1. トップ
  2. 小林星蘭、“天才子役”も中学生に!「何でも挑戦したいという思いが強くなりました」

小林星蘭、“天才子役”も中学生に!「何でも挑戦したいという思いが強くなりました」

  • 2018.9.21
  • 1752 views

テレビ東京系で放送中のアニメ「若おかみは小学生!」。9月23日(日)の放送でテレビ版は最終回を迎えてしまうが、バトンを継ぐように9月21日(金)から劇場版が全国で公開される。

【写真を見る】若おかみがノリノリ!? 小林星蘭の自撮り風キュートなショット

着物姿も決まっている!
KADOKAWA

本作は、幅広い層に愛され続けてきた同名児童文学シリーズが原作。両親を亡くした小学生のおっこが、祖母が女将を務める温泉旅館「春の屋」の“若おかみ”として奮闘する姿を描く。

監督は、2003年公開の「茄子 アンダルシアの夏」以来、約15年ぶりに劇場版アニメを手掛ける高坂希太郎。主人公・小学生“おっこ”の声を、子役としてドラマや舞台などで幅広く活躍してきた女優・小林星蘭が担当している。

現在、バラエティー番組「あいつ今何してる?」(テレビ朝日系)でナレーターを務めている小林は、どんな思いを抱きながら役と向き合い、アフレコに臨んだのか。

声だけで表現する芝居の難しさやおかみという職業のイメージ、行ってみたい理想的な旅館などを語ってもらった。

おっこ役の小林星蘭
KADOKAWA

――劇場版の脚本を読んだ感想は?

テレビ版とは少し違うような気がして、ちょっと不思議な感じがしました。どんなふうに演じたらいいのか。映像を見た時に、おっこの表情もより細かく描かれていたので、もっと頑張らなくちゃいけないなと思いました。

――演じる時に意識した点は?

おっこは、すごく明るくて元気な女の子。それはテレビ版と変わりません。特に何か作りこんでお芝居するというよりは、普段の声より少し高めでハキハキしゃべることを意識しました。

難しいと感じたのは、遠くにいるようにしゃべる距離感や走っている時の息遣い。高坂監督からアドリブを求められることがあったので、自分なりに考えながら演じました。

――高坂監督からアドバイスはありましたか?

アフレコの前に「自分を押し殺すように」と言われたことが衝撃的でした。おっこは元気なキャラクターですから。どうやって演じたらいいのか、いろいろ考えました。

最初は普通の小学生ですけど、わけあって旅館の若おかみとして自立していかないといけないおっこは、物語の中で少しずつ成長していくんです。その変化をうまく表現できたらいいなと。私も、おっこを通して一緒に成長させてもらったような気がします。

【写真を見る】若おかみがノリノリ!? 小林星蘭の自撮り風キュートなショット
KADOKAWA

――おっこの好きなところは?

お客さんに対してすごく一生懸命で思いやりがあるところ。常に前向きで、お客さんが困っていたら何とかしてあげたいと頑張るんです。そういう優しい一面はおっこらしくて素敵ですよね。

――自分と似ている点はありますか?

好きなことに集中すると、周りが見えなくなる点は似ているかもしれません。私も学校の“朝読書”の時に友達から話し掛けられても全然気付かないことがあります。先生の号令にも気付きません(笑)。

――旅館のおかみさんには、どんなイメージを抱いていましたか?

これまでは全然意識していませんでした。でも、おっこを演じながら、畳のへりを踏まないとか、歩き方にも作法があって。ものすごく細かいところまで気を配ってお客さんと接しているんだなということを知りました。

今度、温泉旅館に行く機会があったら、おかみさんの動きをじっくり見てみようかなと思っています(笑)。

――おっこが若おかみを務める温泉旅館「春の屋」の良いところは?

おっこの祖母であるおかみをはじめ、旅館で働いている人たちがみんなひたむきに自分の仕事に取り組んでいるところ。お客さんをもてなす心遣いは本当にすごいです。

若おかみのおっこはかわいいし、思ったことをズバズバ言ってくれるから、悩んでいることがあったら何でも相談するといいかもしれません。きっと、おっこが癒やしてくれると思います。出てくるご飯がどれもおいしい点も自慢です!

――何か気になった料理はありましたか?

どれもおいしそうなんですけど、玉子焼きは自分でも作って食べました。基本的には食べる専門なんですけど(笑)、割とうまくできたんじゃないかなと思います。

テレビ版では低カロリーのダイエット食メニューも出てきました。いろいろ工夫されているので、どんな味なのか興味があります。

「頑張るぞー!」のポーズをしてもらった
KADOKAWA

――そういえば、劇場版ではおっこが考案した「露天風呂プリン」が出てきますが、試食しましたか?

この間、食べる機会がありました! ベースは黒豆で作ったプリンなので、普通のプリンより落ち着いた感じの味が特徴的。そこに、甘い栗が入っていて、ちょうどいい感じなんです。

劇場で売っているパンフレットにレシピが載っているので、ぜひお買い求めいただいておウチで作ってほしいですね。私も材料をそろえて、挑戦したいと思っています。

――小林さんが泊まってみたい“理想的な旅館”は?

おっこみたいに、元気で明るい若おかみが働いている温泉旅館がいいです。たくさん、お話してくれそうですよね(笑)。きっと、楽しい時間が過ごせると思います。

それと、ご飯がおいしいとうれしい。これは、絶対譲れません(笑)。どんなふうに作っているのか調理場をのぞいてみたいです。

――小さい頃から芸能界でお仕事をしてきて、現在は中学生に。自分の中で何か気持ちの変化はありましたか?

やりたいことをもっとやろうと思うようになりました。小学生の頃は、やりたいことがあっても、遠慮していた部分がありました。

今は委員会に入ったり、合唱祭で指揮をやったり、好きなことに対して積極的に取り組んでいます。お仕事に関しても同じ。何でも挑戦したいという思いが強くなってきました。

――映画の公開は秋ということで、今年の小林さんは“○○の秋”の○○に何を入れたいと思っていますか?

う~ん、何だろう…。個人的には“食欲の秋”がいいんですけど(笑)、今年の秋はやっぱり“若おかみの秋”しか考えられません! 友達も絶対見るって言ってくれているし、一人でも多くの方に見ていただいて、旅館に行ってみたいなとか、おかみさんになりたいなって思ってもらえたらうれしいです。(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)

元記事で読む