大成としてふさわしいものとなっている。 【作品情報】 映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』 公開日:2018年12月22日(土) 出演者:奥野壮、犬飼貴丈 他 「ジオウ&ビルド」製作委員会 ©石森プロ・テレビ朝日・ A DK・東映
ファッションプレス
映画『マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!』華の60'sロンドンに迫るドキュメンタリー
ドキュメンタリー映画『マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!』が、2019年1月5日(土)よりBunkamura ル・シネマほか全国の劇場にて順次公開される。 www.fashion-press.net 60'sロンドンに焦点を当てたドキュメンタリー 『ハンナとその姉妹』『サイダーハウス・ルール』で2度のアカデミー賞を受賞した名優マイケル・ケインがプロデューサー&プレゼンターを務める本作は、1960年代のロンドンに焦点を当てたドキュメンタリー映画。 名優マイケル・ケインが華の時代をナビゲート プロデューサーも同時に務めたケインは、「マイケルや彼の仲間たちがイギリスの階級に支配された社会を先頭に立って非難し、どのように新たなポップカルチャーが生まれたてきたのか。彼らや60年代に対して大きな恩義を感じているのは、私だけではないはず。」と語るデイヴィッド・バッティ監督と共に、6年がかりで50以上のインタビュー撮影を敢行。 イギリスを代表するカルチャーアイコンが集結 イギリスを代表するザ・ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・フーといった大物ミュージシャンをはじめ、日本でも一世を風靡したモデルのツィギー、彼女の代名詞とも言えるミニスカートやカラータイツの発案者であるマリー・クヮントといったカルチャーアイコンに取材。 ジョン・レノンやデイヴィッド・ボウイら、数多くの伝説的パイオニアたちの貴重なアーカイブ映像と合わせて、光溢れる60年代当時の生々しい感覚を体験出来るような作品となっている。 作品情報 映画『マイ・ジェネレーション ロンドンをぶっとばせ!』公開日:2019年1月5日(土)監督:デイヴィッド・バッティプレゼンター・プロデューサー:マイケル・ケイン出演:マイケル・ケイン、デイヴィッド・ベイリー、ポール・マッカートニー、ツィギー、ローリング・ストーンズ、ザ・フーほか原題:MY GENERATION© Raymi Hero Productions 2017
ファッションプレス
映画『妻たちの落とし前』監督スティーヴ・マックイーン、未亡人犯罪チームが亡き夫の“仕事”を継ぐ
スティーヴ・マックイーン監督による映画『妻たちの落とし前』が、2019年4月に全国の劇場で公開される。 www.fashion-press.net 『それでも夜は明ける』のスティーヴ・マックイーン最新作 2018年9月に開催された第43回トロント国際映画祭で初お披露目となった本作は、黒人男性の12年間にも及ぶ奴隷生活を描いたアカデミー作品賞受賞映画『それでも夜は明ける』のスティーヴ・マックイーン監督が手がける最新作。 4人の未亡人、今は亡き犯罪者の夫の“仕事”を継ぐ 主人公は、強盗失敗により死亡した4人の犯罪者の妻たち。夫たちの意思を継いで女性犯罪チーム「WIDOWS(ウィドウズ)」を結成した4人の未亡人が、彼らが成し遂げられなかった強盗の完遂のために奔走する。 『ゴーン・ガール』のギリアン・フリンが脚本に参加 物語のベースとなっているのは、1983年にイギリスで放送された人気ミニTVシリーズ「Widows(原題)」。映画化に当たって、デヴィッド・フィンチャー監督の『ゴーン・ガール』も手がけた女性推理化のギリアン・フリンが、スティーヴ・マックイーンと共同で脚本を担当している。 ヴォオラ・デイヴィス、ミシェル・ロドリゲスら出演 名立たる共演者の中で主演を務めるのは、『フェンス』でアカデミー賞助演女優賞を獲得した実力派女優のヴォオラ・デイヴィス。また、ヴィオラ扮するヴェロニカと共に女性犯罪チーム「WIDOWS」のメンバーとして立ち上がる未亡人たちを、『ワイルド・スピード』シリーズのミシェル・ロドリゲス、『華麗なるギャツビー』のエリザベス・デビッキ、ミュージカル女優として活躍するシンシア・エリヴォがそれぞれ演じる。 