1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「オーガズム」に興味のある女性がまず始めたいこと

「オーガズム」に興味のある女性がまず始めたいこと

  • 2018.9.19
  • 18206 views

セックスの経験が一通りあって、ステディな彼もいる女性が次に興味を持つこと・・・それはこれではないでしょうか。

「オーガズム」

いわゆる「イク」ということですが、いろいろなところに興味深く書いてあります。

「最高に幸せな気分」「死ぬかと思った」

興味を持つのは当然ですが、ちょっと待ってください。

「オーガズムを得るためには、ステップをキチンと踏むこと」が大切なのです!

いったいどんなステップなのでしょうか? 詳しく見ていきましょう!

ステップ1「その人のこと、大好き?」

(1) まずは自分の気持ちを確かめてから

まずは自分を大切にしましょう。

お付き合いする人が出来ても、その人とセックスをしないといけないわけではありません。

その人と「したい」と思うかどうか。自分にしっかり聞いてください。

したいと思えなければ、その気になるまでゆっくりデートを重ねて待ちましょう。

セックスでよくなるかどうかは、

その人が好きか? 信頼して体を任せられる人かどうか?

そこに大きくかかわっています!

そしてオーガズムには男性の協力が欠かせません。

ゆっくり時間をかけて作り上げていくものです。

その時に愛情と信頼がモノを言うのです。

焦らず最初のステップをゆっくり踏みましょう。

(2) 私の体験談

私の若いころ、派手に遊んでいる女性の同僚がいました。

とっかえひっかえ彼氏を変えて、ナンパもされにいっていました。

同じ人と2年も付き合って満足していた地味な私は、「すごい人がいるもんだ」と、感心していました。

でもある日その同僚は、タバコの煙をフーッと吐きながらこんなことを言ったのです。

「○○さん、私のこと派手に遊んでるって思ってるよね?

でもねえ・・・そうじゃないの。だれと寝ても感じないの。濡れもしない。

次こそは!この人なら!・・って思って手当たり次第寝てるだけよ」

びっくりして黙っていると、

「○○さんは彼氏と長いよね。彼は○○さんを満足させてくれるの?ちゃんと・・イカせてくれるの???」

朝からスゴイ話題でしたが、頷くと

「そっかあ・・・・うらやましいわ」

と泣き出したのです。

「・・・ちゃんと心から好きな人を選んでさ、すぐにHしないで何回かデートしてからしなよ」

と言ったのですが、わかってもらえたかどうかは解りません。

インスタントにセックスしていても、何も手に入らないのだと感じた瞬間です。

そしてそのスピリッツは、20年たった今でも、結婚して子供がいる今でも何も変わっていません。

ステップ2「自分がどうすれば気持ちよくなるのか、ちゃんと知ってますか?」

(1) 自分で開発していますか?

自分がどうすれば気持ちよくなれるのか、きちんと知っていますか?

そして彼氏に「ここを触って」と言ったりできますか?(恥ずかしい場合は彼の手を誘導できますか?)

これが出来ないと、絶対にオーガズムは手に入りません。

男性が優しい人で、キチンと丁寧にしてくれて導いてくれる・・・それが理想ですが、いつでも誰もがそんな人に巡り合えるわけではありません。

ここは是非自分で開発してください。

そうすれば男の人が不慣れでも、誘導したり優しく教えてあげることも出来ます。

オーガズムは100%男性任せにしていてはダメ。

自分の体をキチンと知ることは恥ずかしいことではないので頑張ってみましょう!

(2) どうやって開発するの?

でもどうやって開発したらいいのかわからないという人は、ネットなどで女性向けのグッズを扱っているお店を見てみるといいですよ。

女性向けのたのしいグッズを沢山扱っていますし、見ているだけでも楽しめます。

おすすめは初心者向けのローター。

いろいろな種類があるので自分の好みを探ってみましょう。

それでも分からない場合は彼氏に、

「気持ちよくなりたいけどどうしたらいいか解らない。協力してほしい」

と言ってみたらどうでしょうか。

きっと喜んで協力してくれると思いますよ。

ステップ3「セックスはダンスと一緒」

私は今までの経験から、セックスって「ダンス」だなと考えるようになりました。

男性は不慣れでもリードという立場に立たないといけない。

女性の方が経験豊富でも、受ける側に回らなくてはいけない。

独りよがりな男性もいますし、男性がうまくできないからと、けなす女性もいます。

でもそこで相手を責めてばかりいたら、絶対ダンスはうまく踊れません(セックスもうまくいきません)。

だからステップを踏んでほしいのです。

オーガズムは一朝一夕に手に入るものではありません。

ダンスと同じで、自分が大好きな人を選んで(ダンスでもパートナーは慎重に面接して選びます)、自分でも開発して(練習して)そしてパートナーと試行錯誤して、探していくものなのです。

最初からうまくはいきません。(ダンスだって最初からそのパートナーとうまくいってすぐに優勝できるわけではありません)

そこで一緒にセックスを楽しく探求していけるかどうか、ここで最初のステップの「自分が大好きな人か、信頼できる人かどうか」というのがものを言うのです。

あの人は下手だから、あの人は合わないからと、相手のせいにしてばかりいたら、私の昔の同僚みたいになりますよ。

まとめ

まるで魔法のように、魅力的な男性が一夜にして与えてくれるもの・・・。

そんな風に、オーガズムという言葉が独り歩きしている・・という印象を受けます。

でもオーガズムはそんなに簡単に手に入るものではありません。

まず自分の体を知り、男性を選び、2人で作り上げていくものです。

それで得られたオーガズムは、女の人を確実に成長させ、美しくしてくれます。

男性に対しても自然と心を開いていけるようになり、恋愛もうまくいくように。

オーガズムを得るためには、ダンスと同じでパートナーを慎重に選び、自分でも練習して相手を信頼して2人で作り上げていくもの・・・

ダンス大会で優勝するようなもの・・・そう思っておいて間違いはありません。

written by 婚活小町

元記事で読む