1. トップ
  2. ファッション
  3. 秋のお洒落はシンプルに♡おすすめパンツと着回しトップスの大人コーデ集

秋のお洒落はシンプルに♡おすすめパンツと着回しトップスの大人コーデ集

  • 2018.9.14
  • 37535 views

シンプルなコーディネートにエッセンスをプラスしてくれるパンツやトップスは、大人女子のクローゼットにマスト♪

今回は、トレンドに流され過ぎず、長く使えるアイテムを探している方にもオススメのパンツやトップスを使ったコーディネートをご紹介します。

セールになっている着回しアイテムもあるので、ぜひ参考にしてみて下さいね♡

大人のきれいめパンツコーデ

出典:zozo.jp

オン&オフ着回しやすいセンタープレスのストレートパンツは、ブラウンをチョイスして季節感をプラス♪

アクセントカラーのピンクパンプスとも相性抜群ですね。

出典:zozo.jp

落ち感のあるワイドパンツは、タック入りできちんと感◎。

シンプルなシルエットですが、ウエストにリボンが付いているので、コーディネートのポイントになります。

出典:zozo.jp

アシンメトリーなフリル付きのデザインパンツ。

落ち着きのある色味で、大人女子のコーディネートに高級感とモード感をプラスしてくれます。

周りと差が付くデザイン性で、ドレスアップコーデにも使えます♪

出典:zozo.jp

滑らかで高級感のある素材を使ったリボンラップパンツ。

レッグラインも拾わず、履き心地も抜群です♪

コンパクトなトップスと合わせたメリハリコーデがオススメ♡

出典:http://zozo.jp/

きれいめシルエットのワイドパンツサロペット。

上品なネイビーカラーは、キチンと感もあるので、ジャケットを羽織ればオフィスにも使えます♪

ハイネックを合わせれば、ロングシーズン使えるアイテムです。

出典:zozo.jp

脇に刺繍ラインを入れたストレートパンツ。

顔料染めの味のある加工感がポイントです。

少しゆとりのあるメンズライクなシルエットなので、裾をロールアップして穿くと、雰囲気が増すのでおすすめです。

大人の着回しトップスコーデ

出典:zozo.jp

落ち感のあるリブニットは、ドルマンスリーブでゆったりと女性らしいシルエットに♪

着丈も短めなので、ワイドパンツとも相性抜群です。

出典:zozo.jp

シンプルなプルオーバーは、袖や裾のデザインで差が付きます♪

ドルマンスリーブで、身幅もゆったりしているので、ボディーラインも気になりません。

ワイドパンツからデニムまで、着回しのきくトップスです。

出典:http://zozo.jp/

優しいフィット感のテレコ編みオフショルダーニット。

ショルダーの折り返し幅は変えられるので、カーデやジャケットも羽織りやすいですよ♪

出典:zozo.jp

着心地の良いベーシックなワッフルプルオーバーは、胸元のレースアップデザインで脱カジュアル♪

柔らかいピンクカラーなら、デニムに合わせても女性らしい雰囲気に♡

出典:zozo.jp

胸下の切り替えでボリュームを持たせたシルエットと、ハリのある素材で、ボディラインも気にならないコットンブラウスは、顔周りがスッキリ見えるキーネックがポイント♪

鮮やかカラーは、ロングカーデなどを羽織っても、コーディネートのアクセントに使えます。

出典:zozo.jp

ハリのあるタイプライター素材のブラウスは、立体感のあるデコルテラインのデザインが魅力的♪

落ち着いたネイビーカラーチョイスで、甘過ぎず、大人のコーディネートにも大活躍♡

出典:zozo.jp

秋にもピッタリなマスタードカラーのブラウスは、パフスリーブとシャーリングのきいたデザインで女性らしいシルエット♪

ロングスカートやワイドパンツと合わせても、上品にまとめてくれる一枚です。

出典:http://zozo.jp/

秋冬に人気のアンゴラブレンドのカシュクールニット♪

ゆったりしたシルエットですが、引き締め効果のあるブラックをチョイスすれば、スッキリとしたコーディネートに♡

出典:zozo.jp

トレンドライクなボトルネック、身幅ゆったりのボックスシルエット、バランスの取りやすい短めの着丈です。

こなれ感たっぷりのトップスは、シンプルなパンツに合わせて都会的なリラクシーコーデに使いやすい一枚です♪

出典:zozo.jp

イタリアンコットンのシンプルで上品なプチハイネックニットは、腕が綺麗に見える5分丈でロングシーズン着回しが可能♪

程よい厚みのある生地で、ボディラインを綺麗に見せてくれます。

まとめ

いかがでしたでしょうか♡今回は、シンプル過ぎない大人の綺麗めコーデをご紹介しました。

トレンドに流され過ぎず、永く愛用できるアイテムを見つけて、自分らしいコーディネートを楽しみたいですね。

元記事で読む