そのほか、ヴェロニカの夫ハリー役にリーアム・ニーソン、「WIDOWS」たちに影響を与える政治家、ジャック・モリガン役に『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』の公開を控えるコリン・ファレル、『ゲット・アウト』でスターダムに駆け上がったダニエル・カルーヤら豪華俳優陣が脇を固める。 作品情報 映画『妻たちの落とし前』公開時期:2019年4月監督:スティーヴ・マックイーン出演:ヴィオラ・デイヴィス、ミシェル・ロドリゲス、エリザベス・デビッキ、シンシア・エリヴォ、コリン・ファレル、ダニエル・カルーヤ、ジャッキー・ウィーヴァー、ロバート・デュヴァル、リーアム・ニーソン©2018Twentueth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
ファッションプレス
映画『宵闇真珠』オダギリジョー×アンジェラ・ユン、クリストファー・ドイルによる幻想と耽美の物語
映画『宵闇真珠』が、2018年12月にシアター・イメージフォーラムほか全国の劇場にて順次公開される。 ©Pica Pica Media クリストファー・ドイル監督作、奇病に侵された少女と異邦人の出会いの物語 香港最後の漁村である珠明村を舞台にした本作は、奇病に侵された16歳の少女が、村を訪れたある異邦人との出会いをきっかけに、世界を知っていく物語。監督を務めたのは、映画史に燦然と輝く傑作を多数撮ってきた撮影監督のクリストファー・ドイルだ。 その仕事で特に有名なのは、90年代に香港映画ブームの火付け役となった名匠ウォン・カーウァイとのタッグ。独特の色彩をはじめとする唯一無二の映像美にファンの多いウォン・カーウァイ作品の中で、『恋する惑星』『花様年華』といった名作の数々の撮影を手がけている。 繊細なカメラワークと色彩美が誘う郷愁 夕暮れの洞穴や廃墟で神々しい輝きを見せる少女の白い肌、言葉の通じない異邦人との出会いを通して目覚める少女の自我、時が止まったような村と巨大建造物が織りなすコントラスト。ガス・ヴァン・サント、ジム・ジャームッシュ、アレハンドロ・ホドロフスキーといった数々の名監督と仕事を共にしてきたドイルが、本作でも香港最後の漁村をフォトジェニックな風景として捉え、繊細なカメラワークと色彩美で観客の郷愁を誘う。 主演オダギリジョー×アンジェラ・ユン 日光を浴びるとやせ細ってしまうという奇病に侵されたヒロインを演じるのは、知性と美貌を併せ持つ次世代のアジアンビューティー、アンジェラ・ユン。そして、その少女と出会う異邦人役を、ワールドワイドに活躍する日本の実力派俳優、オダギリジョーが務める。 あらすじ 陽に当たることのできない少女、どこからともなくやってきた異邦の男。それは、本当の居場所、本当の自分に気づかせてくれた唯一無二の出会い。香港最後の漁村、珠明村。幼少時から日光にあたるとやせ細って死んでしまう病気だと言い聞かせられ、太陽から肌を隠して生活する16歳の少女は、透き通るような白い肌の持ち主。村人たちからは「幽霊」と呼ばれ、気味悪がられている。日没後、肌を露出し、お気に入りの音楽をお気に入りの場所で楽しむことが、少女にとって唯一孤独を癒やす手段だった。ある日、どこからともなくやってきた異邦の男と出会った少女は、今まで知ることのなかった自身のルーツに触れていくことになるのだが…。 作品情報 映画『宵闇真珠』公開時期:2018年12月出演:オダギリジョー、アンジェラ・ユン監督:ジェニー・シュン監督&撮影:クリストファー・ドイル(『エンドレス・ポエトリー』)原題:白色女孩英題:THE WHITE GIRL
ファッションプレス
“車”をキーワードに見る秋の映画! 橋本愛主演「ここは退屈迎えに来て」
今秋公開の映画は、“車”をキーアイテムにした作品が続く。そのひとつが、10月19日(金)より全国公開となる「ここは退屈迎...
ザテレビジョン
欲望が覚醒させる少女の”力”。第2の”鬼才トリアー”が放つ新感覚北欧ホラー!<連載/ウワサの映画 Vol.55>
あのラース・フォン・トリアー監督の甥っ子で、過去3作品ですでに鬼才ぶりを発揮しまくってるヨアキム・トリアー監督。近年挑発...
