1. トップ
  2. グルメ
  3. こだわりの食材選びで作り上げる至高の冷やしラーメン!大阪「ラーメン・めし 芦田屋」

こだわりの食材選びで作り上げる至高の冷やしラーメン!大阪「ラーメン・めし 芦田屋」

  • 2018.9.20
  • 2632 views

食材の生産者のドラマも味わえる店にしたいとストライク軒、ぬんぽこを立ち上げたアッシーさんが創業。ダシのイリコから、薬味の九条ねぎまで生産者に会って選んだ食材で作り上げる冷やしラーメンは驚きの旨さ。<※情報は関西ウォーカー(2018年9月11日発売号)より>

【写真を見る】肉チャンポン(880円)は、店主が故郷宇和島で味わっていたものをイメージ/ラーメン・めし 芦田屋

生産者に会って確かめた厳選食材で作る至高の冷やし!

イリコと昆布でとったスープに、しなやかな伸び感のある個性的な麺を合わせた懐かしさを感じる「冷やしらうめん」 (780円)/ラーメン・めし 芦田屋
KADOKAWA

通年で楽しめる。

【写真を見る】肉チャンポン(880円)は、店主が故郷宇和島で味わっていたものをイメージ/ラーメン・めし 芦田屋
KADOKAWA

豚ウデ肉は歯応え旨味共に最高の組み合わせ。

味の決め手となるイリコは高知県の宿毛湾で捕れたもののみを使用/ラーメン・めし 芦田屋
KADOKAWA

トッピングのワカメも淡路島の提携漁師から届く。

店長のイッペーさん(左)、店主のアッシーさん(右)/ラーメン・めし 芦田屋
KADOKAWA

「野菜がたっぷり食べられるチャンポンはサラリーマンに大好評です。オカカめしなどが付く芦田屋ランチ(980円)もぜひ!」と、店長のイッペーさんと店主のアッシーさん。

カウンター席のほか、テーブル席もあり/ラーメン・めし 芦田屋
KADOKAWA

年間を通して冷やしのラーメンを食べられるのは、大阪ではかなり珍しく、常連客も多い。

■麺/太さ:中細 形状:平打ち 加工法:ストレート 製麺所:麺屋棣鄂 量:150g

■スープ/タレ:醤油 仕上油:煮干油 こってり○○○●○あっさり 種類:魚介

■ラーメン・めし 芦田屋<電話:06-6344-0211 住所:大阪府大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第2ビルB2 時間:11:00~15:00(LO)、18:00~21:30(LO)、土曜11:00~19:30(LO) 休み:日曜 席数:11席(カウンター7、テーブル4) タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:JR北新地駅より徒歩2分>(関西ウォーカー・関西ウォーカー編集部)

元記事で読む