1. トップ
  2. 福本伸行のドラマ「天」出演に雀士界もざわ…ざわ…。プロ雀士・瀬戸熊直樹&猿川真寿も参戦だ!

福本伸行のドラマ「天」出演に雀士界もざわ…ざわ…。プロ雀士・瀬戸熊直樹&猿川真寿も参戦だ!

  • 2018.9.21
  • 1525 views
「卓上の暴君」瀬戸熊直樹プロが「天」に出演決定!
KADOKAWA

10月3日(水)にスタートするドラマパラビ「天 天和通りの快男児」(毎週水曜夜1:35-2:05 テレビ東京ほか)に、プロ雀士の瀬戸熊直樹と猿川真寿が出演することが発表された。さらに、本作の原作者である漫画家の福本伸行の出演も決定。一体どんな役柄で登場し、どんな演技を見せるのか期待が高まる。

【写真を見る】岸谷の再現度が高すぎる!原作者・福本伸行も「天にかぶる」と絶賛

瀬戸熊直樹プロは、日本プロ麻雀連盟に所属し、所属団体の日本プロ麻雀連盟のトップタイトルである、鳳凰位と十段位を3度連覇した、連盟を代表する凄腕雀士。「卓上の暴君」という異名を持つ男も、本作がドラマ初出演となる。

瀬戸熊は、「オファーを受けた時は単純に人が足りないのかなと(笑)。麻雀指導だと思っていたら台詞もあり驚きました。役者の方に圧倒され、短い台詞ほどどうすればいいか分からなくなって、でも麻雀シーンだけは様になっていたかなと安心しています。役者の皆さんは声が良いし、牌の手つきも良いのですごいなと思いました」と語る。

さらに、「天(岸谷五朗)や赤木(吉田栄作)の心構えに共感できます。僕の麻雀観とも似ているのでこの作品が大好きです」とコメントした。

一方、「逆転モンキー」の異名を持つ猿川真寿プロは、2008年の麻雀マスターズを大逆転で制し、一躍有名プロとなった。高打点の手に仕上げる独特な切り順は”モンキーマジック”と称され、麻雀ファンを魅了している。

劇中でも華麗な打ち筋を見せつける猿川は、「麻雀の真剣勝負を描いたドラマですが、スタッフの皆さんや演者さんがとても良い関係で、撮影現場はとても暖かい雰囲気でした」とコメント。

さらに麻雀ファンに向けて、「こういったお芝居の仕事をいただけたこと自体が光栄です。僕は役者のプロではないので芝居は不慣れでうまい演技は出来てないですが、麻雀のプロらしい牌さばきはできたと思うので、綺麗な牌さばきだなと思っていただける方がいたらうれしいです」と語った。

現役雀士と原作者の福本氏が登場するドラマパラビ「天 天和通りの快男児」は、第1話放送終了後、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」でも配信される。

第1話のあらすじを紹介!

麻雀の「理」に対して深い造詣を抱く井川ひろゆき(古川雄輝)は、雀荘で素人相手に荒稼ぎをしていた。そんなひろゆきの前に、店の常連客から代打ちを頼まれた天貴史(岸谷五朗)が現れる。天は、自分が勝ったらひろゆきの稼いだ金を全額客に返し、負けたらその倍額をひろゆきに支払うという圧倒的に不利な勝負を申し出る。その対局は思わぬ展開となる。(ザテレビジョン)

元記事で読む