1. トップ
  2. 鬼才・白石晃士が玉城ティナ主演で『地獄少女』を実写映画化!

鬼才・白石晃士が玉城ティナ主演で『地獄少女』を実写映画化!

  • 2018.9.13
  • 446 views
人気ホラーシリーズの映画化に個性豊かなキャストが集結
[c]地獄少女プロジェクト/2019映画『地獄少女』製作委員会

2005年にアニメ放送されて以降、コミカライズをはじめ、ドラマ、ライトノベル、ゲーム、舞台、パチンコなど幅広く展開され、確固たる人気を博してきた「地獄少女」が、このたび実写映画化されることがわかった。人気モデルで女優の玉城ティナが主演を務め、『ノロイ』(05)、『オカルト』(09)、『貞子vs伽椰子』(16)などホラージャンルを中心に活躍してきた鬼才・白石晃士監督がメガホンをとる。

「夜中0時にだけ開くサイトで依頼すると、地獄少女が現れて、恨みを晴らしてくれるんだって」と、都市伝説の話題に沸く女子高生たち。そのグループになじめず、浮かない表情を浮かべる美保は、大好きなアーティスト・魔鬼のライブで知り合った遥に魅了され、ともにライブのコーラスオーディションを受けることに。しかし受かったのは遥だけ。やがて少しずつ様子がおかしくなっていく遥を心配した美保は、魔鬼が、遥をライブで行う“儀式”の生贄にしようとしていることを知り、噂の“あるサイト”にアクセスする…。

主演の玉城ティナは、ツイッターのフォロワー100万人超えのカリスマモデルにして、先述の『貞子vs 伽椰子』や『私に××しなさい』(18)など、演技の世界でも活躍が続いており、本作では、現世と地獄の間をつなぐホラーヒロイン像に新たな息を吹き込む。有名作の実写化に驚きの方が強かったという玉城は「監督の頭の中にある『地獄少女』を深く共有して、いい作品にできるよう頑張ります。地獄から来た感が出せるようにトレーニングして挑みます(笑)」とコメント。

玉城とのタッグが2作目となる白石監督は、製作に関して「傑作になる可能性を強く感じる」という。さらに「ホラーの要素もありますが、美しさと悲しさと凶暴さが同居する『青春映画』、いわば私なりのキラキラ映画です」と、映画への思いを語った。

さらに本作では、主人公・閻魔あいの使い魔の“三藁”として、骨女役に橋本マナミ、一目連役にはオーディションで役をつかんだ期待の新星・楽駆(らいく)、輪入道には舞踏家、演出家、俳優として幅広く活躍する麿赤兒が出演する。

女子高生・美保役は森七菜。美保の親友役・遥役にモデル、女優の仁村紗和。インディーズアイドル御厨早苗役にはAKB48の総選挙で第8位を獲得した大場美奈(SKE48)。地獄少女を追うライター工藤役には名バイプレイヤーの波岡一喜が、そして美保と遥の関係を狂わせるバンドのボーカル・魔鬼役を「仮面ライダーアマゾンズ」主演の藤田富が演じるなど、若手注目株から人気俳優まで、個性豊かな面々が脇を固める。

ホラー映画の名手が手がける“地獄送り”ホラー『地獄少女』。劇場公開は2019年秋を予定している。

<キャスト・スタッフコメント>

●主演・玉城ティナ

「今回、閻魔あい役を演じます玉城ティナです。白石監督とはご一緒させてもらうのが2回目なのですが、1作目は怯えてばっかりだったので(笑)地獄少女ではより、演技指導していただく際に白石節が炸裂するんじゃないかなあと今から楽しみにしています。原作はわたしの世代では知らない人がいないくらい有名なので、最初お話を頂いた時はえ?!映画化するの?すごい!どうなるの?といった驚きの方が強かったのですが、これから監督の頭の中にある『地獄少女』を深く共有して、いい作品にできるように頑張ります。地獄から来た感が出せるようにトレーニングして挑みます、、、(笑)」

●白石晃士監督

「傑作になる可能性を強く感じながら、クランクイン直前の慌ただしい時を過ごしています。原作の持つエネルギーに負けず、生まれようとしている映画が健やかに暴れまくって世に放たれるように、しっかりと産婆の役目を果たしたいと思います。素晴らしいスタッフとキャストに恵まれたおかげで、様々な要素をギュウギュウに詰め込んだ撮影を何とか乗り越えられそうです。ホラーの要素もありますが、美しさと悲しさと凶暴さが同居する『青春映画』、いわば私なりのキラキラ映画です。どうぞお楽しみに」(Movie Walker・文/編集部)

元記事で読む