1. トップ
  2. おでかけ
  3. 大阪のパワーを世界に見せつける「大阪文化芸術フェス 2018」 ウルフルズのライブでキックオフ!

大阪のパワーを世界に見せつける「大阪文化芸術フェス 2018」 ウルフルズのライブでキックオフ!

  • 2018.9.21
  • 305 views

上方伝統芸能、上方演芸、音楽コンサート、ファッションショー、アート作品の展示等を通して、大阪の持つ、多彩で豊かな文化芸術のプログラムを展開する「大阪文化芸術フェス 2018」の概要記者発表会が、9月19日大阪府公館(大阪府大阪市中央区)で開催された。

【画像】写真奥からNMB48 谷川愛梨「海外からもたくさん来てもらえるよう頑張りたい」、植村 梓「アイドル文化をもっと大阪に根付かせたい」

「大阪文化芸術フェス 2018」概要記者発表会の登壇者たち
KADOKAWA

大阪府知事 松井一郎をはじめとして、デザイナーのコシノジュンコ、イラストレーター 黒田征太郎、脚本家 後藤ひろひと、能勢人形浄瑠璃鹿角座のメンバーと浄瑠璃に出演する人形3体、FM802 土井コマキ、NMB48 谷川愛梨、植村梓、お笑いの矢野・兵頭らが登壇、さらに大阪府広報担当副知事 もずやんも登場した。

「大阪文化芸術フェス 2018」は万博記念公園(大阪府吹田市)で開催される「ウルフルズがやって来る!ヤッサ2018ガッチューOSAKA!」をキックオフとして9月29日(土)から 11月4日(日)まで、万博記念公園のほか、大阪府内の会場で開催される文化芸術の祭典。

あいさつをする、大阪府知事 松井一郎氏
KADOKAWA

松井知事は会見で「大阪を盛り上げようと集まっていただいた、みなさんに感謝。」と挨拶し「今年は大阪にとって試練の年、6月の地震、7月の豪雨、そして先月の台風でもダメージを受けたが、大阪らしくそれを跳ね返して、どんどん前へ突き進んでいきたい。大阪のパワーを世界に見せつける文化フェスにしたい。」と語った。

よしもとのお笑い芸人 矢野・兵藤の矢野勝也(左)、兵藤大樹(右)
KADOKAWA

お笑いコンビ、矢野・兵藤の兵藤は「笑ってもらうということが大阪の文化。今回はフェスで色々な事務所の方とご一緒できるのが楽しみ。芸人も町が明るくなるよう、微力ながらがんばっていきたい。」と真面目にコメント。

「個人的には森脇健児さんが、楽屋に走って入ってくるのか気になる。」という兵藤のボケに相方 矢野が「それはない!」とすかさずツッコミを入れ、笑いを誘った。矢野は「ま、そういうことでございます。」とコメントをまとめ、持ちギャグ「パイセンやぞ!」で締めた。

脚本家の後藤ひろひと氏
KADOKAWA

期間中、ABCホール(大阪府大阪市)で演劇公演「SMALL TOWN,BIG CITY〜大阪で拾った4つの小石〜」を開催する、脚本家の後藤ひろひとは「なんでもかんでも東京中心ちゃうで!」とし「大阪で活動する4人の優秀な作家で、大阪を4つの地域に分けたオムニバスのエピソード、ぼんちおさむを案内人とした演劇を作った。普通に暮らしている人々の日常のコメディーで、大阪の良さを見直す機会になれば。とてもいい脚本、いい作品になると思う。」と語った。

イラストレーターの黒田征太郎氏
KADOKAWA

心斎橋ビッグステップ(大阪府大阪市)で「僕は手塚治虫になりたかった。黒田征太郎展」を開催するイラストレーターの黒田征太郎は、「自分は大阪の道頓堀で生まれた。昭和25年、終戦後の焼け跡の松屋町で手塚治虫の漫画本に出会えなかったら今の自分はない。」とし「今は絵のようなもので食べている。自分は人情が一番大阪でいいものだと思う。それを含めて500点くらい絵が描けたので、それをみんなで楽しめればいいと思う。」と述べた。

デザイナー コシノジュンコ氏
KADOKAWA

また大阪府庁本館(大阪府大阪市)で、約30年ぶりの凱旋となるファッションショー「"SPECTRUM"of OSAKA by JUNKO KOSHINO」を開催するコシノジュンコは「私は、岸和田の出身。先日もだんじりを見てきた。元気なだんじりは大阪の底力。今回、大阪府庁舎で(ショーが)できるのは光栄。会場の素晴らしさを生かして、心の込もった意味のあるものをやりたい。だんじりのおはやしなどを加えて、ここでしか見られない、大阪人らしいやり方をやってみたい。」と語り「大阪万博の特使でもあるので、こちらも成功させたい。」と意気込んだ。

その他にも出演者たちが、それぞれ意気込みを語った。

FM802の土井コマキ「みんなが愛している大阪市中央公会堂でイベントができることに責任を感じている。昨年は台風で縮小になってしまったので今年はリベンジ。」
KADOKAWA
能勢人形浄瑠璃鹿角座メンバー。「今回は野外公演で、入場無料。伝統芸能は敷居が高いと感じるかもしれないが、みんなに楽しんでもらいたい。能勢の町に遊びにきて。」
KADOKAWA
(奥)NMB 谷川愛梨「国内はもちろん、海外からもたくさん大阪に来てもらえるように頑張りたい。」(手前)植村梓「アイドル文化をもっと大阪に根付かせたい。盛り上げていきたい。」
KADOKAWA

会場外には「大阪・万博記念公演サーキット2018」に参加する「フェラーリ FXX-K」も登場。世界で32台、日本には1台しかない世界最高峰の芸術作品に参加者も興奮。松井知事が、フェラーリに座って写真を撮っていたという兵藤に対し「座ったら有料。」とからかう一幕もあった。

世界に32台、日本には1台しかない「フェラーリ FXX-K」
KADOKAWA

また、この日はコカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社の藤原義樹氏、高尾明彦氏が大阪府庁を表敬訪問。地域限定ボトルの大阪デザインを10月1日(月)から発売するとして、この売上の一部を「大阪文化芸術フェス」に寄付することが発表された。

画面左から コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社 高尾明彦氏、松井知事、同じくコカ・コーラ 藤原義樹氏、もずやん
KADOKAWA

これを受けて松井知事は「お申し出に感謝します。これから1日3本コーラを飲みます。」と語り、会場の笑いを誘った。

最後には松井知事が「大阪は芸術、文化、ビジネスでも民間の力がすごくあるが、それが今まで表にでてこなかった。世界の住みやすい都市でも3位に選ばれたし、舞台をきちんと整えれば、国際都市大阪と思ってもらえる。」とし「自分は文化芸術に造詣が浅いと言われているが、文化芸術をどんどん広げて大阪を世界で一番住みやすい、文化芸術のあふれる街にしたい。」と語った。(関西ウォーカー・二木繁美)

元記事で読む