1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 秋の食卓を彩る☆ARABIA「パープルパラティッシ」の優雅な食器特集

秋の食卓を彩る☆ARABIA「パープルパラティッシ」の優雅な食器特集

  • 2018.9.20
  • 16122 views

1969年にフィンランドの陶芸作家、Birger Kaipiainen(ビルガー・カイピアイネン)によってデザインされたARABIAのパラティッシ。

今回はその中でも秋の食卓にピッタリな「パープルパラティッシ」をクローズアップ。

みなさんの愛用品をテーブル風景と共にご紹介いたします。

ARABIA社の名作「パープルパラティッシ」で彩る素敵なテーブル風景

パープルパラティッシは2012年、北欧最大の百貨店ストックマンが創業150周年記念として発売されたことが始まりでした。

優美な色の組み合わせが独特な魅力を放っています。

「パラティッシ」とはフィンランド語で「楽園」という意味を持ち、どこか異空間に居るような神秘的な魅力がありますよね。

パープルパラティッシは、ブラックに紫色とアップルグリーンをプラスしたエレガントな組み合わせです。

イッタラティ―マのイエロープレートや、カステヘルミの器とセッティングしたパープルパラティッシ。

爽やかな雰囲気と艶やかさが一緒になった素敵なテーブルセッティングですね。

イッタラティ―マのパープルマグカップと並ぶパープルパラティッシは、優美な光景になっていますね。

合わせるカトラリーはクチポールのフォークを使って、シックな雰囲気もプラス。

パープルパラティッシのプレートとマグカップで頂く、和のおやつタイムは上品な時間に。

デザートや取り分け用のお皿として程よい大きさのプレートは、使い易さも抜群です。

和洋のバランスが絶妙な、センスの良いテーブルセッティングですね。

木製カッティングボードにパープルパラティッシのプレートを載せていて、どこか穏やかな雰囲気に。

こちらはパープルパラティッシのやや大きめのプレートを使って優雅な雰囲気に。

ビオラとブドウを彩った神秘的な紫色が大人っぽい雰囲気を与えます。

メインプレートとしても使える大きさのパープルパラティッシのプレートに、豆皿や小さめのボウルとセッテイングしても素敵に仕上がりますね。

ディナータイムのメインプレートとして映えるパープルパラティッシのプレートは、テーブルコーディネートの主役にピッタリ。

エレガントなデザインでありながら食材の色彩を引き立てます。

パーティーシーンでも主役になる、パープルパラティッシのプレートを使った華やかなセッテイング。

ホワイトのテーブルに載せると、美しいデザインが際立って見えますね。

パスタを入れる食器にパープルパラティッシのプレートを使うと、一人で過ごす時間を大切にしたくなりますね。

濃淡のあるフルーツの色使いが見事な仕上がりになっています。

優しい雰囲気のテーブルセッティングの中で、存在感を放つパープルパラティッシのマグカップ。

フォーマルな印象を持ちながらも、シンプルなテーブルにも合わせやすいデザインです。

パープルパラティッシの食器が集まったテーブル風景はリッチな気分が漂いますね。

パープルパラティッシのデザインはブラックとパープルのシックな印象に、爽やかなアップルグリーンが調和した絶妙なバランスが伺えます。

一人だけのくつろぎタイムに、パープルパラティッシのマグカップを使うと優雅な気分に浸れます。

イッタラのカステヘルミの食器と合わせて気品のある光景になっています。

木を使ったナチュラルな素材とも相性の良い、パープルパラティッシの優美なデザイン。

気品あるデザインに艶やかなイメージをプラスした独特の美しさが伝わります。

まとめ

今回は、秋の食卓気分を高めるアラビア社の「パープルパラティッシ」をクローズアップしてお届けいたしました。

エレガントで上品な食器は長く使い続けられるデザインなので、気になられた方は是非チェックしてみて下さい。

元記事で読む