1. トップ
  2. 唐沢寿明、“殺し屋”役は「どこか乾いた風が吹いているようなイメージ」

唐沢寿明、“殺し屋”役は「どこか乾いた風が吹いているようなイメージ」

  • 2018.9.19
  • 3189 views
元外科医の殺し屋・折壁嵩男を演じる唐沢寿明
(C)テレビ東京

唐沢寿明が元外科医の“殺し屋”を演じる「テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル『あまんじゃく 元外科医の殺し屋が医療の闇に挑む!』」(夜9:00-11:08、テレビ東京系ほか)が9月24日(月)に放送。

【写真を見る】登場人物ほとんど悪人!? 唐沢寿明は「スリリングな展開で引き込まれていく」と話す

同ドラマは藤村いずみの「あまんじゃく」を原作に、折壁嵩男(唐沢)が、医療の知識を駆使し、法では裁けない悪を闇へと葬り去っていくクライムサスペンス。

今回、主演の唐沢に本作への思いを聞いた。

――唐沢さんは、もともと原作小説のファンで、映像化を熱望されていたんですよね。

8年ほど前に原作小説と出合ったのですが、まさか(実写化を)やるとは思っていませんでした。ずっと心の奥に残っていた作品だったので、作品に対する思い入れは強いです。

原作も展開が早くて、とても読みごたえがあります。こんなところにいくの!? みたいな。読んでいて予想外の展開だから、映像を見ている人はもっと面白いんじゃないかなと感じます。

――“殺し屋”という今までにない役どころを演じてみていかがですか?

元外科医という知識を利用して常人じゃできない殺し方をするので、殺しのシーンはかなり緻密にできています。とてもチャレンジングな企画だと思います。

共演者の皆さんも、いつものイメージとは全く違うキャラクターを演じられているので、視聴者の方々は驚かれるかもしれません。

――演じられる折壁のキャラクターについて教えてください。

全体的に低いトーンで話すし、笑うことがあまりないような男です。依頼者から報酬を受け取って殺人を犯すので、人助けみたいな形にはなるけど、それは正義ではない。

明るくないし、やってもやっても幸せになれないというか…。どこか乾いた風が吹いているようなイメージで演じました。

――参考にする題材がないキャラクターを演じる際は、どのように役作りしますか?

(原作を読んだ)8年前には、すでにイメージがありました。小説を読む時は、頭の中で主人公が動いているでしょ?

それが一番正しいんです。そこから足していったら駄目になる。今回、8年前に原作を読んだ時からイメージを変えていなくて、やりたいと思ったイメージ通りに演じました。

――木村多江さんとのアクションシーンはいかがでしたか?

原作で折壁は空手をやっている設定でしたが、ドラマでは空手ではなく、激しいアクションになりました。アクション初挑戦の木村さんもとても頑張っていました。

でも、全く経験がなかったから本当に大変だったんじゃないかな。

――撮影現場はどんな雰囲気でしたか?

作品はダークなものでしたが、現場の雰囲気は良かったです。ただ、和気あいあいとしていたかというと、そういう内容ではないから(笑)。

全体的に良いキャラクターの人が1人も出ていない作品なのですが、それぞれ今までにないキャラクターを演じているので、見応えがあると思います。

――テレビ東京はチャレンジングな作品が多いですが、本作を夜9時台で放送することも冒険ですよね。

若い人にも興味を持って見てもらえればいいなと思います。みんなが何かしらの闇を抱えているので、最後まで爽やかな気持ちにはならないかもしれないですが、スリリングな展開で進んでいくので、引き込まれていくと思います。

受け取り方は人それぞれなので、無の気持ちで見てもらいたいです。(ザテレビジョン)

元記事で読む