佐藤健、沢尻エリカにとって幸運なことは「その顔で生まれてきたこと」!?

『億男』で主演を務めた佐藤健
KADOKAWA

佐藤健主演映画『億男』(10月19日公開)の完成披露試写会が、9月20日に東京国際フォーラムで開催。佐藤、高橋一生、黒木華、池田エライザ、沢尻エリカ、北村一輝、藤原竜也が舞台挨拶に登壇した。3億円の宝くじが当たる主人公にちなみ、ラッキーなこと、アンラッキーなことについてクロストーク。答えに悩む沢尻に佐藤は「その顔で生まれてきたことって言えばいいじゃないですか」と言って会場を沸かせた。

【写真を見る】佐藤健や高橋一生らがセルフィーの撮影で大はしゃぎ!

佐藤自身は、「一番最近ラッキーだと思ったこと」について、朝ドラ「半分、青い。」と連ドラ「義母と娘のブルース」が同時期に放映され、演技が評価されたことを挙げた。「役柄が違うってだけで謎の評価がもらえるんです。たまたま同じ時期にやってるってだけで、棚からぼた餅的な評価をされる。それはラッキーだなと」。

また、『億男』について佐藤は「大友組の最大の魅力は役者たちが伸び伸びしていること。スパークするチャンスがあること。できあがった映画を観て、びっくりしたんですが、怪演をしている人が多い。藤原さんのショータイムは想像以上でした」と感心していた。

また、佐藤は共演の高橋についても「高橋さんもまた、怪演をされています。すごい難しいキャラクターなんです。僕だったら絶対にできない。お手上げ」と称えると、高橋は「健くんにそんなことを言っていただけるなんて」と恐縮する。

高橋は「今回の健くんは本当に滑稽ですよ。いままで観たことのない健くんを観ていただけるんじゃないかなと」と言うと、佐藤は「“ダサおもしろい”が僕のなかでテーマでした。笑いながら、『こいつ、どうしようもないな』と見守ってくれたらうれしいです」と語った。

『億男』は、映画プロデューサー川村元気の同名小説を「るろうに剣心」シリーズの大友啓史監督が映画化した、お金や幸せの価値観を問う人間ドラマ。宝くじで3億円を当てた図書館司書の大倉一男(佐藤健)が、大富豪の親友・古川九十九のもとを訪ねるが、その直後、九十九が3億円と共に失踪してしまう。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)

元記事を読む
提供元: Movie Walkerの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理