志尊淳がスポーツ庁を表敬訪問! 7種競技を経験し「スポーツがない生活はなかった」

対談を行った志尊淳とスポーツ庁の鈴木大地長官
(C)2018「走れ!T校バスケット部」製作委員会

11月3日(土)公開の映画「走れ!T校バスケット部」で主演を務める志尊淳が、9月18日に文部科学省で鈴木大地スポーツ庁長官を表敬訪問した。

【写真を見る】志尊淳はビシッとフォーマルな服装で登場!

本作は、弱小バスケットチームの成長を通し、高校生の悩みや葛藤、仲間との絆、家族の思いを丁寧に描く青春物語で、志尊は高校1年生ながらエースとして活躍していたスタープレーヤー・田所陽一を演じる。

鈴木長官が待ち構える長官室に少し緊張した面持ちで入室した志尊は「生きているうちにスポーツ庁さんに入らせていただく機会があるとは1mmも思ったことがなかったので、すごく緊張していました」と吐露。

そんな志尊を温かい笑顔で迎えた鈴木長官は「全編、涙なしでは見られないストーリーでしたね! 悩みを抱えながら部活動をしている方々もいると思いますが、この作品を見れば勇気をもらえると思います」と絶賛する。

さらに、共演者全員がバスケット未経験者だったことが志尊から明かされると、鈴木長官は「皆さんバスケット未経験には見えませんでした!」とびっくり。

また、志尊が過去に「僕はスポーツが大好きで剣道、水泳、野球、サッカー、ソフトボール、ボクシング、総合格闘技をしていました」と明かすと、「スポーツ庁の職員になれるくらいですよ!」と驚き、笑顔を見せた。

対談後、志尊は「ガチガチに緊張していましたが、鈴木長官が穏やかな方ですごく安心しました! 陽一はイジメに遭って転校しますが、僕の学生時代にも身近にイジメがあったので、その時の気持ちを思い出しました。

人それぞれにさまざまな形があるとは思いますが、陽一は前を向く姿勢を貫いていたので、その部分はすごく意識して演じました」と振り返った。

また「スポーツを交えた演技はすごく楽しかったです!『こんなにキラキラと青春を送っていたんだな』と試写を見た後に感じたので、『学生時代にもっともっとがむしゃらにやっていれば良かったな』と少し後悔しました」と話し、続けて「僕は野球を約8年間やっていてキャッチャーだったので体が大きかったのですが、俳優を目指すとき18Kg痩せました!」とも明かした。

そして「スポーツがない生活はなかったですし、女性がスポーツをしている姿はすごくすてきに感じます」とスポーツの魅力について語った。

一方、鈴木長官は「われわれも大会でスポーツ選手が活躍されることはもちろん、国民の皆さんの健康増進や運動不足解消などさまざまな理由でたくさんの人々にスポーツをやっていただきたいと思っています」と話し、「志尊さんにスポーツ好きだと言っていただけると、スポーツ人口が5%くらい上がった気がしますね(笑)」と期待を寄せた。(ザテレビジョン)

元記事を読む
提供元: ザテレビジョンの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理