ウォーカープラス
アメリカの青春カルチャーを知るために観るべき映画5選。(Mihoko Iida)
アメリカの青春カルチャーを知るために観るべき映画とは?
VOGUE
映画『メアリーの総て』ゴシック小説「フランケンシュタイン」著者、波乱の人生をエル・ファニングが演じる
映画『メアリーの総て(すべて)』が2018年12月より、ネスイッチ銀座、シネマカリテ他全国順次ロードショー。 www.fashion-press.net ゴシック小説「フランケンシュタイン」の著者、18歳の少女メアリーの物語 『メアリーの総て(すべて)』は、200年にわたり愛され続けてきたゴシック小説の金字塔「フランケンシュタイン」を18歳で生み出した、メアリー・シェリーの波乱に満ちた人生を描く。 メアリー・シェリーは、ティム・バートン、ギレルモ・デル・トロ、デヴィッド・リンチら、今世紀の鬼才たちにも絶大な影響を与えただけでなく、リドリー・スコットやスティーヴン・スピルバーグら巨匠たちも、深いリスペクトを表明している女流作家だ。今では、「高慢と偏見」のジェーン・オースティン、「ジェーン・エア」のシャーロット・ブロンテと並び、イギリス文学史に名を残す存在となっている。 監督はハイファ・アル=マンスール 監督には、長編映画デビュー作『少女は自転車にのって』(12)で第86回アカデミー賞外国語映画賞サウジアラビア代表に選出され、各国の批評家からの評価を得たサウジアラビア初の女性監督ハイファ・アル=マンスールを迎える。女性監督であるが故に殺害予告を受けるなど、メアリー同様に波乱に満ちた人生を生きるハイファ監督は、メアリーの生き様に強く感銘を受けたという。 主演はエル・ファニング 可憐で聡明、そして不幸であるほど才能が開花してゆくメアリーを演じたのは、今最も世界から注目を受ける女優、エル・ファニング。『マレフィセント』『パーティーで女の子に話しかけるには』『ネオン・デーモン』など、話題作・異色作に立て続けに出演している。傑作小説「フランケンシュタイン」誕生に隠された、波乱に満ちた天才女流作家・メアリーの人生を見事に演じきっている。 ストーリー 19世紀イギリス 小説家を夢見るメアリーは“異端の天才”と噂される、妻子ある詩人パーシー・シェリーと出会う。互いの才能に強く惹かれあった二人は、情熱に身を任せ、駆け落ちする。愛と放蕩の日々は束の間、メアリーに襲い掛かる数々の悲劇。失意のメアリーはある日、夫と共に滞在していた、悪名高い詩人・バイロン卿の別荘で「皆で一つずつ怪奇談を書いて披露しよう」と持ちかけられる。深い哀しみと喪失に打ちひしがれる彼女の中で、何かが生まれようとしていた──。 劇場鑑賞券はイラストレーター宇野亞喜良とのコラボ 椎名林檎、布袋寅泰など、錚々たるアーティストのアルバムジャケットを手掛けるなど、第一線で活躍してきたイラストレーター宇野亞喜良。彼が描くイラストレーションが、劇場鑑賞券のデザインとして採用された。宇野を象徴する少女をモチーフにしたイラストレーションと映画『メアリーの総て』を融合させ、劇中で誕生秘話が明かされる「フランケンシュタイン」を持ったメアリー・シェリーを幻想的なタッチで表現した。そんな彼も本作を見て「これが百年以上前の話だから面白い。リアリズムで描くロマネスクの世界。」と賞賛の声を送っている。 詳細 映画『メアリーの総て(すべて)』公開日:2018年12月シネスイッチ銀座、シネマカリテ他全国順次ロードショー監督:ハイファ・アル=マンスール出演:エル・ファニング、ダグラス・ブース、ベル・パウリ―、トム・スターリッジ原題:MARY SHELLEY配給:ギャガ
ファッションプレス
野村周平と監督に、黒木華「姉弟の痴話喧嘩のよう」 大人気ミステリー原作の映画『ビブリア古書堂の事件手帖』大阪舞台挨拶
累計680万部を誇る三上延の文芸ミステリーを実写映画化した『ビブリア古書堂の事件手帖』が、11月1日(木)より公開。10...
ウォーカープラス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理