1. トップ
  2. ダイエット
  3. 太らない食べ方でいつもの食事でも痩せやすくなる!?”あと食べ”を始めよう♪

太らない食べ方でいつもの食事でも痩せやすくなる!?”あと食べ”を始めよう♪

  • 2018.9.19
  • 34376 views

炭水化物をおかずのあとに食べるだけ

糖質制限や過度の食事制限は一時的な減量には成功するものの、リバウンドする可能性も高くストレスも溜まりやすいダイエット法です。炭水化物を最後に食べる”あと食べ”なら、いつもの食事が出来ると栄養士も推薦している食べ方なんです。

方法はとても簡単です。まずはおかずを先に食べた後ご飯などの炭水化物を食べるだけ。先におかずを食べている分、おのずと少量の炭水化物で満腹になるため太りにくい食事法なんです。

また炭水化物を後で食べる事で、食後の血糖値の上がり方も緩やかになり生活習慣病の予防にも繋がるというのも嬉しいポイント。

おかずを食べる順番は?

まずはお漬物やサラダなどの野菜を先に食べましょう。そして次はたんぱく質の高いおかずを食べ、最後にご飯などの炭水化物を食べます。

野菜には食物繊維も豊富に含まれているため、先に食べることで後から食べるおかずの糖の吸収を緩やかにしてくれる効果があります。

おかずの食べ方にも気を付けることで、炭水化物の量を減らせるだけではなく糖の吸収を緩やかにし、より太りにくい食べ方をすることが出来ます。

太りにくいおかずは?

ダイエット効果も欲しい!という方は食べるおかずにも気を遣いましょう。

中でもおすすめは、食物繊維やミネラルが豊富なめかぶやひじきです。便秘解消にも効果がありますし、低カロリーなのも嬉しいですね。またひじきを食べるのならば、栄養バランスが良く、脂肪の燃焼を助けてくれる大豆入りが好ましいです。

また、サラダを食べる場合は、キャベツを入れるのがGOOD!食物繊維やビタミンCが豊富なので便秘解消や美肌にも良いと言われ、女性には嬉しいことが沢山。

体に良いものをバランス良く摂取することで、より太りにくくダイエット効果も期待出来る食べ方に近づきますよ。

食べ過ぎには要注意

ここで紹介しているあと食べは、あくまでも太りにくい食べ方です。そのため、太りにくいなら…といって食べ過ぎてしまうのは逆効果です。

先におかずを食べることで満腹感が得られ、自然と炭水化物の量を減らすことが出来ますが、まだ食べられるからと沢山食べてしまっては意味がありません。

また高カロリーなおかずを沢山摂取するのも同じです。揚げ物は特に小麦粉やパン粉などの炭水化物が入っているので危険ですよ。

食べる量には気をつけてくださいね。

いかがでしたでしょうか?

太らない食べ方”あと食べ”をご紹介しました。いつもの食事も食べ方や食材に気を付けるだけで、太りにくくなるだけではなくダイエット効果も期待出来ちゃうかもしれません。

美味しい食べ物が沢山ある秋ですが、今日から炭水化物をあとで食べる”あと食べ”を始めてみませんか?

この記事は編集部及びライターの経験や知識に基づいた情報となります。個人によりその効果は異なりますので、ご自身の責任においてご利用・ご判断をお願い致します。

元記事で読む