1. トップ
  2. レシピ
  3. 乾燥の秋に備える【おいしく体を潤す】食材5選

乾燥の秋に備える【おいしく体を潤す】食材5選

  • 2018.9.16
  • 2222 views

気温とともに湿度も下がってくる秋。秋の体に大敵なのは「乾燥」です!

秋は「肺」の機能に負担がかかる季節

東洋医学では、秋は「肺」の機能が活発になり、その分負担がかかりやすいと考えられています。肺とは、ダイレクトに臓器の肺を指すのではなく、呼吸器系の機能全般のことを指していると考えてください。また、肺の機能は鼻・喉・肌にも関連します。鼻づまりや鼻水、喉の痛みや咳、肌荒れなども秋に特に注意したい不調と言えます。

不調に備えるキーワードは【潤肺】

湿度が下がり乾燥する秋。「肺」の機能は乾燥に弱いため、体を内側からも潤して乾燥に備えることが大切。秋に旬を迎える食材は、肺を潤す作用「潤肺」の効能をもつものが沢山あります!

秋口にとりたい、体を内側から潤す食材5選

日々の食事に取り入れて、内側からも体に潤いを与えましょう!

みずみずしく、いかにも乾燥を潤してくれそうな梨。声がれや胸のつかえ、痰が出る咳など喉の不調を潤し改善する効果があります。

梨と同様に咳などに効果があるほか、体のほてりによる渇きに効果があります。二日酔いや発熱時にも。体を冷やす作用が高いので、逆に冷えを感じている時は食べ過ぎ注意。

銀杏

肺を潤すほか、元気の「気」を補う補気の作用も。なんだか気力がわかないときにもオススメです。また、おりものが多いと感じる時にも。

蜂蜜

マヌカハニーが喉の殺菌に良いのは有名。蜂蜜には肺や皮膚や腸を潤す効果があります。喉の不調のほか、この季節の肌の乾燥や便秘が気になる人に。

山芋

冬にかけて旬を迎える山芋。効能が広く、潤肺のほか、気力を補ったり、胃腸を養ったり、アンチエイジング効果も。

とにかく秋は乾燥に要注意! スーパーや外食で、食材選びの参考にしてみてくださいね。

元記事で読む